News ニュース

山里亮太短編妄想小説集「あのコの夢を見たんです。」 待望のドラマ化で2度目の重版も決定!!2020/09/02

 南海キャンディーズ・山里亮太が執筆する短編妄想小説集「あのコの夢を見たんです。」が、売れ行き好調につき2度目の重版が決定した。

 2010年10月発売の月刊テレビ誌「B.L.T.」でスタートした山里による短編妄想小説連載 「あのコの夢を見たんです。」。山里の妄想上のヒロインとして実在の女優・アイドルたちが登場することが毎回、話題となるこの連載の中から人気の高かったストーリー16本を厳選し、1冊の小説集として19年4月12日に発売。独創的で幅広い物語の数々が、山里のファンを中心に幅広い世代から支持され、大きな話題となった。

 発売会見では本人が、「土屋太鳳さんは、直接会った時に『すてきな物語に登場させてくれてありがとうございました』って言ってくれたり、平手友梨奈さんも『私ってああいうイメージなんですか?』って会話をしてくださったり」と、モデルとして登場した女優たちからも好評であるエピソードを明かしていた。そして発売から約2カ月後の同年6月、1度目の重版が決定。「僕の妄想は世の中の人に受け入れられなかったのではないだろうか…そんな思いを払拭してくれた朗報!!!」と山里も喜びを爆発させていた。

 そして今回、テレビ東京の金曜深夜ドラマ枠「ドラマ24」の10月クールで、待望のドラマ化が決定。山里亮太役として、仲野太賀が主演を務めることが発表された。ドラマ化が発表されるやいなや、ニュースサイトでもトップで取り上げられ、SNSでも“山里亮太”がトレンドワードに上がるなど話題に。ドラマへの期待の声が高まると同時に、原作である本書への関心も集まり、このたび2度目の重版となった。

 ドラマでは、小説の中から厳選したエピソードをはじめ、山里が新規で書き下ろしたエピソードを加えられる。毎話、創作で生まれる物語の中で、仲野がどのような役柄で山里を演じるのか。そして1人のお笑い芸人の想像とイメージから生まれた作品にテレビ東京の深夜ドラマ史上、最も豪華な女優陣が集結するということで、続報も楽しみだ。ドラマ放送を前に、ぜひ原作もお楽しみいただきたい。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.