News ニュース

木梨憲武、クリエーティブに全力で挑戦! カンニング竹山立案の「木に梨はなる」に各ジャンルのプロフェッショナルが集結2021/05/14

 WOWOWでは6月14日から「木に梨はなる ~頭の中の大宇宙~」(午後8:00、全12話)の放送・配信がスタート。コメディー、アート、音楽など、さまざまなジャンルの第一線で活躍する木梨憲武が、あらゆる分野のプロフェッショナルを巻き込み、いろいろなクリエーティブに全力で挑戦する。

 番組では、木梨にとって今一番面白いもの、熱いものをピックアップし、さまざまなアングルからアプローチ。本企画を最初に提案したというカンニング竹山と、木梨が信頼するスタッフ陣が番組を盛り上げ、総合演出は数々のバラエティー番組の演出に携わった佐々木敦規氏が務める。初回放送は、商店街のファッションサロン、プロレスラーの個性をクリエートしていく企画だ。木梨いわく、関わってる人みんなが”ハッピー”になることがクリエートの“正解”。59歳、還暦間近の木梨が生きる本質を見せてくれる番組に期待せずにはいられない。

 放送回ごとに違ったジャンルでの創作活動やプロデュースを行う番組で、コンセプトは木梨がスタッフと話し合って決めているとのこと。木梨は「若いエースの放送作家から上がってくる企画書がどれも面白いんで、じゃあ全部やろう!って。もちろん台本はあるんだけど、撮影現場では『こっちの方が面白いんじゃない?』っていうアイデアは、俺と竹山からもいっぱい入れていこうと思ってます。だから最初に思ってた結果通りにならなくても、面白くなりそうな方向を追っていくリアルを選んでいきます! 当然、実際に撮影してみたら意外と盛り上がらないとかもあるだろうけど、そうしたら演出家さんや作家さんのアイデアも交えてやってみたりして。撮影の段階でアイデアを出し合って作ったものがどういう映像になっているのか、それも楽しみだね」と化学反応に期待している。

 竹山も「この番組企画を持ちかけたのも、木梨さんが奇想天外な発想を形にして、関わったみんながハッピーになる姿を近くで見てきたからなんです。木梨さんと遊んでいると、そういう場面がいくつも見られますし、ほかにも木梨さんのところに行くと面白い人に出会えて、自分の知らない分野の貴重なお話を聞けたりします。それを番組にして、みんなに見てもらえたら楽しいはず」と狙いを明かす。

 そんな木梨の創作スタイルには、多くの人が影響を及ぼしたようで、「作る前の段階で面白いことを仕掛ける秋元康さんだったり、『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ系)のテリー伊藤さんや梁取正彦さんをはじめとしたディレクターたちだったり、俺はそういうチームに結構出会ってるんですよね。『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)のプロデューサー・港浩一さんは、撮影中『ガンガンいけー! 憲武ー!!」ってあおるから、結果的に撮れたシーンはめちゃくちゃなんだけど、カメラが止まるとメモ帳持って俺のところに来て、『憲武、なんかあるか?』って聞くんですよ! それで『シーンをつなぐために、こんなシーンを撮っておいた方がいい』って言うと、すぐにそのシーンを撮影したりして。みんなが面白がってしっちゃかめっちゃかするんだけど、その道を整えてくれる人も近くにいたって感じ。今挙げた人以外にも、たくさんの監督やクリエーター、アイデアマンがいっぱいいました。このご時世だと難しいけど、そういう人たちと飲んでくだらない話をしながら番組を作っていきたいね」と振り返りつつ、新番組の制作に意気込む。

 そして、初回収録を終えて木梨は「カメラマンさんもちゃんといるな、と…。スマートフォン2〜3台で撮影するんじゃないんだって(笑)」とボケつつも、「誰もがカメラを回してYouTuberになれる時代に、今回はWOWOWでしっかり作り込むから、久しぶりに会えたテレビのスタッフも多くて、楽しく作れてます。撮影前の美術打ち合わせや技術打ち合わせもちゃんとやっていて、すごく整った体制で撮影させてもらえている」と手応えありの様子だ。

 竹山は「今は昔と違っていろいろなメディアが出てきたので、視聴者も自分が見やすいものをチョイスできる時代です。その中で特別感を持って見られるメディアとして、WOWOWがいいんじゃないかと考えたんです。だから皆さんもWOWOWを見て、木梨さんと一緒に遊んでる気になってもらえたらすごくいいと思います」とアピール。

 「結果としては、WOWOWの会員が増えたら勝ち」と木梨は笑いを交えつつ、「俺が何かに挑戦するのもいいんだけど、この番組を通じて、いろんな分野のトップだったり、出会ったことのない人にお会いできたらうれしいな。今度の収録では、いわば“スタイリスト界のボス”である大久保篤志さん、馬場圭介さん、野口強さんに来てもらう回があるし、アート分野でも俺の知らないような若いアーティストに会えそうなんですごい楽しみにしてる。番組にはいろんなクリエーターに出てもらって、みんな格好つけていろいろなことを言うと思うんだよ。でも、それぞれが各分野のプロなので、そういう職業に憧れている人だけでなく、何の仕事をしていても、聞いておいた方がいいような大事な話もちょこちょこ出てくると思います。そこを伝えられたらいいし、俺自身もそういう話を聞けるのが楽しみなんだよね。ということで、皆さん、『木に梨はなる 〜頭の中の大宇宙〜』をよろしくお願いいたします」と真摯(しんし)に呼び掛けている。

 なお、番組は、第2話が6月28日(午後8:00)以降、隔週月曜午後8:00に最新話を放送・配信予定。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.