News ニュース

井ノ原快彦主演「特捜9」season6が4月にスタート。新たなステージへ突入2023/03/01

 テレビ朝日系では4月5日から、連続ドラマ「特捜9 season6」(水曜午後9:00)がスタートすることが分かった。井ノ原快彦演じる特捜班主任・浅輪直樹が新たなステージへ突入。2006年にスタートした「警視庁捜査一課9係」の時代から17年間、共に過ごしてきた“家族”のような特捜班・小宮山志保(羽田美智子)、青柳靖(吹越満)、矢沢英明(田口浩正)らをまとめる主任として、そして、昨シーズンから加わった若手警察官・三ツ矢翔平(向井康二)、高尾由真(深川麻衣)の先輩として、直樹がまい進していく。

 個性派刑事たちの活躍を描く人気シリーズ「特捜9」。その醍醐味(だいごみ)は、シリーズを通じて登場人物たちのプライベートや心情の変化をリアルに楽しめるところでもある。「9係」で出会い、「特捜9」で結婚した直樹と倫子(中越典子)の浅輪夫妻の今後は? season4の最終回で結ばれた村瀬健吾(津田寛治)&志保の夫婦の現在は? さらには、青柳&矢沢のコンビや、班長・国木田誠二(中村梅雀)の今の思いとは? season6では、それぞれが抱える事情や関係性が、毎回の捜査に複雑に影響していく。手に汗握るミステリーと人間ドラマとの見事な融合は、長いシーズンを積み重ねてきた「特捜9」だからこそなしうる境地。1話完結のドラマでありながら、彼らの個性がからみ合ってどんどん変貌を遂げていく様子が、1クールを通して“縦軸”として描かれる。

 新シーズンのスタートに際して、井ノ原は「もう『season6』になるんだなと思うと…感慨深いですね。ドラマの登場人物って“成長しないこと”がお約束ですが、ここまで長くシリーズが続くと、さすがに僕らも成長もするし、変化もします。キャラクターそれぞれが成長している分、前シーズンより、さらに進化したドラマになっていくんじゃないかなと楽しみにしています」と自信を見せる。

 前シーズンから加入したSnowMan・向井と深川については、「オンエアされていなかった時間もキャラクターたちが頑張って生きているとするならば、向井演じる三ツ矢も深川さん演じる由真も1年経って慣れてきて、成長もしているはず。昨年は気を使って言えなかったことも、2年目に入ったら堂々と言えるようになったりするんじゃないかな。2人がどう変わっているか楽しみなので、こちらもまた気を引き締めて作品に取り組んでいかなくてはと考えています」と語り、加えて、羽田ら“女子チーム”に関しても、「羽田さんと深川さん、そして原沙知絵さん、中越典子さんも含めて、『特捜9』の女性陣は視聴者の皆さんの気持ちに寄り添ってくださる方々ばかり。とにかく存在として輝いていますし、癒やしが大事な今の時代らしく、緊迫のストーリーの中で気持ちをフワッと軽くしてくれる役目を担ってくれてるなと思っています!」と期待を寄せた。

 続けて「今年は特に人間ドラマにもう一度立ち返って、ただ“駒”として動く刑事たちの姿ではなく、それぞれのプライベートも描き、“事件の行方も気になるけど、家の方は大丈夫なの!?”と両面から心配したり、喜んだり、安心したりしてもらえるようなドラマになったらいいなと思っています。事件解決だけじゃなく、1人ずつが抱えるドラマを大事にしていくのが、この『season6』の見どころです。それこそが、17年を経た今の僕らだからできることなんじゃないかなと…。気になる展開も続々登場しますので、ぜひ『season6』にご期待ください!」と力強く呼び掛けている。

 羽田は「18年目というチャンスをいただいて、本当にありがたく思っています。『警視庁捜査一課9係』から17年間、春から初夏まで『特捜9』一色、というリズムが体になじんでいるので、今から新しい年が始まるような気持ちです。また、“わちゃわちゃ感”満載の喧々諤々(けんけんがくがく)な日々が来るんだな、と撮影開始を楽しみにしています」と新シーズンへ向けた心境を明かす。

 また、井ノ原のリーダーシップについては、「イノッチ(井ノ原)は『9係』時代から一番若いのに現場を仕切ってくれて、リーダーシップはピカイチ。“頼りになる年下の兄貴”という感じでした。常にニュートラルな状態でいてくれる方なので、リーダーとして絶大な信頼を寄せています。もちろん今年もついていきますよ!」と称賛。前シーズンから加入した向井と深川には「昨シーズンは2人がさまざまなアイデアを出して、“今”という時代の空気を運んでくれたので、その化学反応が面白かったですね。そして…とにかく2人ともかわいい! 私はお節介を焼きたくて仕方がないので、焼かせてくれる人が増えてうれしかったです。新シーズン、2人がまた新たな空気感を出してくれるのが楽しみ。今年は由真ちゃんと捜査する機会も増えそうで、女性同士のバディで動くスタイルを楽しみにしています」と愛情たっぷりだ。

 そんな深川は「シリーズものに参加させていただくのが初めてなので、また同じチームで再会して『お久しぶりです』と言い合えるのが新鮮で、とてもうれしいです。17年間続いている『特捜9』は、出演者とスタッフの皆さんの絆が固いんですよね。信頼し合った上で、意見を出し合って作り上げていく、すてきな現場なんです。作り手側が楽しんでいる作品って、絶対に視聴者の皆さんにも伝わるんだなと感じています」と話し、「学生時代、テレビで拝見していた時から、井ノ原さんには笑顔のイメージがありました。そのイメージは、お仕事をご一緒するようになっても全く変わりません。気さくにお話してくださるのもうれしくて、昨年は休憩時間においしい喫茶店の話題で盛り上がりました。それでいて、締めるところはちゃんと締めてくださる大先輩です。私も羽田さん同様、ついていきます!」と“座長”へのリスペクトも忘れない。

 最後に、「由真はこの1年で少しだけ昇格しているという設定なので、新シーズンでは1年間の経験を得て、少しほぐれた由真の気持ちを表現できたらいいなと思っています。2年目は、ちょっと遊び心を持ちながら楽しんで演じていきたいですね。由真が誰とバディを組んでいくかも楽しみ。ものおじしない真由だからこそ、先輩たちに言えることも出てくると思うので、作品の新たな空気の一つになりたいとも思っています。そして、第1話の脚本を読んだところ、“これはどうなっていくんだろうな”“視聴者の皆さんもびっくりするんじゃないかな”という展開があるので、ぜひ楽しみにしていただければと思います!」とアピールしている。

 特捜班が部屋を移ることとなり、引っ越し当日、直樹たちは朝から荷物と格闘してバタバタ。そんな慌ただしさの中で、突然、国土交通大臣・諏訪部孝一から直に呼び出しが入る。一体何事なのか? 困惑しながら直樹と国木田が議員会館に出向くと、諏訪部は衝撃の依頼を持ちかける。彼の秘書・高石沙月によると、実は先日事務所に「今すぐ大臣を辞任せよ。さもなくば、1001人の人質の命を奪う。まずはお前の母校からだ」という脅迫メールが届いたという。

 よくあるいたずらかと思って無視していたところ、メールの予告通りの時刻に、諏訪部の母校である神奈川県内の大学で原因不明の爆発があり、男性が1人死亡したというのだ。しかし、諏訪部は事件と脅迫メールの関係がはっきりしないことを理由に、神奈川県警に脅迫メールのことを報告しておらず、脅迫状を送りつけた犯人を、特捜班に極秘裏に突き止めてほしいと直樹らに頼み込む。

 脅迫通りなら、人質があと1000人いることになる…。直樹は今すぐ神奈川県警に連絡すべきだと進言するが、国木田は何を思ったのか依頼を受ける判断を下し、特捜班は秘匿捜査に乗り出すことに。ところがその直後、翌日の午後6時までに辞任会見を開かなければまた誰かが爆死する」という2通目の脅迫メールが舞い込む。1000人もの人質を抱えるこの難事件を、特捜班はタイムリミットまでに解決することができるのか? 顔の見えない爆弾魔と直樹たちの戦いが始まる――。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.