News ニュース

少年忍者・元木湧&内村颯太&深田竜生がドラマ初出演。「青のSP」で藤原竜也との共演に感激2020/12/07

 ジャニーズJr.のユニット・少年忍者のメンバーである元木湧、内村颯太、深田竜生が、2021年1月12日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)に出演する。

 本作は、警視庁捜査一課の敏腕刑事で常に冷静沈着な毒舌家・嶋田隆平(藤原)が、東京都の中学校で導入されることとなった日本で初めてのスクールポリスに志願し、「SNSトラブル」「生徒の薬物疑惑」「盗撮」「セクハラ」など、校内外で起こるさまざまな問題に立ち向かう、異色の学園エンターテインメント。

 少年忍者の3人は、赤嶺中学校教師・浅村涼子(真木よう子)が夜の街を見回りしている途中で、カツアゲをしている現場を目撃される慶城附属中学校の生徒を演じ、嶋田と涼子が出会う大事なシーンで、テレビドラマ初出演を果たす。藤原とのアクションシーンもあるという。

 元木は「ドラマの撮影は初めてでしたが、緊張せずに臨めました」と声を弾ませ、「これまで舞台でのアクションは経験していましたが、ドラマでは初めてなのでとても勉強になりました。舞台とドラマの演技の仕方は少し違うと感じ、舞台だとお客さんに伝わるように感情を込めて、ドラマだと演じる役柄の性格をより意識しないといけないなと思いました。役柄の年齢が近かったので演じやすかったですが、いじめる役だったのでそこは難しかったです(笑)。学生で何も考えていなさそうな感じや、すごくイキッた感じなどイメージして演じさせていただきました」と役づくりを明かした。

 内村も「今回出演させていただけると聞いてすごくうれしかったです! ずっとドラマに出たいと思っていたので、僕の夢が一つかないました!」と感激し、「撮影は、役を演じることに必死であまり覚えていませんが、とても楽しかったです! ボクシングのミット打ちをアクション監督と練習をし、殴っているように見せる演技を頑張りましたので、注目して見ていただければと思います」とアピール。

 「『うれしい!』その一言でした」と喜ぶ深田は、「ドラマには、同じグループにも過去に出ている人がいて、自分もドラマに出ることが目標でした。出演が決まった時、すぐ親に連絡しました。家族も『えーっ!』と驚いて喜んでくれました。ずーっと家族とその話ばかりで…その日の夜ご飯も、ドラマの話で盛り上がりました(笑)。同じグループの2人が一緒に出演しているのですごく安心して演じることができました」とコメント。

 さらに、藤原との共演には「アクションシーンでは実際に藤原さんに分かりやすく当てていただけたので、自然に激しく躍動感のあるアクションができたと思います」(元木)、「目の前にテレビに出ている方がいる!と思い、感動しました。現場でもお話をさせていただいたりして本当にうれしかったです!」(内村)、「藤原さんのいろいろな作品を見させていただいていたので『あの映画の方が目の前に!』という思いで、すごくうれしかったです」(深田)と興奮気味に語る。

 そして、「今回はいじめっこ役ですが、あくまでも役ですので勘違いしないでください(笑)。でも、ドラマを見ていただいて嫌なやつだと思われることが目標です! このドラマで僕のことを知ってもらえるきっかけになればと思います」(元木)、「実際の僕は、役のようにオラオラしている感じではありません。ですが、こんな役柄もできるんだと思って見てほしいです。僕はしゃべる時もいつもフワフワしている感じですので、今回、新たな一面に期待していてください!」(内村)、「演技をするのが初めてでしたので、どう映っているか分からないですが、僕の初演技を楽しみにしていてください!」(深田)とそれぞれメッセージを寄せている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.