News ニュース

大島優子がスピード狂のネガティブ医師に!「ネメシス」で広瀬すず&櫻井翔と共演2021/03/25

 大島優子が、日本テレビ系で4月11日にスタートする連続ドラマ「ネメシス」(日曜午後10:30)に出演することが分かった。

 広瀬すずと櫻井翔主演で、完全オリジナル脚本となる本作では、天才すぎる助手・美神アンナ(広瀬)とポンコツ探偵・風真尚希(櫻井)の凸凹バディが、超難解な事件を次々と解決。無関係なはずだった事件が連鎖し、驚がくの真実が浮かび上がっていく、新時代の「探偵物語」だ。2人が働く「探偵事務所 ネメシス」のCEO・栗田一秋役で江口洋介も出演し、勝地涼、中村蒼、富田望生も共演。「SR サイタマノラッパー」シリーズなどの入江悠氏が総監督を務める。

 大島が演じるのは、ネメシスの初仕事となる調査依頼を持ち込んだことが縁で、アンナと風真のコンビと強力なタッグを組むようになっていく大富豪の専属医・上原黄以子。たくさんの恋人をもつ富豪のもとに届いた脅迫状に危機感を抱いた黄以子は、「ネメシス」に駆け込み、調査を依頼する。才気煥発(さいきかんぱつ)な黄以子は、実は無類のスピード狂。入江組は初参加となる大島が、基本的に超ネガティブなのにハンドルを握ると超ポジティブになるという癖が強すぎる医者を、持ち前の明るさでどんなキャラクターに仕上げていくのか、「ネメシス」のメンバーとの関係性や、すさまじいドライビングシーンと合わせて注目が集まる。

 そして、黄以子が持ち込んだ事件となる、第1話の舞台はある大豪邸。6人もの美女を恋人としてはべらせる大富豪(伊武雅刀)が、謎の死を遂げる。床に残されたのは、怪しいダイイングメッセージ。豪邸に駆けつけたアンナと風真、そして栗田は、それぞれに動機をもつ美女たちを前にして堂々の推理を展開しようと張り切る。現場にはお約束のタカこと千曲鷹弘(勝地)&ユージこと四万十勇次(中村)も現れて、ドタバタの犯人捜しが展開される。

 大島はストーリーについて「キャラクターがとてもそれぞれ個性的なのに、自由に遊べるスペースがたくさんある脚本で、想像が膨らみました。でも脚本だけだとどうなっているか分からないシーンがあって、実際に現場で見て感じるスリルがあります。後半になっていくとチームネメシスの3人の過去がどんどん明らかになっていき、最初はとてもポップな展開なのに、シリアスな部分もでてきて先の展開がどうなるのか、全く想像がついていません」と予測不可能な展開を予告。

 また、初参加となる入江組での撮影には「映画のようにワンシーンずつ丁寧に撮影していく形ですが、入江監督は自由に演技させてくれますし、テストから本番まで演技も肉付けしてくださいます。映画の撮影のような規模感でじっくり撮っていって映像もとても奇麗ですし、映画館の映像を見ている感じがあるのでテレビで見た時の迫力が楽しみです」と期待を寄せる。

 さらに「黄以子の役柄は専属医なのですが、とても心配性でネガティブな面と、車に乗ったらスピード狂で人格が変わるところもあり、つながって見たらそのギャップがどう見えるんだろうと心配しながら(笑)、作品にいいスパイスになればいいなと思い撮影しています。とにかく伏線回収が面白くてあっと驚くシーンが多く、でも実は話がつながっているところが面白いので楽しみにしていてほしいです」と役柄を説明し、見どころを伝えた。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.