News ニュース

ジャニーズWEST・神山智洋&濵田崇裕が歌ネタ披露! MCの桐山照史が太鼓判2020/12/24

 ジャニーズWESTの神山智洋と濵田崇裕が、桐山照史と平成ノブシコブシの吉村崇がMCを務め、TBS系で12月27日に放送されるバラエティー「歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル」(午後9:00)に出演することが分かった。

 番組では、芸人がアーティストになりきって自ら作詞、時には作曲し「笑える新曲」を披露。特別版を含めた3回の放送後、ゴールデンタイム進出となった10月の放送時には、Twitterの日本トレンド1位、世界トレンド3位になるなど、SNSを席巻した勢いに乗る“笑う音楽バラエティー”が、年末に再びゴールデンに登場する。

 今回もお笑い第7世代の芸人を筆頭に、旬の人気芸人やタレントたちが、ターンテーブルを模した巨大回転ステージ上で次々にパフォーマンス。歌の半分の時点で、ゲスト審査員が「もっと聴いていたいか」を判定し、審査員が「もっと聴きたい」と判定すれば、そのまま完奏することができる。しかし聴きたいと判定しない審査員が1人でもいた場合は、せっかく作ってきた曲もそこで強制終了に。出場者たちが完奏を目指して本気でチャレンジする。

 前回の放送で、桐山へのサプライズで、同じジャニーズWESTのメンバーである神山がお見送り芸人しんいちとコラボし、「僕たちの好きなもの」を披露。SNSを大いににぎわせたが、今回はなんと、同じくメンバーの濵田が緊急参戦。しんいち、神山、濵田の3人で、よりパワーアップした「僕たちの好きなもの」を披露する。

 桐山も「うまいんですよ!」と語る神山・濵田の高い歌唱力に加え、3人がハモりを見せるパートも。桐山も絶賛した、圧巻のパフォーマンスにも注目だ。そして、3人から次から次へと飛び出す“好きなもの”に審査員一同が共感し大爆笑。審査員の三吉彩花は「分かるものが多すぎる」とベタ褒め。果たしてどんな歌に仕上がっているのか、そして無事完奏できるのか?

 さらに、この番組でしか見ることのできないスペシャルコラボアーティストが登場。これまでさまざまな異色コラボを披露してきたSAKURAIは、今回なんとアンミカとコラボ。アンミカが見せた爆発力に審査員が怖がる場面も。また、番組常連のトレンディエンジェル・斎藤司は吉本興業の先輩である次長課長・河本準一と組み、少しためになる(!?)パフォーマンスを見せる。前回もスタジオをアゲたDJ KOO&イージードュダンサーズのコラボなど、ゴールデンを盛り上げる特別コラボが満載だ。

 今回、審査員長を務めるのは、石原良純。審査員には、三吉、番組を第1弾から見ている大ファンだという三浦翔平のほか、第1弾から連続出演している番組レギュラーの池田美優、前回桐山と共にMCを務めた麒麟の川島明が、それぞれの視点で出演アーティストを審査していく。また、中村アンがゲストMCとして初参加。ゲストMCを迎えるのは今回が初めてで、中村はゴールデン進出第2弾に花を添える。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.