News ニュース

田中みな実「M」での怪演が話題。衝撃の花嫁姿を披露!5/9は第1話のSPエディションをOA2020/05/09

 テレビ朝日系連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(土曜午後11:15)で田中みな実演じる眼帯の秘書・姫野礼香のウエディングドレス姿が、第4話の放送に先駆けて公開されている。

 同作は、平成の歌姫・浜崎あゆみが誕生するまでと、そこに秘められた出会いと別れを描いたノンフィクション作家・小松成美氏の同名小説をベースにドラマ化。脚本家・鈴木おさむの手により、ドラマならではのオリジナル要素がプラスされ、回を追うごとにTwitterのトレンドも右肩上がりで大きな話題を呼んでいる。

 プロデューサーのマサ(三浦翔平)とアーティストとしてのデビューに向けて動きだしたアユ(安斉かれん)。2人のの絆が描かれていく物語の中で異彩を放っているのが、マサを愛するあまりにアユを過剰に敵視する礼香。そんな礼香が第4話では、会社の専務室でなぜかウエディングドレスに身を包み、マサを待ち構えているという衝撃的なシーンが。これまで礼香の異常な言動を黙認してきたマサの真意や、礼香がなぜ眼帯を着けているのかなど、さまざまな謎が明らかとなる。

 これまで以上に大きな話題を呼びそうな第4話だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、放送は当面の間、延期されることが決定。5月9日は、第1話を伊集院光、古市憲寿と共に振り返る“相当マニアックで香ばしい番組解説”に加え、第4話の見どころの初出し映像が放送される。

 また、ドラマを独占配信中のABEMAでは、伊集院と古市による新撮の独占限定コンテンツ「業界震撼の裏話トーク」を加え、特別バージョンとして配信。フリートークでは、自他共に認める“エイベックス通”としても知られる古市と、本作のファンを公言している伊集院光が、ドラマ内で描かれる1990年代の音楽業界を振り返り、当時の業界の裏話や今まで明かしていなかった秘密エピソードなど、赤裸々に披露する特別番組となる。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.