News ニュース

三浦春馬のバーテンダー役を高橋メアリージュン、松本まりかが絶賛!!2019/03/04

 WOWOWプライムで3月16日にスタートする「連続ドラマW 東野圭吾『ダイイング・アイ』」(土曜午後10:00)の第1話完成披露試写会に主演の三浦春馬、共演の高橋メアリージュン、松本まりかが参加した。

 同作は作家・東野圭吾氏による、発行部数100万部超の同名ハードサスペンスを全6話で連続ドラマ化したもの。交通事故が生み出す無責任の拡大をテーマに、保身と贖罪(しょくざい)の狭間に揺れる人々の心の弱さを描く。バーデンダー・雨村慎介役の三浦は「うそが見えては成立しないストーリーなので、撮影日が来るのが怖くて、友人のバーにお邪魔して実際にカウンターに入らせてもらって何度も練習しました」と初挑戦に苦労をのぞかせると、高橋と松本からは「とてもカッコよかった」と絶賛の声が上がった。

 三浦は演出を手掛けた国本監督との仕事を熱望していた経緯もあり「こんなモノ作りができる人と仕事ができたら…と頑張っていた部分もあるので、毎日が楽しみだった。全てのシーンに監督のビジョンがあったので、僕達はそれに付いて行って伸び伸びできた」と念願の国本演出を堪能したよう。衝撃的展開もあるようで「これまでの俳優人生を通してかなりの軽装で、鎖につながれながらその先にはベッドがあり…その状況の中で鬼気迫る演技をしなければいけないのはスペシャルなこと。でも楽しんでやっていました」と体当たり演技を予告した。

 慎介を誘惑する役どころで1人2役を演じた高橋が「別の人間を演じるというシンプルなものでしたが、こだわったのは目。ヘビに成り切りました」と役作りを明かすと、すかさず三浦は「僕はカエルに成り切って演じました」と笑わせた。慎介の恋人で秘密を抱える村上成美役の松本は「慎介とのシーンはホッとできるような雰囲気があるので、恋人同士のあうんの呼吸が表現できればと思った。明るく振る舞う一方で、彼女は孤独を抱えている。それは思い返すのがつらいくらいなので、もう一度やるのはつらいかな…。でもそれだけ思い入れも強かったし、愛しています」と役への愛着を口にした。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.