News ニュース

「仮面ライダーセイバー」主題歌はスカパラ×[Alexandros]の川上洋平! EDの振り付けはTAKAHIRO2020/09/02

 9月6日からスタートする“令和仮面ライダー”第2弾「仮面ライダーセイバー」(日曜午前9:00)の主題歌で、東京スカパラダイスオーケストラと[Alexandros]のボーカル・川上洋平がタッグを組むことが発表された。

 楽曲タイトルは「ALMIGHTY~仮面の約束 feat.川上洋平」。リスペクトするスカパラからオファーをもらった川上は、「東京スカパラダイスオーケストラ先輩のゲストボーカルを務めることになり、さらにその楽曲が『仮面ライダーセイバー』の主題歌ということで大変名誉に思っております。僕にとってはどっちもヒーローなので、正月と盆が一緒にきたような気持ちです。うれしくてたまらないです」と喜びを表現した。

 川上を推薦し、本作の主題歌の作詞も手掛けるスカパラのバリトンサックス担当・谷中敦は、「国内屈指のスタイリッシュなアーティスト[Alexandros]の川上洋平とコラボレーションできる日をずっと夢見ていました。『仮面ライダーセイバー』の話をもらった時、真っ先に彼の顔が浮かんだので名前を挙げさせてもらいました。洋平くんに決まって心の底からうれしいです」と、夢の共演実現に大興奮。

 さらに、谷中は「“約束”と“本”の二つを柱に、人の思いが時空を越えて希望をもたらすさまを思い描きながら書き上げました。これから未来を書き換えていく子どもたちに向けた歌詞です。この歌を子どもたちに大きな声で歌ってもらえたらこんなに幸せなことはないです」と歌詞に込めた思いも明かした。

 また、本作では2005~06年放送の「仮面ライダー響鬼」以来となる、エンディングテーマが復活することも話題に。主題歌と同じく東京スカパラダイスオーケストラが手掛けるそのエンディングテーマ「仮面ライダーセイバー」が流れる映像では、主人公・神山飛羽真役の内藤秀一郎、新堂倫太郎役の山口貴也、須藤芽依役の川津明日香の3人がスタイリッシュなダンスに挑戦する。

 その振り付けを担当するのが、プロダンサーとして知られるTAKAHIRO。マドンナのワールドツアーにも参加し、近年では欅坂46や日向坂46をはじめとする有名アーティストの振付師としても目覚ましい活躍を見せている。

 TAKAHIROは「仮面ライダーがエンディングテーマ中で踊るのは初めてと聞き、頭を悩ませました。パフォーマンスの方向性を担う大事な一作。視聴者の方にどう感じてもらうのがよいか、さまざまな可能性を監督やスタッフの方々と思索しました。そして“ライダーってすごい!”を目指しました」とダンスの振付プランを明かした。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.