News ニュース

羽生結弦が自らの言葉で“これまで”と“未来”を語る緊急特番を放送!2022/07/21

 テレビ朝日系では、7月23日に「緊急特番 羽生結弦 感動をありがとう〜終わりなき挑戦〜」(午後6:56)を放送。新たなる決意を表明した羽生結弦選手がスタジオ出演し、これまでの軌跡を振り返りながら自らの言葉で“未来”を語る。

 男子シングル史上初となるGPファイナル4連覇(2013~16年)に、アジア初となる五輪2連覇(ソチ2014、平昌2018)、さらに22年の北京五輪では史上初の4回転アクセル認定を受けるなど、前人未到の快挙でフィギュアスケート界に異次元の旋風を巻き起こし、史上最年少で国民栄誉賞も受賞(18年)した羽生選手。

 類まれなる才能と不撓不屈の精神を基軸に、常に高みを目指して世界中の人々を魅了してきた王者は、7月19日に希望に満ちあふれたすがすがしい表情で決意表明会見を開催。今後は競技会から退き、プロのアスリートとして新たなスタートを切る意向を堂々と示し、世間を驚かせた。

 立ち位置は変わるが、今後もフィギュアスケートというフィールドでさらなる挑戦を続けていくことを誓った羽生選手。その揺るぎない決意を受け、同系では、2時間にわたる緊急特番を放送することが決定。羽生選手本人をスタジオに招き、彼の“これまで”と“これから”に肉薄する。

 スポーツというジャンルを超えた“特別な存在”として、世界中から愛される羽生選手。緊急特番では、10年以上、羽生選手を追い続け、膨大な取材映像を持つ同系だからこそ実現できる“競技人生の軌跡の検証”と“人物考察”を展開。彼の生き方を支える“哲学”、アスリート&表現者としての“真髄”、さらに知られざる素顔にも迫る。

 膨大な取材映像から振り返るターニングポイントと信念の言葉。羽生選手はどんな表情で過去の自分を見つめ、振り返るのか。そして現在、羽生選手自身が見据える“これからの羽生結弦”とは一体? 決して足踏みすることなく、新たな闘いへと果敢に身を投じていく彼の“現在進行系の思い”にも注目だ。

 スタジオには羽生選手をよく知る松岡修造、荒川静香、織田信成も集合。とりわけ、羽生選手と松岡はこれまで、のべ30回以上もインタビューを交わしてきた間柄だ。今年2月には北京五輪での闘いを終えた直後の羽生選手が、松岡の「ありがとう」という心からの言葉に思わず涙をこぼすなど、長年にわたって強固な絆を築き上げてきた。実は羽生選手にとって、松岡と会って話すことは自らの立ち位置や考えを整理できる貴重な機会になっており、時には「修造さんと話したい!」とインタビューの逆オファーもしたほど。さらには私的な手紙の交換もあったそうで「逆境大好き」など、羽生選手の人生観を映した名言の数々は、常にこの関係性の中から生まれてきた。

 そんな2人が今回、スタジオでどんな話を繰り広げるのか。人生を左右する大決断を下した直後だからこそ湧き上がってくる2人の感情を如実に映し出す“心の対話”は必聴だ。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.