News ニュース

土屋太鳳の弟として話題&声優として活躍中の土屋神葉が「記憶捜査3」第4話に出演2022/11/18

 土屋神葉が、テレビ東京系で放送中の金曜8時のドラマ「記憶捜査3~新宿東署事件ファイル~」(金曜午後8:00)の11月25日放送・第4話にゲスト出演することが分かった。

 「記憶捜査」は、これまで「金曜8時のドラマ」枠で2019年にシーズン1、20年にシーズン2が放送され、スペシャルとしても2回オンエアされた人気シリーズ。定年間近に起きた事件でけがを負い、車いす生活となった敏腕刑事・鬼塚一路(北大路)が人並み外れた詳細な「街の記憶」を武器に、「昭和」と「平成」二つの時代のイメージを呼び起こしながら、「令和」に起こる難事件を解決していく。

 声優としてこれまで数多くの作品に出演し、近年ドラマへの出演も増えている土屋が演じるのは、不動産会社に勤める若手社員・葛見健次郎。違法建築として周辺住民から解体を求められているマンションを担当し、その問題に真摯(しんし)に向き合っているキャラクターだ。新宿東署刑事課捜査一係の巡査長・世条匠(松島聡)の高校時代の友人でもあり、本日11月18日放送・第3話のラストにも登場する。

 土屋は「僕が演じる葛見健次郎は正義感が強く、間違ったことには真正面からぶつかる“漢(おとこ)”。令和の侍魂をイメージして演じました」と説明。また、本作の主演である北大路を尊敬している土屋は、「思うことが多すぎて言葉にならないほど光栄です! 僕は幼少期から北大路欣也さんの大ファンでした。映像の演技への挑戦を再度決意したのは、北大路さんの演技や殺陣に憧れ続けた結果でもあります。そのため台本に北大路さんのお名前を発見した瞬間、思わず『あっ』と叫んでしまいました。ご厚意で撮っていただいた写真は、いつの日か直接演技をご一緒する次の夢への願いを込め、額縁に入れて飾っています」と興奮気味に明かしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.