News ニュース

嵐の初のライブフィルムが全米で公開2022/02/27

 2021年度の実写映画興行収入1位の大ヒットを記録し、現在も上映中の嵐の初のライブフィルム「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」が、3月22日から全米で公開される。

 本作は、18年11月~19年12月にかけて行われた嵐の20周年のライブツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」の最中である19年12月23日に、東京ドームで堤幸彦監督によって映画用に撮影されたもの。5万2000人の観客が5人と一緒に見た景色を125台のカメラで余すことなく記録したライブ映画だ。ライブフィルムとして国内興行収入1位を獲得したのは史上初の快挙で、同時に国内アーティストのライブフィルムでも歴代興行収入1位を記録したことで大きな話題を呼んだ。

 そしてこのたび、アメリカ最大手映画興行チェーンであるAMC系列でアメリカ全土での上映が決定。日本国内に7カ所しかないドルビーシネマだが、アメリカではより多くのドルビーシネマでの上映が予定されており、ライブフィルムに適した最高の上映環境が準備されている。日本のアーティストのコンサート映画で、これだけの規模での上映が実施されるのは、史上初となる。

 また、全米での上映決定に合わせてUS版のポスターも解禁。ポスター下部には「ONE NIGHT ONLY AT AMC MARCH 22」と上映日が刻まれている。

 19年には全シングルのサブスクリプションが解禁され、「Love So Sweet」や「A-RA-SHI」「One Love」などの代表曲を英語版で新たにリリーズするなど、海外へ向けた発信も積極的に行ってきた嵐。コンサートの演出を手掛け、昨年の記者会見イベントに出席した松本潤は、海外での公開が発表された際、「世界中の人々に楽しんでもらえることを願っています」とコメント。昨年11月から台湾、香港、マカオ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ブルネイなどの地域で公開されると、3万人の動員を記録し、アジア圏の海外ファンから絶賛の声が相次いだ。3月のアメリカでの上映を機に、全世界へ夢の続きが広がっていきそうだ。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.