Feature 特集

6月30日発売「KISS&CRY」に山本草太選手の独占ロングインタビューが掲載!「光を放つ存在になりたい」2020/07/01

 6月30日に発売された「TVガイド特別編集 KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち 2019-2020シーズン総括&2020-2021シーズン展望号~Road to GOLD!!!」(表紙・巻頭特集:羽生結弦選手/KISS&CRYシリーズVol.34)では、羽生結弦選手を総力特集。羽生選手の’19-’20シーズン出場全試合をプレーバックするほか、「スーパースラム」の達成記念特集や新シーズンを展望するコラムなど、充実の内容でお届けします。

 さらに、山本草太選手の独占ロングインタビューも掲載! 「“決意”と“覚悟”ー光放つ未来へー」と題し、’19-’20シーズンを振り返りつつ、新シーズンへ向けて新たな挑戦の一歩を踏み出した山本選手の思いに迫っています。今回は、その一部を公開します。

――’19 -’20シーズンで一番印象に残っている試合は何ですか?

「一番は、フィンランディア杯2019ですね。USインターナショナル2019のフリーで4回転ジャンプを3本入れることができて、ミスはありましたが、自分の成長を実感できました。その後にフィンランディア杯があって、ショートは6分間練習がすごく苦しかったんですけれど、本番で何とか踏ん張れたし、点数(92.81点)も、ショート1位という結果もすごくうれしかった。『ちゃんとやれば、こういう点数がいただけるんだな』という自信につながった試合でした」

――全日本選手権2019ではショート13位と出遅れましたが、フリーで巻き返し、総合7位になりました。

「フリーは、最初の4回転サルコウは何とか堪えたのですが、2本目の4回転トウループで痛い転び方をして、一瞬すごく動揺してしまったんです。フリーでは意気込みを全てジャンプに注ごうと思ってやっていたので…。でもその後、逃げずにまとめきれたのは、成長した部分かなと思います。それをショートからしっかりやらなきゃ、と思いました」

――新型コロナウイルス感染症拡大の影響から、練習がままならない時期があったと思います。自宅では、どんなトレーニングをしていましたか?

「自分としっかり向き合う時間ができて、これまでよりもトレーニングの時間が増えました。陸上トレーニングと表現のレッスンと…後は自分で考えて、ジャンプの練習をしたり、ランニングをしたり、陸上でスケート靴を履いたトレーニングをしたりしていました」

――いよいよ’20-’21シーズンに向けて本格始動ですね。新しいプログラムについて教えてください。

「ショートは『黒い瞳』。フリーは映画『ドラゴン/ブルース・リー物語』の曲で、僕がノービスAだった’11-’13シーズンに使った曲ですが、編集を変えて振り付けも新しいものになっています。どちらも宮本賢二先生の振り付けです」

――山本選手自身の選曲ですか?

「そうです。ショートは、今までにやったことがないような演技をしたくて。それと、華やかなプログラムをやりたいという気持ちで選びました。今のところですが、自分なりの『黒い瞳』になっていると思います。フリーは昔使った曲をもう一度、というよりも、この曲を今の自分のイメージで滑ってみたいと思って」

――あらためて、’20-’21シーズンの目標を教えてください。

「“光を放っているような存在になりたい”“光を放つようなスケートがしたい”と思っています。今は一試合一試合、100%の力が出せるように準備していくだけです」

 このインタビューの全文は、「TVガイド特別編集 KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち 2019-2020シーズン総括&2020-2021シーズン展望号~Road to GOLD!!!」(表紙・巻頭特集:羽生結弦選手/KISS&CRYシリーズVol.34」に掲載! KISS&CRYが取材した’19-’20シーズンの山本選手を振り返る特別企画もお届けします。ぜひチェックしてみてください!

撮影/高橋学、丸山慎一、蓮尾美智子

【雑誌情報】

「KISS&CRY 氷上の美しき勇者たち2019-2020シーズン総括&2020-2021シーズン展望号」
(表紙・巻頭特集:羽生結弦選手/KISS&CRYシリーズVol.34)
発売中
https://honto.jp/netstore/pd-book_30358103.html

「KISS&CRY」とは?

「KISS&CRY」シリーズは、日本のフィギュアスケーターの皆さんをフィーチャーし、その「戦う」姿、「演じる」姿を合計50ページ超のグラビアでお届けしています。つま先から指先・その表情まで、彼らの魅力を存分に伝えます。また、関連番組テレビオンエアスケジュールも掲載。テレビの前で、そして現地で応援するフィギュアスケートファン必携のビジュアルブックです。
Twitterアカウント:@TeamKISSandCry

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.