News ニュース

シリーズ最新作「ウルトラマントリガー」で祭nine.・寺坂頼我が主演!2021/04/16

 テレビ東京系では7月10日から、「ウルトラマン」シリーズ最新作「ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA」(土曜午前9:00)がスタート。主人公のマナカケンゴをボーイズグループ・祭nine.のリーダーである寺坂頼我が演じることが決まった。

 今年で誕生25周年を迎えた、ウルトラ平成三部作の筆頭作品「ウルトラマンティガ」の真髄を継ぐものとして企画された本作は、“超古代の光の巨人伝説”というストーリーコンセプトや、シリーズ史上初めて描かれたウルトラヒーローのタイプチェンジなど、いわば“令和版・ウルトラマンティガ”ともいえる新ストーリーを展開する。

 メイン監督は、スーパー戦隊シリーズ、「仮面ライダー」シリーズ、そして「ウルトラマン」シリーズと数々の特撮ヒーロー作品を手掛けてきた名匠・坂本浩一氏が務める。

 坂本監督は「ウルトラマン誕生55周年、ウルトラマンティガ誕生25周年の記念すべき年に、新シリーズのメイン監督を任せて頂けるという大役に身が引き締まる思いです。絶大的な人気を誇る『ウルトラマンティガ』の系譜の作品ということで、プレッシャーに押しつぶされそうですが、全ての世代の人達を笑顔にする作品をお届けできるように、キャスト&スタッフ一同全力で取り組んでいます」と意欲を燃やす。また、「今作品では数々の新しいことにチャレンジしています。造形、撮影、VFXなど、特撮作品にとって最も重要なこれらの要素の進化にもご期待ください! 生活環境も変わり、いろいろと制限が生まれ、闇が世界をおおっているような状況ですが、ウルトラマンの持つ光の力で吹き飛ばしましょう!」と呼び掛ける。

 ウルトラマントリガーは、3000万年前の闇の力との戦いで、悠久の眠りについていた光の巨人。基本形態であるマルチタイプ、地上戦における剛力に特化したパワータイプ、空中戦や俊敏性に特化したスカイタイプという3タイプへのチェンジ能力や、神秘のアイテム・サークルアームズを駆使して戦う。

 そして、超古代の遺跡から発掘された神器を解析し、その構造を科学的に再現したアイテム・GUTSスパークレンスを使ってウルトラマントリガーへと変身する主人公が、マナカケンゴ。人当たりのいい優しく真面目な性格で、人々の笑顔を守るために戦う熱い正義の心も持ち合わせているケンゴは、開拓の進む火星で植物学者として平穏に暮らしていたが、ある日、光の巨人と運命の出会いを果たし、戸惑いながらも地球のエキスパートチーム・GUTS-SELECTに、新人隊員として入隊する。

 ケンゴ役に抜てきされた寺坂は「僕自身、ヒーローになることが一番の夢だったので、ウルトラマンとして笑顔を守らせていただけることが本当にうれしくて光栄で仕方ありません! 成長していくケンゴや、濃いキャラクターの仲間たち、次々に明らかになる物語。親子3世代で楽しんでいただけて、誰しもが持っている希望の光をあらためてキラキラ輝かせる。そんなきっかけになれる、笑顔あふれる作品だと思っています! ぜひ! 『ウルトラマントリガー』を楽しみにしていただけるとうれしいです!! スマイル、スマイル♪」と意気込んでいる。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.