News ニュース

櫻井翔、クリエーターが日本全国の優れたデザインを紹介する「デザインミュージアムジャパン」番組ナビゲーターに2022/11/14

 櫻井翔が、NHK総合で12月10日に放送の「デザインミュージアムジャパン」(午後3:05)の番組ナビゲーターを担当する。

 縄文時代から1万年続く生活文化の中で、さまざまな素晴らしいデザインを育んできた日本。全国のあちらこちらに、「デザイン」というフィルターを通したとたんに輝き始める「宝物」がたくさん眠っている。NHKでは、今年度八つの地域放送局が、世界の一線で活躍するクリエーターたちと、それぞれの土地の「デザインの宝物」を探索。生活の中にあふれる多種多様な「デザイン」を、クリエーターたちの目線で見つけた背景の「物語」と合わせて伝えていく。

 櫻井は「近代的なもの、伝統的なもの、意図されたもの、自然に生まれたもの。生活の中にはデザインがあふれています。『デザインされていないものはない』と言っても過言ではないのかもしれません。気付かぬうちに触れている可能性のある“デザイン”の魅力を、日本全国、幅広い世代のアーティストの皆さまと、より多くの方に届けられたらと思っております。デザイン×櫻井翔。自分でも少し意外な響きだとは感じていますが、詳しい人にもそうでない人にも、デザインにまつわるワクワクを精いっぱいお伝えしてまいります」とメッセージを寄せている。

 番組に登場するクリエーターは、デザイナー・皆川明氏、建築家・西沢立衛氏、プロダクトデザイナー・柴田文江氏、テキスタイルデザイナー・須藤玲子氏、建築家・乾久美子氏、デザイナー・三澤遥氏、グラフィックデザイナー・原研哉氏、服飾デザイナー・廣川玉枝氏の8人。

 皆川氏が山形県山辺町で「山形緞通」の製造現場、西沢氏が新潟県佐渡の宿根木の集落、柴田氏が全国有数の高級織物産地である山梨県郡内地域(吉田市、西桂町、都留市、大月市、上野原市)を訪問するなど、全国各地へと赴き、地域に根差したデザインについて紹介する。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.