Feature 特集

ドラマスペシャル「不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事」“炎の刑事”田中圭──さらけ出す“赤”い情熱2020/03/11

 田中圭と中村倫也が生き別れた兄弟役を演じるドラマスペシャル「不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事」(テレビ朝日系)。熱血刑事の兄・川上祐介を演じる田中に、弟・唐沢真佐人役の中村との収録エピソードや、中村に抱いている思いを直撃インタビュー!

■僕と倫也がメインでバディを演じることができてうれしかったです

「倫也とは過去に何度か同じ作品に出させていただいたことがあるのですが、ちゃんと絡むのは初めてだったのですごく楽しかったです! 倫也には、芝居が上手な俳優独特の“呼吸での会話の仕方”のようなものを感じましたし、ちょっと仲が悪い感じの設定の役なので、“負けるもんか!”という駆け引きみたいな感じもありました。お互いに意地悪をしようとしていたわけでは決してないです(笑)」

「撮影の最初の方は僕1人だったので、倫也が遅れて入ってきた時には、“ようやく来た!”という感じでやっぱりうれしかったですし、実際に一緒に芝居をして、“そうだよね、やっぱり上手だよね”という気持ちになりました(笑)。僕は自分で“こうしよう、ああしよう”と決めていくタイプではなくて、“倫也がこう来るんだったらこうしよう”というスタンスでした。きっと倫也は、いろいろ考えてくるタイプだと思うのですが(笑)、現場で僕がやったことに対して役としてちゃんと臨機応変に返してくれるし、本当に刺激的で楽しかったという思いが残っています」

「祐介と真佐人が感情をぶつけ合うシーンもあって、けんかというか殴り合いのような感じになるのですが、倫也の演技が“こうするかな”と思っていたものと全然違ったので、すごく新鮮でした。そういうシーンだと、“本当に殴られるかも…”と相手の出方にちょっとドキドキすることも熱くなればなるほどあるのですが、たぶん倫也も僕も器用なタイプなので(笑)、お互いの芸歴の長さからくる信頼関係のようなものがすごくありました。撮影の前にすり合わせることもしませんでした。それから、僕を殴った後に倫也が“イッテ!”みたいな感じで手を振る演技をした時に、“倫也っぽいな~!”と思いました(笑)」

「倫也のことはライバルといえばライバルだし、仲間といえば仲間だし、それは倫也だけではなくて基本的にほかの役者の方々に対してはそういう気持ちなのですが、その中でも自分にないものを持っていたり、芝居が上手な方には一目置くようにしています。倫也はまさにそのポジションにいる俳優です。きっと若い頃だったら嫉妬もしていたと思うのですが(笑)、そういう感情はとっくに忘れてしまったので、倫也は倫也、僕は僕という気持ちを抱きながら、ちゃんと倫也を認めているし、“負けたくないな”と素直に思います」

「カメラが回っていない時の倫也は、独特なことを言うから面白いし、“ちょっと変わっているな”と思います(笑)。本人はそんなつもりはないのですが、なぜかキザに見えるというか…。例えば、普通に椅子に座る時も、こういう感じ(と、肘掛けに肘をつき、足を組み、ちょっと斜めに座る)をナチュラルにやっているんですよ。今回、倫也とはガッツリ一緒に芝居をして、連絡先も交換したので“距離が縮まった”と思っていたんです。でも、その後、たまに違う番組でテレビ局で会った時にあいさつしに行くと、“あれ? また距離開いてる?”と思って(笑)。昨年の『NHK紅白歌合戦』でも、倫也が歌う時に僕の前に来たから、僕的には“倫也、頑張れ!”という感じだったのに、普通にチラッと見ただけで、“あれ!?”みたいな(笑)。あれはシャイだからなのかな!? 次の機会にもうちょっと探ってみたいと思います(笑)」

「祐介を演じるのは終始難しかったです。僕は普段から基本的に怒らないですし、怒るのが苦手なのですが、祐介はずっと怒っているんです(笑)。そもそも、“あれ? 真佐人でなく祐介を演じるのか!?”というのは台本を読んだ時に思いました。僕自身、表に出る熱さや男臭さみたいなものが元々あまりないと思っていて、真佐人の方が自分のイメージでもあったし、たぶん僕が演じやすいのも真佐人だろうと思うと、“自分にこういう役はできるんだろうか”と思って。それもあって、とりあえず髪を短くしようと思って切りました。でもやっぱり、芝居をしている時は“できているのかな?”という不安もすごくありましたが、完成した作品を刑事ドラマ好きの人に見てもらって、『良かった』と言ってもらえたので安心しました」

「祐介は熱血タイプですが、僕自身は『熱い』と言われることもあれば、逆に、『冷たい、冷めている』と言われることもあります。ものすごく優しいつもりなのですが、そう言われるとすごく傷ついたり、ちょっと悔しい気持ちにもなります(笑)。実際は、そこまで熱い人間ではないと思います。ただ、感情を出すか出さないかという意味でいえば、出すタイプです。あまり取り繕うということをしないので、分かりやすく顔や態度に出ます。もちろん自分の感情や機嫌を周りに押し付けるのは違うと思っているので、そこは気を付けています」

「元々、警察ミステリー小説がとても好きで、刑事ドラマも大好きです。今までも、そういった作品に何本か出させていただいた中で、今回、僕と倫也がメインでバディを演じることができて、すごくうれしかったですし、楽しかったです。ストーリーも骨太で面白いですし、今までさまざまな刑事ドラマをご覧になっている方にも楽しんでいただける作品になっていると思います!」

■田中圭 VS 中村倫也 これなら勝てると思う対決は?

「倫也は対決ものに関しては不器用だと思っているので(笑)、ほとんど勝てると思います! 特に、スポーツ系だったらほとんど勝てる気がします。例えば、卓球とか! 今、撮影している映画のキャストの間で卓球がブームなんです。…でも、卓球、実は上手そうだな、倫也。何か、すごく打ちづらい必殺技を使ってきそうな感じもちょっとあるんだよなぁ(笑)」

【プロフィール】

田中圭(たなか けい)

1984年7月10日東京都生まれ。かに座。O型。 「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の人気企画「ゴチになります!21」に出演中。映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」が公開中。主演映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」が6月19日公開。

【番組情報】

ドラマスペシャル「不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事」 
テレビ朝日系 
3月15日 午後9:00~11:05

刑事だった父が自白強要で冤罪(えんざい)を生んだことが引き金となり、父の死後、幼くして生き別れた兄弟が、譲れない信念をぶつけ合いながら真相を解明していく極上のミステリー。新米刑事の祐介(田中)は、妻殺しの被疑者と目される城崎(岡部たかし)を取り調べることに。勾留期限が迫る中、一緒に取り調べをした警部補の小寺(杉本哲太)が自白を取るが、その後、担当検事が倒れ、城崎が黙秘に転じてしまう。焦った祐介は捜査を続行するが、城崎は不起訴に。しかも、その判断を下した後任検事が、生き別れた弟・真佐人(中村)だと知り、がく然。すぐさま真佐人の元へ押しかけるも、冷たく一蹴されてしまう。かくして21年ぶりの再会は最悪のものと思われたが…。

取材・文/四戸咲子 撮影/Marco Perboni 
ヘア&メーク/大橋覚 スタイリング/山本隆司

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.