News ニュース

松尾貴史が「初恋の悪魔」にクイズ番組の大物司会者役で登場!2022/07/07

 日本テレビ系で7月16日にスタートする連続ドラマ「初恋の悪魔」(土曜午後10:00)に、松尾貴史が出演することが分かった。

 林遣都と仲野太賀がダブル主演を務める本作。物語の舞台は警察署で、ヘマをして現在停職処分中の刑事・鹿浜鈴之介(林)のもとに、総務課・馬淵悠日(仲野)、生活安全課・摘木星砂(松岡茉優)、会計課・小鳥琉夏(柄本佑)の、部署もバラバラでそれぞれ訳ありの4人が集まる。正義感も出世欲もない、求めているのは、ただ真実のみ。一人一人こじれた事情を抱えながら、刑事とは違った感性と推理で難事件を解明する。いつしか芽生える4人の友情、そして恋――。やがて4人は、より大きな真実と運命にのみ込まれていくことになる。

 このミステリーで、コメディーで、そしてラブストーリーでもある物語を、「Mother」「Woman」(ともに同系)、「それでも、生きてゆく」「東京ラブストーリー」(ともにフジテレビ系)などのヒットドラマを生み出してきた脚本家・坂元裕二氏が描く。

 今回松尾が演じるのは、誰もが知っているようなクイズ番組の司会者・一文字萬太郎。みんなからサインを求められる大物ベテラン司会者の役柄だ。

 松尾は「「獣になれない私たち」(同系)以来、4年ぶりに水田(伸生)監督とご一緒できてうれしゅうございます。現場の統率感と瞬時の決断力に今さらながら感服しました。一文字萬太郎という、どこかにいる架空の大物タレントの役は、誰かをイメージするとパロディっぽくなってしまうので、ある種のうさんくささはキープしつつ、誰でもない誰かであることを心がけました。短い日数でしたが、すこぶる楽しゅうございました」と感想を伝えている。

 本作になぜクイズ番組の司会者が登場するのか? さらに、一文字はどのような形で出演をするのか!? 注目だ。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.