News ニュース

又吉直樹、「世にも奇妙な物語」初主演。AI棋士を相手に対局2021/06/15

 ピースの又吉直樹が、フジテレビ系で6月26日放送の土曜プレミアム「世にも奇妙な物語’21夏の特別編」(午後9:00)の一編「成る」に主演することが分かった。

 1990年4月にレギュラードラマとして放送を開始し、その後は特別編という形で年に2度放送を続けるスタイルで、これまで各時代を代表するような作家や脚本家と豪華俳優を掛け合わせることによって、奇妙な物語の世界観を作り出してきた本シリーズの最新版。又吉が演じるのは、有名なプロの棋士・岩屋賢太郎。AI棋士を相手としたある日の対局で、岩屋がいつものように駒を返すと、見たことのない文字が駒に書かれていた。棋士として上り詰めるまでに手を差し伸べてくれた人や、真摯(しんし)に将棋と向き合っていた頃のことすらも忘れてしまった岩屋が、この対局を通じて人生を振り返っていく。

 本シリーズ初出演で初主演を演じる又吉は「いわゆる棋士の姿勢や、厳しい世界だという話は聞いていましたし、長時間集中して闘うということに尊敬の念を抱いているので、そういう役をやらせてもらえるんだとうれしく思いました」と喜ぶ。

 さらに「父が将棋が好きで、子どもの頃よく対局は見ていました。今でも覚えている対局があるのですが、対局中に時間を計っている人が寝てしまって。対局している2人が、目を合わせて笑う瞬間を映像で見たことがあるんです。その時僕は、この人たちしか立ち入ることのできない世界が将棋にはあるんだなってすごく感動したんですよ。2人が目で合図を送り合って笑う瞬間っていうのが、個人戦なのに、対局を一緒に作り上げているという関係性がそこにはあって。将棋は、関係性の競技なのかなとその時に感じました」と将棋の世界への印象を明かす。

 役柄に関しては「どの職業でも集中力というのは求められると思いますし、小説ももちろん集中力は必要なのですが、1人で書く作業なので、孤独ですね。将棋は孤独ではないかもしれないけれど、より長時間の集中力が必要だと思います」と語りつつ、「1人のシーンが多く、また、正座に慣れていないこともあって。ドラマの内容も過酷な闘いでしたけれど、いつ正座の体勢から足を崩そうかという闘いを1人でしていました」と苦笑い。

 ちなみに、自身の奇妙な体験については「誰も信じてくれないんですけれど、5、6歳の頃に大阪の祖母の家に行った時に、宣教師というか老人の家を回って話をしている外国人の方がいて。その頃は外国人の方と触れ合う機会があまりなかったですし、優しい方で、話しかけてくれたりしたので、すごく感動していたんです。特に僕は、小さい頃初対面の人と話すのが得意ではなかったので。1カ月くらい後、夏休みの後半で、今度は沖縄の祖母の家に行った時に、その祖母の家に同じ人が来たんです。その人も『この前まで大阪行っていたんですよ』と言っていて。僕が『おばあちゃんの家で会った!』って言ったら、その人は僕のこと覚えていなかったので、『子どもだから外国人の顔はよく覚えていないでしょ』と笑われてしまったんですけれど、絶対同じ人だったんですよ。大阪と沖縄で同じ人が祖母の家に訪ねて来たという奇妙な体験をしました。こういう不思議な体験は、起こりうることだと思います」と貴重なエピソードを披露。

 加えて、作家としての顔も持つ又吉は「エッセーや短編で書いたこともありますし、不思議な話を書くのはわりと好きですね。コントも含めてですが、ちょっと奇妙な話を考えるのは好きです」と話し、「どんどん追い込まれていく棋士と、どんどん棋士を追い込んでいく“不惑”という名のAI棋士。得体の知れない怖さみたいなものに、ぜひ注目して見ていただきたいです」とメッセージを寄せた。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.