Feature 特集

“他慢しぃ”の小籔千豊が「どうしても知ってほしいこと」を熱弁2019/12/16

《自慢話》を聞いているのになぜだか一点の曇りもない清々しい気分になれる上、確実な情報までゲットできる――。そんなちょっぴり特殊で、超ありがたい番組が12月18日(午後6:55)に、テレビ東京系で全国放送される。その番組とは、小籔千豊がMCを務める「勝手に自慢していいですか?」(テレビ大阪制作)。街の人々やその道の達人が大好きなアノ人やアノ一品など、みんなにどうしても知ってほしいことを、本人や店に代わって勝手に自慢し、“知る人ぞ知る掛け値なしの情報”を全国の視聴者と共有する至極純粋な情報バラエティー番組だ。

 その内容は、常連客だからこそ知る「自慢したいスーパーの一品13連発」、一流ソムリエが勝手に自慢する「年末年始に買うべき手土産&掃除グッズ」、同業者だけど自慢したいライバル店を集めた「東京のカレー屋さんランキング」の発表に加え、「築地の人気店の店主が自慢する他店の絶品食材」で番組オリジナルおせちを作る企画など、多種多様。小籔やゲストのデヴィ夫人、島崎和歌子、博多華丸、高橋ユウらも“勝手に自慢合戦”に参戦し、オススメの店や一品について自慢の応酬を繰り広げる。

 実はこの番組、今年10月にテレビ大阪で放送されたローカル番組「代わりに自慢していいですか?」の進化版なのだが、2カ月という異例のスピードで全国ネットへ躍り出たのも大いに納得がいく。小籔らもうなった「和食料理人が薦めるモロッコの最強調味料」に、デヴィ夫人が愛する「超意外な庶民派食品」、主婦たちの心をわしづかみにする「最強時短商品」や「激安なのにセレブ気分を味わえる商品」、年末の大掃除に絶対的な威力を発揮する「100均グッズ」などなど…。今回も番組で紹介されるのは、どれも各推薦者がガチで太鼓判を押すものばかり! 愛情たっぷりの熱弁によって、その真価がビシバシ伝わってくる“ホンモノの情報番組”だけに、ぜひとも押さえておきたいところだ。

 そんな番組の魅力をさらに深く伝えるべく、インターネットTVガイドは単独で収録現場に乗り込み、前身番組からMCを務めてきた小籔を直撃。愛にあふれた熱い番組自慢トークを展開してもらった!

──「勝手に自慢していいですか?」の放送が決まった時は、どんなお気持ちでしたか?

「この番組はみんなにいろんなことを教えてもらえて、ためになるんですよ。僕も仕事というよりは、純粋に情報を集めに来ている感覚の方が強かったので、今回も心から収録を楽しみにしていました。実際、気になる情報がたくさん飛び出して、面白かったです」

──中でも、特に気になった情報は何でしたか?

「掃除グッズですね。僕は家では掃除をしないので、嫁はんにぜひ番組を見てもらって、役立ててほしいです。あと僕、スーパーにも行かないんですよ。なので、そこも嫁はん任せで、紹介された品を買いに走ってもらいたいな、と思いました」

──放送後は奥さま、大忙しですね(笑)。

「何せ僕は家事に関してはぐうたらで、嫁はんが風邪を引かない限り出動しないので(笑)。その代わり、東京で入手できる手土産は僕の担当かな、と。今回紹介された手土産も大阪に買って帰りたいと思います」

──番組収録中は、紹介された自慢の品も一部試食されていましたが、ご自身でも周囲に自慢したいと思った品はありましたか?

「モロッコの調味料ですかね。僕はうどんにも一味唐辛子を入れないし、ラーメンにもコショウを入れないし、ウナギにも山椒をかけないほど、辛い食べ物があまり好きじゃないんです。でも、あの調味料は単純に辛いだけじゃなく、めちゃめちゃ旨味があったので、すごくよかったです。あれはきっと、みんな好きなんじゃないですかね?」

──確かに気になる存在でした。というか、もうほかにも気になる情報ばかりで…。

「今回は老若男女を問わず、気になる情報ばかりやったと思います。今のテレビって、誰がいいと言ってるのか分からない情報が跋扈(ばっこ)してるやないですか。でもこの番組では、現役の主婦や同業者が『これ、おいしいんです。好きなんです!』と、純粋にオススメするわけですよ。もちろん、企業の皆さんも努力されていますから、渾身(こんしん)の一品ばかり売り出されていると思うんですけど、『その中でどれが一番いいか』となった時、さらに購買意欲をそそるのは“生の純粋な声”。それこそが、この番組の強みやと思います」

──前回の「代わりに自慢していいですか?」で、小籔さんが「代わりに自慢することは“他慢” 。これは次世代へ残してほしい」とおっしゃっていたのが印象的でした。ご自身では、他慢の素晴らしさをどんなところに感じてらっしゃいますか?

「カッコつけたいわけでもなく、何か利益が絡むわけでもなく…本当に愛情100%のコメントが聞けるというのが、他慢の素晴らしさやと思いますね。実は、僕も『おいしいものは共有したい!』と思うので、めちゃめちゃ“他慢しぃ”なんです。みんなと一緒に食事に行っても、まぁまぁおいしいものは自分一人で食べるんですけど、『うまっ!』ってビックリしたものは絶対みんなに分けるんですよ。純粋に分けたくなるんですよねぇ」

──“他慢しぃ”気質は昔からですか?

「そうです。わが家が他慢の家だったんでね。オカンからよく『あそこの店のコレがおいしい』『コレ買ってきたから食べろ』と薦められてたので、そのDNAを受け継いだんでしょうね。自分の家庭を持ってからも、いいと思った食べ物や場所を発見するたび、あまりにも他慢するんで、家族から『前ので、ええわ』って嫌がられてます(笑)。ただ、娘だけは割と僕のオススメを信用してくれるので、それが救いですね」

──では最後に、番組の自慢がてら(笑)、視聴者にメッセージをお願いします。

「皆さん、行きつけのスーパーのことはよく知っていると思いきや、実は知らないことが多いという事実に気付かれると思います。東京のカレー屋さんもそれぞれ好きな店があるでしょうけど、今回は同業者が薦める店ですので、初耳の店が多いんじゃないでしょうか。食べ物アプリやサイト以上の“生の声”が生かされたグルメ番組だと思いますので、ぜひご覧ください」

【プロフィール】

小籔千豊(こやぶ かずとよ)
1973年9月11日生まれ。大阪府出身。2001年に吉本新喜劇に入団。05年に史上最年少で座長に就任する。06年には「上方お笑い大賞」話題賞、「BGO上方笑演芸大賞」脚本賞を受賞。現在、「よしもと新喜劇」(MBS)、「今日から友達になれますか?」(フジテレビ系)など、多数の番組に出演中。

【番組情報】

「勝手に自慢していいですか?」 
テレビ東京系 
12月18日 午後6:55~9:00

取材・文/南由紀子

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.