News ニュース

「THE MUSIC DAY」ジャニーズシャッフルメドレーPart1! V6・三宅健が魅惑の“セクシーローズ”を披露2020/09/12

 本日放送中の嵐・櫻井翔が総合司会を務める日本テレビ系音楽番組「THE MUSIC DAY」(午後2:55)。8年目を迎える今年は「人はなぜ歌うのか?」をテーマに、グループの垣根を超えて人気曲をメドレーで歌う「ジャニーズシャッフルメドレー」やNiziUのテレビ初歌唱など見どころ満載の8時間生放送。ベテランから若手まで、音楽シーンを彩る全50組のアーティストが、名曲や同番組でしか見られないコラボを披露している。

 午後7:00頃に届けられたのは、ジャニーズシャッフルメドレーPart1。「THE MUSIC DAY」恒例となったジャニーズシャッフルメドレーだが、今回は各グループの楽曲の中でカラオケで最も歌われた楽曲を、グループの垣根を超えたシャッフルメンバーで披露。

 関ジャニ∞・村上信五、Hey! Say! JUMP・伊野尾慧、Kis-My-Ft2・北山宏光、ジャニーズWEST・重岡大毅、King & Prince・平野紫耀の5人が先陣を切り、ジャニーズシャッフルメドレーがスタート。嵐の「Love so sweet」を披露し、サビに差しかかると、北山と重岡が向かい合って歌う一幕も。一方、村上は全力投球のシャカリキのダンスで盛り上げた。

 続いては、ジャニーズWESTの「ええじゃないか」。V6・岡田准一、NEWS・小山慶一郎、Hey! Say! JUMP・八乙女光、Kis-My-Ft2・千賀健永、Sexy Zone・マリウス葉が登場し、岡田はサビ前の「浪速生まれの浪速育ちや」という歌詞を「ひらパー生まれのマリウス育ちや」と替えて、シャッフルメドレーならではのアドリブが飛び出す。さらに、千賀が曲の最後にバク転を披露し、ジャニーズならではのパフォーマンスを見せた。

 3曲目は、Hey! Say! JUMPの「ウィークエンダー」。担当したのは、NEWS・加藤シゲアキ、関ジャニ∞・丸山隆平、Sexy Zone・中島健人、ジャニーズWEST・桐山照史、King & Prince・岸優太。センターを務めた中島健人は、“ケンティー”全開のセクシーダンスを披露。

 また、4曲目に披露されたのは、Sexy Zoneのデビュー曲である「Sexy Zone」。毎年、「誰がセクシーローズ(とささやくパート)を担当するのか?」とSNSで話題になるこの楽曲。冒頭で登場したのは、関ジャニ∞・大倉忠義、Hey! Say! JUMP・中島裕翔、Kis-My-Ft2・宮田俊哉、ジャニーズWEST・神山智洋の4人。しかし、「セクシーローズ」のパートが近づくと、V6・三宅健が登場。その爽やかさが“奇跡の40代”と話題の三宅が、大人の色気たっぷりな表情とウィスパーボイスで「セクシーローズ」を披露し、視聴者の心を撃ち抜いた。

 そして、5曲目となる近藤真彦の「ギンギラギンにさりげなく」を、V6・井ノ原快彦、関ジャニ∞・横山裕、Hey! Say! JUMP・薮宏太、Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔、Sexy Zone・佐藤勝利が熱唱。はちまきを頭に巻いた井ノ原が、「俺たちみんなマッチでーす!」と場を盛り上げた。

 さらに、V6・森田剛、嵐・櫻井翔、King & Prince・永瀬廉が登場し、6曲目のKAT-TUNの「Real Face」を歌い上げた。この楽曲の最大の見せ場である“舌打ち”は、永瀬が担当。王子様風の衣装で登場した永瀬が、フレッシュなセクシーさで華麗にきめてみせた。

 最後は、Part1に登場した出演者全員で、TOKIOの「宙船(そらふね)」を。歌い終わりに、羽鳥慎一アナウンサーに「満足ですか?」と聞かれた村上は、「楽しかったです。もう1回『Love so sweet』から」とコメントして笑わせた。

 番組後半に放送される、ジャニーズシャッフルメドレーPart2も見逃せない。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.