Drama Guide ドラマガイド

WOWOWオリジナルドラマ 演じ屋2021/08/30

番組情報

7月30日 スタート WOWOWプライム 毎週金曜 午後11:30~深夜0:00

キャラクター紹介

  • 松田アイカ(奈緒)
    依頼された役に成り切る演じ屋。トモキの復讐に手を貸す。過去のある出来事が原因で、強い復讐心を抱えている。
  • 柴崎トモキ(磯村勇斗)
    結婚式前日に痴漢の冤罪を掛けられ、すべてを失う。自殺寸前でアイカと出会い「演じ屋」の面々と関わっていくことに。

出演者

奈緒/磯村勇斗 ほか

スタッフ・音楽

脚本:野口照夫/監督:野口照夫/プロデューサー:二宮崇昌/プロデューサー:丸田順悟/プロデューサー:渋谷恒一

概要

奈緒×磯村勇斗W主演でインディーズ作品を連ドラ化。演じることで人の心は救えるか!?

「演じ屋」

脚本・監督を務める野口照夫が、2001年にインディーズ作品として制作した同名作を20年ぶりに新たな作品として連続ドラマ化。初共演となる奈緒と磯村勇斗がダブル主演を務め、客から依頼された役に成り切る職業「演じ屋」を表現する。結婚式前日、痴漢の冤罪で仕事も婚約者も失ってしまう柴崎トモキを磯村、犯人たちに復讐するためトモキが雇う演じ屋の松田アイカを奈緒が演じる。アイカと共にトモキの復讐に力を貸す演じ屋の仲間として笠原紳司ら旧作に出演していた面々が再会を果たし、個性的で魅力的な新旧キャストが計算され尽くしたストーリーで魅せる。

記者会見情報

「WOWOWオリジナルドラマ 演じ屋」会見

WOWOWオリジナルドラマ「演じ屋」の完成報告会見に、ダブル主演を務める奈緒、磯村勇斗、そして野口照夫監督、さらにサプライズゲストとして子役の加藤柚凪が出席した。先行配信された第1話の反響について、痴漢冤罪を機に、客から依頼された役に成り切る演じ屋との接点を持つ柴崎トモキ役の磯村は「一瞬で終わったと思うくらい内容が詰まっているドラマ。見応えがある」と自信を見せた。演じ屋の松田アイカ役を務める奈緒は「ファンの多い作品なので不安もあったけれど、いい反響をいただいているということでホッとしています」と好評に胸をなで下ろしていた。また、各話に出演するゲスト俳優も見どころで、「ぱるる推し」という奈緒は、元AKB48の島崎遥香との共演に「AKB48当時一番好きで、帰り際に『ずっと好きでした』と伝えました。すごく喜んでくれて、神対応をしてくれました」と“塩対応”ではなく“神対応”に喜色満面だった。


大好きな島崎遥香さんに神対応してもらいました(奈緒/松田アイカ)

「WOWOWオリジナルドラマ 演じ屋」会見:奈緒/松田アイカ

「演じ屋」はファンの多い作品なので不安もあったけれど、先行配信ではいい反響をいただいているということでホッとしています。(ゲストについて)田中俊介さんとは初共演で、スクリーンでは拝見したことがあるのですが、本当に怖かったです。でも撮影が終わった後は優しかった。それが逆に怖かったです。白川裕二郎さんは、母が純烈好きなのでメッセージをもらいました。島崎遥香さんはAKB48当時一番好きで、帰り際に「ずっと好きでした」と伝えました。すごく喜んでくれて、神対応をしてくれました。加藤柚凪ちゃんは本当にかわいかったです。Instagramも見ています。撮影中は手のひらで転がされている感がありました。


加藤柚凪ちゃんの演技に脱帽(磯村勇斗/柴崎トモキ)

「WOWOWオリジナルドラマ 演じ屋」会見:磯村勇斗/柴崎トモキ

(第1話の先行配信を見て)一瞬で終わったと思うくらい、内容が詰まっているドラマ。見応えがあります。共演した田中俊介さんは、かなり嫌な男性を演じていて、現場で本当に腹が立った。それくらいすごい作り込みです。肩をぶつけるシーンでは、目が本気過ぎてシュンとなりました。田中さんの役に対するアプローチが強すぎて負けました。本当に怖かった。でも、オフの時は優しいお兄さん。すてきな俳優さんです。加藤柚凪ちゃんは、「子役ってどうしてあんなにお芝居が上手なの!?」と思う。礼儀正しいし、僕らよりも大人。あれは演じているのか? もはや演じ屋なのか!? アドリブの対応もすごいです。みんなで知恵を絞りながら、作品を届けたいという思いだけで作ってきました。社会に眠る闇や家族愛もテーマなので、そこにも注目してほしいです。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.