News ニュース

「THE MUSIC DAY」嵐、8時間生放送のフィナーレでSPメドレー! ラストに櫻井翔のコメントも2020/09/12

 本日放送された嵐・櫻井翔が総合司会を務める日本テレビ系音楽番組「THE MUSIC DAY」(午後2:55)。8年目を迎える今年は「人はなぜ歌うのか?」をテーマに、グループの垣根を超えて人気曲をメドレーで歌う「ジャニーズシャッフルメドレー」やNiziUのテレビ初歌唱など見どころ満載の8時間生放送。ベテランから若手まで、音楽シーンを彩る全50組のアーティストが、名曲や同番組でしか見られないコラボを披露した。

 8時間にもわたる番組のラストを飾ったのは嵐。一番印象に残ったシーンを聞かれた松本潤は、勇気をもらった瞬間もいっぱいあったと言いながらも、井ノ原快彦がノリノリで歌っていた「ギンギラギンにさりげなく」を挙げ、「まさかマッチさんが出てくるとはね」と全力で近藤真彦に寄せていた井ノ原をピックアップしていた。

 二宮和也は「すごい楽しかったですね。ただ8時間近くずっと待っていますから、6時間目くらいから『これ、本当に歌えるのかな』と思っていた」と最初からずっといた嵐ならではのコメントをした。大野智は「結構時間があったので、お弁当をいっぱい食べて…」と笑いながら語り、相葉雅紀は「楽しかったですね。なかなか普段見れないような歌も見れたし、すごく楽しい時間を過ごさせていただきました」と振り返った。大野に毎年聞いている櫻井の司会ぶりを今年も尋ねたところ、大野は「ベテランの域を超えてるから…」と絶賛し、「頑張ってください」とエールを送った。

 また、披露するステージへの思いを聞かれた二宮は「われわれだけじゃなくて、歌を歌っている人たちはコンサートとかいろんな表現の場があったと思うんですけども、そういうのが中止や延期になって、こうやって歌を歌えるっていうことがわれわれにとっても、非常に力強い勇気をもらえる場所になったなと思います」とアーティストとしての思いを明かした。二宮のコメントに櫻井も同意し、「アーティスト側にとってもそうなんですよね。例年、たくさんのお客さんが来て歌えていますけれども、今日はいらっしゃらないので、テレビの向こう側に届けるような思いでパフォーマンスをしたい」と語った。

 1人でも多くの人に届けたいとの思いを込めて披露したのは、“嵐スペシャルメドレー”。1曲目には二宮主演の「フリーター、家を買う。」(フジテレビ系)の主題歌「果てない空」を優しくもしっとりと歌い上げた。続く2曲目には、冒頭で松本が「僕たちはこれからも音楽を通してたくさんの思いをみんなに届けたいと思います。まだまだ、まだまだ届けたい。これからもよろしく!」と熱いメッセージを放った後に「Love so sweet」を歌い始めた。

 5人は満面の笑みで楽しそうにパフォーマンス。ラストととなる3曲目は、大野の歌いだしで始まる「言葉より大切なもの」。アップテンポな曲調に合わせて歌い、曲中では櫻井がラップで魅せ、紙吹雪が舞う中、ステージいっぱいに歌声を響かせた。

 歌い終えた櫻井は「今日は皆さんが歌える歌がたくさん出てきたのではないでしょうか。テレビの前で歌っていただけたらうれしいなと思うと同時に、紙吹雪がすごく口の中に入っていました」と笑いながらコメント。さらに、「人はなぜ歌うのか、歌うことで心が楽になる、ジャニーズを含め本日たくさんのアーティストが皆さんの今日を照らすことを願いながら歌っておりました。素晴らしきたくさんの歌とともに、明るい明日を願ってお別れしたいと思います。さようなら」と目を潤ませながら締めくくった。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.