Series 連載

賀喜遥香☆乃木坂46の4期生エースがミステリードラマに挑戦!2020/11/03

 人気アイドルグループ・乃木坂46の4期生で、次世代エース候補の1人と期待される賀喜遥香が、中条あやみ主演のよるドラ「閻魔堂沙羅の推理奇譚」(NHK総合)の2話(11月7日放送)にゲスト出演する。撲殺され、沙羅(中条)が仕掛ける生き返りを懸けた推理ゲームに挑む女子高生・由芽を演じた彼女に、本作でソロでのドラマ初出演を果たした心境や共演者との秘話を聞いた。

──「閻魔堂沙羅の推理奇譚」2話へのゲスト出演が決まった時の気持ちから教えてください。

「1人でドラマに出るのは初めてなので、お話をいただいた時は驚きました。それと同時に、私はファンタジー要素がある作品や推理ミステリーが好きなので、その二つがある『閻魔堂~』に出演できることが素直にうれしいという気持ちもありました」

──乃木坂46のメンバーがいないドラマの撮影現場はいかがでしたか?

「そもそも演技の経験があまりないですし、最初はすごく緊張しました。でも、現場の皆さんがすごく温かく迎えてくれて、緊張がいつの間にかなくなって楽しく演じられました。演出の方、カメラマンさん、照明さんなどスタッフの皆さん、そして共演者の方たちが本当にすごく優しくて…。演技のアドバイスもたくさんいただいて、すごくありがたかったです」

──共演者の皆さんとのエピソードを教えてください。

「乃木坂46の先輩の生田絵梨花さんとも共演されている橋本じゅんさんがお父さん役だったんですけど、セリフの解釈を一緒に考えてくださったり、『もうちょっとこうした方が映像では映えるよ』とアドバイスをくださったり、本当にたくさんのことを教えていただきました。主演の中条さんは、ものすごく美人過ぎて…! すぐ近くに中条さんがいるのに、現実じゃなくてファンタジーの世界にいるような感覚になりました(笑)。そのお二人をはじめ、周りの方に恵まれたと思います」

──中条さんとは、どのような会話をされたのでしょうか?

「中条さんは女性誌の専属モデルをされているので、同じく専属モデルで乃木坂46の先輩メンバーの松村沙友理さんや山下美月さんのお話をしました。あと、乃木坂46の『インフルエンサー』の振りを教えてほしいと言われて、一緒に踊ったり…(笑)。主演の中条さんがそんなふうにフレンドリーに接してくださったことで、楽しく撮影できたと思います。振り付けといえば、私が演じた由芽ちゃんの親友役の女の子とも一緒にダンスをしました(笑)。テレビで『I see…』(乃木坂46の4期生の楽曲で、賀喜がセンターポジションを務める)を披露している姿を見てくれたみたいで、『この間、テレビで踊ってたでしょ!』って言ってもらいましたね」

──撮影現場では多くの交流があったんですね。

「その親友役の女の子が、『昔から女優さんを目指していた』と話していたので、どうして女優さんになろうと思ったのか、私がインタビュアーみたいに聞いたりもしました! 最初は、『初めまして』の方がたくさんいて緊張したんですけど、“だったら頑張って話さないと”と思って、自分から話しかけるようにしましたね。なので、前よりもちょっと社交的になったかもしれません。演技をしている方たちと話していると、“もっと話したいな”という気持ちが生まれてくるんです。『女優さんってどういうところが楽しいですか』とか、『オーディションを受ける時はどんな気持ちですか』とか…」

──そんなふうに、乃木坂46以外のメンバーと仕事で接することは、やはり大きな刺激になりますよね。

「私はアイドルなのでいろんなジャンルのお仕事をさせていただく機会があるんですけど、皆さんは演技の道に特化してそこに懸けていて、自信を持って自分をアピールして生きています。そういう方たちとお話していると、“じゃあ、今の私ってなんだろう?”という問いかけも生まれてくるし、自分がやりたいことも見えてきたりします。その結果、“あまり余計なことを考えず、自分らしくいればそれが個性なのかもしれない”と感じたり…。とにかく、“『自信がない』なんて言ってられないな”と思いました」

──そうした環境の中で、自称画家の父親・鉄矢(橋本)と暮らす女子高生・由芽を演じましたよね。演じた感想と作品の見どころを教えてください。

「由芽ちゃんはお母さんを亡くしてしまって、お父さんと2人暮らし。ちょっと貧しくて、はたから見たら『かわいそうだね』って言われるような境遇なんですけど、由芽ちゃんはそんな境遇を卑下することなく強く生きているんです。由芽ちゃんのそういう面が人間としてすごくすてきだと思ったし、そんな由芽ちゃんを演じることができて、本当にうれしかったです。でも、由芽ちゃんはなぜか殺されてしまって、あの世の裁判官である沙羅と自分の生き返りを懸けた推理ゲームに挑戦します。気持ちの強さや明るさを武器にして生死を懸けたバトルに挑む由芽ちゃんを、楽しみながら見ていただけたらと思います!」

【プロフィール】

賀喜遥香(かき はるか)

2001年8月8日、栃木県生まれ。獅子座。A型。2018年に乃木坂46に4期生として加入し、19年にシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」で初の選抜入り。今年配信されたdTVオリジナルドラマ「猿に会う」で同じ4期生と共演。

【番組情報】

よるドラ「閻魔堂沙羅の推理奇譚」
NHK総合
土曜 午後11:30~深夜0:00

閻魔大王の娘である沙羅(中条)が、生き返りを願う死者に自分殺しの犯人を推理させるミステリー。沙羅の元に、何者かに撲殺された高校生の由芽(賀喜)がやって来る。混乱する由芽に対し沙羅は「地獄行き」を告げるが、人生の楽しみを知りたい由芽は生き返りを頼み…。

【プレゼント】

サイン入り生写真を2名様にプレゼント!

応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/tvguide_enquete
(応募期間:2020年11月4日正午~11月11日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド」11月13日号(P98)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://honto.jp/cp/netstore/recent/tokyonews-book/01.html

取材・文/大久保和則 撮影/岡本武志 ヘア&メーク/森柳伊知 スタイリング/鬼束香奈子 衣装協力/Mylanka/ミランカ、モードエジャコモ プレスルーム

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.