News ニュース

tvkが「有隣堂しか知らない世界」とコラボ! MCキャラ・R.B.ブッコローも「関内デビル」に出演2022/06/11

 テレビ神奈川(tvk)と神奈川県を中心に展開する書店・有隣堂が、メディアの垣根を超えたコラボ企画を実施している。

 今回の企画では、有隣堂が手掛ける公式YouTubeチャンネル「有隣堂しか知らない世界」(https://www.youtube.com/channel/UCmKlo3BXt60nzgk2r_JgvwQ)に、tvk代表取締役社長の熊谷典和氏と同局の音楽情報バラエティー「関内デビル」(月~金曜午後11:30)の演出を務め、マスター・大場英治にも扮(ふん)する菊谷宏樹氏が出演する。

 「有隣堂しか知らない世界」は、有隣堂の社員が“有隣堂しか知らない”本や文房具を中心とした、さまざまな世界を愛を込めて伝えるYouTubeチャンネルで、毎週火曜と金曜に新規動画を配信。登録者数は6月10日現在で15.2万人にも上る。

 tvkがかつて放送していた音楽バラエティー「saku saku」を参考に作ったと有隣堂が公言する「有隣堂しか知らない世界」。tvkの視聴者からも「関内デビル」の番組宛に「『有隣堂しか知らない世界』のオリジナルMCキャラクター“R.B.ブッコロー”の中の人は『saku saku』の中の人と同一人物ではないか!?」などのメッセージが多数寄せられているという。

 双方の視聴者から反響がある中で実現した今回のコラボ企画。「saku saku」で当時プロデューサーを務めた熊谷氏は、第1弾の「有隣堂しか知らない世界 tvkの世界」に出演し、番組や開局50周年を迎えたtvkの歴史の中での印象的な出来事について語っている。

 一方、第2弾「有隣堂しか知らない世界 saku sakuの世界」(6月21日午後4:00頃配信予定)では、同じく「saku saku」で当時ディレクターを務め、番組の“黒幕”であった菊谷氏を迎えて「saku saku」をひもといていく。

 さらに、「有隣堂しか知らない世界」からも、R.B.ブッコローが「関内デビル」に6月20日からのウイークリーゲストとして出演。大人気コンテンツ「古文訳J-POPの世界」を私立恵比寿中学の楽曲で紹介するほか、レギュラーの加村真美と共に「加村しか知らない世界」と題した企画も届ける。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.