News ニュース

日向坂46が誇る“笑い”の精鋭4人衆・加藤史帆&佐々木久美&富田鈴花&松田好花によるコミカルでキュートな表紙解禁!2020/07/16

 7月21日発売「B.L.T. 9月号」は、“ひなあい”と親しまれる人気番組「日向坂で会いましょう」(テレビ東京ほか)を大特集。日向坂46の“笑い”を徹底分析する。表紙&巻頭には、当番組でもその笑いのセンスを存分に発揮している、日向坂46が誇る“笑い”の精鋭4人衆、加藤史帆&佐々木久美&富田鈴花&松田好花が登場。本人たちも「かわいい! 面白い!」と絶賛したセットで撮影を行い、コミカルで愛らしい表情を見せている。

 特集パートでは、日向坂46メンバー全員に“ひなあい”やMC・オードリーにまつわるエピソードを披露してもらっているほか、番組に関するテストを抜き打ちで行い、全員の“ひな愛”をチェック。さらに、“ひなあい”といえば“大喜利”ということで、メンバーには、自身の名前を使って“ひなあい”の魅力についてのアイウエオ作文を披露してもらっている。さらに、「B.L.T.」厳選の「ひらがな推し」時代からの名珍場面集で彼女たちのお笑い遍歴を振り返る企画も。

 また、日向坂46の“笑い”の証言者として、豪華関係者が集結。まずは、“ひなあい”で共演中のオードリー。「全員が番組を楽しんでくれているから、逆にわれわれの方が乗せられている」と語り、メンバーたちの番組に懸ける熱量を称賛した。

 さらに、同番組にたびたび出演しメンバーを見守ってきた佐藤満春(どきどきキャンプ)、“お笑い第7世代”として注目を集め、日向坂46のファンを公言しているお笑いトリオ・四千頭身の都築拓紀も登場。そして、番組プロデューサーの長尾真氏、先日公開日が発表された日向坂46ドキュメンタリー映画「3年目のデビュー」(8月7日公開)で監督を務めたTBS・竹中優介氏らが、日向坂46と番組の魅力について語り尽くす。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.