News ニュース

「坂上どうぶつ王国」動物と人間が共に暮らす家が完成!2022/04/14

 フジテレビ系で4月15日放送の「坂上どうぶつ王国」(金曜午後7:00。一部地域では時間が異なる)では、動物と人間が共に暮らす家「さかがみ家」がついに完成。3時間スペシャルで、その模様を届ける。

 同番組は、芸能界きっての愛犬家であり動物好きの坂上忍が長い間夢見ていた、動物と人間が楽しく過ごせる「どうぶつ王国」を作るために、動物と一緒に楽しみ、絆を育む、動物バラエティー。

 行き場をなくしたイヌとネコを引き取り、新たな家族が見つかるまで保護して大切に育てる“動物ファースト”の家を作る――坂上忍が長年抱いていた大きな夢が、本格的に動きだしたのは、3年半前。そこから4500坪の広大な土地を購入し、イヌとネコを保護する母屋と2000㎡のドッグランを作るという壮大なプロジェクトがスタートした。そして、このたびついに完成の日を迎えた。

 この知らせを受けて、サンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)、野性爆弾・くっきー!、King & Prince・髙橋海人、堀田真由、片平なぎさら“どうぶつ王国ファミリー”たちは現地へ。まず、その要塞のような「さかがみ家」の外観に圧倒される。「完成したので、お披露目です!」と坂上が門を開けて中に迎え入れると、巨大な家を目の前に「すごい!」と驚きの声が次々に上がった。

 さらに、敷地面積130㎡の大きな母屋の内部へ。1階は“ワンちゃんエリア”。リビングの床はイヌが歩いても滑りにくく、かつ掃除しやすいこだわりの床材だ。設置された19個のケージの素材はすべて木。「鉄のケージだと(開閉の)ガチャンという音が嫌なので、全部木で作ってもらった」と、ここにも坂上のこだわりが。このイヌに優しいケージに「ここだったら暮らせますね」とKing & Princeの髙橋海人が口にすると、「じゃあ、ちょっと入ってみる?」と坂上に促され、試しにケージの中に。入った髙橋は「全然いける!」と太鼓判を押した。

 また、この「さかがみ家」で保護活動を始めるにあたり、大型冷蔵庫や洗濯機、掃除機といった家電などをそろえる必要があることから、坂上は家電量販店「ビックカメラ」へ。予算について問われた坂上は「丼勘定です!」と太っ腹すぎる即答。まさにその言葉通り、買い物が始まると高額家電を次々と即決していく。

 坂上は「まずはやっと、やっと、完成したという喜びと、ただ、完成して本当に始まるんだなと思って、急にちょっとビビり始めました、正直」と率直な心境を告白。コロナ禍で、建設計画が思うように進まなかったことも振り返り、「頭の中でざっくりどれくらい費用がかかるのかなと見積もっていたんですが、実際にやってみて結構大きなお金がどんどん、どんどん、なくなっていって。途中で、僕は一体何をやっているんだろうか…とは思いましたよ」と冗談交じりに、本音も吐露した。

 その上で「僕がもともとやりたかったのは、人に裏切られた子(イヌやネコ)たちに、もう一回人を信じてもらってから里親に出したいということ」だと語り、「『さかがみ家』というように、シェルター感はないと思います。まさに家です。ちょっと大きな家で、スタッフが家族となって、人間と一緒に暮らして人間を信用してもらう。その考えに賛同してくださる里親さんを探して送り出すということです」と「さかがみ家」に込めた思いを、あらためて訴えた。

 保護ハウス完成前、「期待3割、不安7割」と明かしていた坂上。「今は期待7割、不安3割で、逆転したくらいですね。本当は不安の方が多いんですよ。ただ、もう始まっちゃうので。だから不安なんて言っている場合じゃない」と気を引き締めた。続けて、「焦ることなく、ちゃんと僕も含めスタッフの皆さんもノウハウを覚えて、人間が育ってから徐々に迎え入れたい」と保護活動に向けて、意気込みを伝えている。

 なお、今回のスペシャルでは、徳島県の山奥の集落で、5人の子どもたちと両親、そしてイヌやネコ、ニワトリなど20匹以上の動物たちと自給自足の生活をしている“どうぶつ大家族”廣川家に密着。春を迎えてますますパワーアップした自給自足生活を紹介する。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.