News ニュース

弘中綾香が90年代アイドル姿でドラマ「M」に登場。「ぜひ探していただきたいですね!」2020/04/17

 4月18日にスタートするテレビ朝日系連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(土曜午後11:15)に、同局の弘中綾香アナウンサーが登場する。

 同作は、“平成の歌姫”浜崎あゆみが誕生するまでと、そこに秘められた出会いと別れを描いた小松成美氏の同名小説のドラマ化。福岡から上京してきたアユ役の安斉かれんと、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー・マサ役の三浦翔平がダブル主演し、脚本は鈴木おさむが手掛ける。

 弘中アナは、飲料水やスイーツ、ポケベルといった、物語の舞台となっている1990年代を象徴するような東京・渋谷の看板にアイドル風の姿となって登場する。プライベートでも仲が良いということもあり、弘中アナが同作に出演している田中みな実に直接打ち明けると、「それは楽しみだなぁ」とコメント。また、間接的ながらも共演を果たしたことについては、「それはホントにうれしいです!」(弘中)、「弘中ちゃんとの共演、楽しみにしています!」と2人で盛り上がっていた。

 放送開始にあたり、弘中アナは「90年代の渋谷の街並みに自分が映っている様子を、毎回宝探しのような気分で楽しみたいなと思っています。視聴者の皆さんにもぜひ探していただきたいですね!」、田中は「このドラマは原作とはいい意味でまったく違った、鈴木おさむさんのテイストになっていて、私が演じる(姫野)礼香もかなりエキセントリックな役どころなんです。そんなわけで、三浦翔平さんにも『思いっきりやって!』と言われてやったら三浦さんが吹き出してしまうという(笑)。それくらい振り切って演じていますので、“弘中ちゃん探し”と合わせて、ご期待いただけたら、と思います」」と視聴者にメッセージを送っている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.