Feature 特集

アニメ「オンエアできない!」大地葉と杉山里穂が語る声優という職業「私たちはアニメを支える裏方」2022/01/09

 BSテレ東で1月9日より、テレビ東京で1月10日より、アニメ「オンエアできない!」がスタートします。テレビ東京社員の真船佳奈さんによる同名漫画を原作に、新人ADの主人公・まふねこ(声・大地葉)の仕事ぶりをギャグテイストで描写。実は地味で謎の多いテレビの裏側の仕事を、まふねこの一人語りでポップに紹介していきます。

 今回TVガイドwebは、主人公のまふねこを演じる大地葉さんと、まふねこの親友で同じく新人ADのよりちゃんを演じる杉山里穂さんに直撃取材! 作品の見どころ、声優という職業についてお話を伺いました。

――本作のご出演が決まった時の感想をお聞かせください。また、ご自身の役柄の印象はいかがでしょうか。

大地 「この作品は主人公のまふねこが、モノローグや説明文も含め1人でずっとしゃべっているので、まふねこ役の作業量が多い作品だなと思っていました。だから、役が決まった時はとてもうれしかった半面、『本当にできるかな?』と不安でもありましたね(笑)。でも、もう勢いに任せて楽しむしかないと思ったので、場のノリに合わせて気負わず頑張ろうと思いました」

杉山 「台本を読めば読むほど、まふねこのセリフばかりで『大地さん頑張れ!』と思いました(笑)」

大地 「まふねこの第一印象は『私もこんな生き方したい!』でした。私は根が真面目なので、まふねこみたいな“適度にいい加減”というのができないまま人生ここまで生きてきてしまって(笑)。だから、まふねこの“脱力感”や“頑張りすぎないところ”が憧れで…。もしかしたら、憧れを持って演じたことが、いい演技につながったのかもしれないですね。自分の理想を演じた感じです」

杉山 「よりちゃんはキャラクターの設定としては、『まふねこの親友で支えてくれる』という感じなのですが、どちらかというともう少しサバサバしていて、まふねこが大変そうでも『まあなんとかなるよ、頑張りな』っていう感じなんですよね。私もどちらかというとよりちゃんに似ていて、“適度に距離感をとる”というか“適度に適当”なんですよね。だからとても演じやすかったです。大地さんのまふねこは、本当にまふねこそのものだったので、今お話を伺ってびっくりしました!」

大地 「気負わずしゃべっている感じを模索しながら演じていたので、結局すごく考えて出したナチュラルなんですよ(笑)」

――声優をしていて、ギャップを感じることなどありますか?

大地 「私はアニメやゲームが大好きなオタクで、それでこのお仕事をしているのですが、実はもともとは声優というお仕事をあまり意識していなくて、“声優のどなたが好き!”みたいなのがあまりないんです。でも周りの人からは『アニメが好きで声優になったのなら、好きな声優さんがいるんでしょ。憧れの人と仕事で会えるっていいね』ってよく言われて、そこにギャップを感じます。尊敬している声優さんはたくさんいますが、実際お仕事でお会いした時って意外と自分の中でもドライな感じで、『憧れの人に会えた!』みたいな感情はあまりないんです。もちろん反応は人それぞれだとは思うのですが(笑)。私はお仕事モードになってしまって、あまりはしゃげないですね」

杉山 「今の声優さんって、歌って踊れるのが当たり前みたいになっているんですけど、私はまだ経験がなくて(笑)。だから実際、今の私のお仕事は、台本をいただいて映像をチェックして、練習して収録して…って、皆さんが思っているより地味かもしれないです。今は人によっては実際に歌って踊ってライブに出演したり…、声の演技だけじゃなくてさまざまなお仕事に発展しているのですが、もともとは声優は裏方のお仕事という印象が私にはあって。そのあたりの印象が、今の声優像とギャップがあるなと思いますね」

――今後、声優として目指していきたいことなどありますか?

大地 「華やかなお仕事ももちろん魅力的なんですが、いつまでもさまざまな作品を支えられるような声優になりたいですね。主役を演じさせていただけるのはキャリア的にとてもありがたいお話ですしうれしいのですが、気付いたらそこにいて、気付いたらめちゃくちゃいい芝居で作品を支えているような(笑)。多くの作品に長く関わっていられる声優でありたいなと思いますね」

杉山 「死ぬまでマイクの前に立っていたいなっていうのはあります。収録を終えたら、もうそのまま息を引き取るような(笑)。おばあちゃんになってもマイクの前で演じていたいなと思いますし、自分にしかできない演技というのを見つけて磨きたいですね。誰かの心を揺さぶれるような、印象に残るような声優になりたいですね」

大地 「死んだ後に名前が残るっていいよね。私が死んでも作品は残るから…(笑)」

杉山 「そうですね! 死んだ後でも『いい演技をするなあ』って作品を見た誰かが感じてくれるような演技をしたいですね」

――最後に視聴者の皆さんに一言お願いします!

大地 「普段だったら知ることができないようなADの仕事をコミカルに描いている作品で、『こんなことまでギャグっぽく描いちゃって大丈夫?』って不安になるくらい(笑)。これをきっかけに映像業界に興味を持っていただけたらうれしいです。また、私たちも演者としてめちゃくちゃ頑張っておりますので(笑)。テンポ感にも注目していただけるとうれしいです!」

杉山 「本当にまふねこがずっとしゃべっていて(笑)。テンポがすごくいいんです。声優から見てもすごいアニメだなって思うので、ぜひ楽しんでいただけたら。また、アニメもすごく面白いのですが、原作の漫画にはアニメで描き切れなかった部分があって、こちらも楽しめると思うので、漫画も読んでいただけるとうれしいです!」

 お二人の本作への思いや、声優という職業への思いを伺って、“さまざまなものを支える裏方のお仕事”の格好よさを感じました! テレビの裏側で頑張るまふねこたちが大活躍する「オンエアできない!」をぜひご覧ください。

【作品情報】

「オンエアできない!」
BSテレ東 
1月9日スタート  日曜 深夜1:05~1:10
テレビ東京
1月10日スタート 月曜 深夜2:30~2:35
※放送日時は変更になる場合があります。

S・N(テレビ東京担当)



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.