News ニュース

満島真之介、未科学現象の世界のとりこに。「科学者が力を合わせて検証することで、すべてがつながっていく」2022/08/09

 TBS系では8月15日に、超常現象バラエティー「THE未科学ワールド」(午後7:00)を3時間にわたって放送する。

 同番組は、これまで“非科学的”と否定されてきた超常現象を“いまだ科学されていない分野”=未科学と称し、UFO、未確認生物、心霊現象などを最先端科学と最新技術でどこまで解き明かすことができるか徹底検証するバラエティー。

 「人生自体が未科学だと思っているので、これからも探求を楽しんでいく」と語る満島真之介がMCを務めるほか、ゲストには未科学大好きタレントのココリコ・田中直樹とトリンドル玲奈、専門家ゲストに放送大学教授・岸根順一郎氏、東北医科薬科大学教授・高木徹也氏、脳科学者・中野信子氏、宇宙飛行士・山崎直子氏を迎え、世界の権威ある科学者たちと共に、超常現象を否定・肯定するのではなく、「現在の科学でどこまで解明できるのか?」いう最新科学の限界に挑んでいく。

 まず、解明を目指す未科学のテーマは「未確認生物を科学する!」。アメリカでたびたび目撃される、全身を黒い毛で覆われた二足歩行する未確認生物、通称・ビッグフット。番組では霊長類学者や地質学者などを集めた特別捜索チームを結成。ビッグフットがたびたび目撃されるというアメリカ合衆国ワシントン州・ブルーマウンテンで大規模な捜索を敢行する。霊長類学者による大型類人猿の生態に基づいた捜索、そしてその一帯に生息する生物のほとんどを検出することができる最新技術・環境DNA解析を用いて、ビッグフットの痕跡を追いかける。果たして北米に存在しないはずの大型類人猿の痕跡は見つかるのか? スタジオでは、さまざまな痕跡から導き出したビッグフットの3Dイメージをバーチャルで再現。その姿に出演者たちも圧倒される。

 「心霊現象を科学する!」では、インディアナ州にあるアメリカ有数の心霊現象の目撃証言が多い屋敷へ。診療所、救貧院、収容所など複雑な歴史を持つその屋敷では数々の不思議な現象が起きる。番組では生物学者、物理学者、建築工学者、音響工学者からなる科学チームを結成。2日間にわたりその屋敷で起こった心霊現象を撮影。後日それらの現象の科学的再現に挑む。

 そして、「UFO・宇宙人を科学する!」では、近年世界で多数報告されるUFO目撃例について、番組ではイギリス・アメリカで宇宙人に遭遇したと語る人々を取材し、その証言と体に起きた変化を科学的に解明する。

 満島は「僕はMCだったんですか?っていうほど、心から楽しませてもらいました。ゲストの皆さんと共に、本当に“未科学”の世界に入り込みましたよ。MCとして番組を進行していくというよりも、視聴者の方と同じような気分で一足先にこの世界を体験させてもらったという感じです。この体験を、これから自分の人生でどう生かしていくか、また生かした先に何があるのか、人生自体が“未科学”なんだなということを、あらためて感じさせていただきました」と番組を満喫した様子。

 続けて「世代問わずに思い切り楽しめる番組です。いろいろな方向から一つの現象に向かって突き進む過程に感動するし、一つの分野の先生だけでは見えなかった世界をさまざまな科学者が力を合わせて検証することで、すべてがつながっていく。まさにそこがこの番組の見どころ! ぜひ、この夏の思い出として皆さんに! 特に親子で見ていただきたいですね。夏休みの自由研究へのいいきかっけにもなるんじゃないかな。未科学の世界、とりこになりますよ! お楽しみに!」と紹介し、番組をアピールしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.