News ニュース

嵐のアジア4都市記者会見&全50公演のアニバーサリーツアーに密着!2020/09/25

 Netflixは、嵐の活動休止までの1年間を追うオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」の第13話「2019年11月」と第14話「5×20 Tour Final」を、9月30日午後4:00から2話同時に全世界独占配信する。

 第13話では、嵐がデビュー20周年の記念日である2019年11月3日に行った記者会見と、怒濤(どとう)のSNS・サブスク解禁発表のその後を追う。

 世界中から届く大きな反響を受け止めながら臨む“Reborn”シリーズのレコーディング。その合間には、積極的にSNSへ投稿し、英会話のレッスンに勤しむなど、本格的な世界進出の土台を整えていく5人の姿があった。それと並行して、天皇陛下の即位を祝う国民祭事「即位の礼」で、奉祝曲を披露する大役を務め、厳かな緊張感の中でいつもと違う表情見せるメンバーたち。しかし、そのわずか2時間後には、羽田空港からプライべーとジェットで出国し、ジャカルタ、シンガポール、バンコク、台北と2日間で4都市を周り、アジアのファンと交流した“JET STORM”を敢行。櫻井翔が思わず「いつまでが昨日でいつからか今日か分からない」とつぶやくほどの弾丸スケジュールの中、機内での5人の様子や各言語でのあいさつを懸命に練習する姿、そして現地ファンの盛大な歓迎を受けて臨んだ各地での記者会見など、分刻みの全工程を公開する。

 続く第14話では、20周年のアニバーサリーツアー「5×20」に密着。開演直前の気を吐く円陣、オープニングのどんちょう裏でゴンドラに乗り込む5人が交わす握手、ステージ上での生き生きとした表情、そして率直で愛にあふれたあいさつの言葉など、各地各公演の一つ一つを真摯(しんし)に積み上げていくメンバーたち。5人は口をそろえて「感謝の気持ちしかない」とファンへの気持ちを表現する。

 迎えたツアー最終日は、全329館619スクリーンで18万6000人がライブビューイングで見守っていた。デビューから20年を支え、応援しくれたファンへ、感謝を届ける全50公演。その終盤から最終公演までの裏側と5人の思いに迫る中で、ファンと直接会し、一緒に過ごすコンサートという時間と空間が、メンバーにとっていかに大切かが、余すところなく収められている。

 国内最大の動員数を記録し、完走した本ツアーについて、松本潤は「気持ちを直接自分の言葉で届けたい。その一心でやっている」と明かし、相葉雅紀は「気付いたら終わってたっていうのが、一番後悔する」と強い決意を表現。櫻井も「きちんと言葉にしてきちんと伝えたい」とファンへの熱い思いを口にする。さらに、この前人未到の50公演の偉業を達成してなお、嵐としてのその先を見据えて常に考え、動き続ける冷静さを持つ5人が、“本業・アイドル”を全力で全うする姿が描かれている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.