News ニュース

ジャニーズWESTが松竹座のステージに――「RIDE ON TIME」Episode32020/11/06

 11月6日にフジテレビで放送の「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」(深夜1:05、関東ローカル)は、Episode3「一歩でも その先へ」と題して、関西出身の7人組・ジャニーズWEST(重岡大毅、桐山照史、中間淳太、神山智洋、藤井流星、濵田崇裕、小瀧望)を特集する。

 今年、ジャニーズWESTはデビュー7年目にして、自身初となる念願の東京ドーム公演を含む全国ツアーが予定されていた。しかし、コロナ禍ですべて中止になってしまった。重岡は「普通に悲しかったですね。27歳ですけど、27歳のライブって27歳の時しかできへんし。いろんなことを思うと、やっぱりつらいですよね」と苦しい胸の内を明かす。

 そんな状況の中でも、大阪から全国に元気を届けたいという思いから、関西ジャニーズのアイドルたちによる無観客生配信ライブプロジェクト「Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025 ~大好きなこの街から~」がスタート。その舞台は、同じくコロナ禍で休演が続き、苦境に立つ大阪・松竹座。ここはジャニーズWESTにとって自分たちを育ててくれた大切な場所だからこそ、松竹座での生配信は、お世話になってきたスタッフへの恩返しでもあった。

 本番2週間前、桐山、神山、小瀧は、台の上から後ろ向きに宙返りする“台宙”に挑戦。しかも以前披露した時よりも高い、1.5mもの高さからバク宙するというものだった。練習では桐山と神山が成功させる中、メンバー一高身長である小瀧は、着地の衝撃を吸収しきれず苦戦。しかも、本番直前の最終リハーサルで足を痛めてしまう。やむを得ず台宙をカットすることになった小瀧は「めっちゃ嫌っす」とつぶやく。ダンスすらもままならない状態のなか、小瀧は松竹座のステージに立つことを決める。

 また、本番直前の控室で重岡が1人で、大切な曲の最終確認を行っていた。重岡自ら作詞・作曲した「間違っちゃいない。」を、今回は重岡のピアノ演奏にのせて披露するのだ。重岡は「メンバー7人で初めてステージに立ったのも松竹座だし。本当に青春の場所。成長させてもらいましたね。僕らのホームですね」と松竹座に育まれた日々を振り返る。ドームでの公演は実現しなかった7人だが、全身全霊を懸けたホームグラウンドでの公演。万感の思いを胸に、ジャニーズWESTはステージに向かう。

 なお、FODプレミアム(https://fod.fujitv.co.jp/s/genre/information/ser3547/)では、放送直後から独占配信決定。過去話もすべて配信中。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.