News ニュース

ヒロミ、小池栄子ら審査員の前で一夜限りのコントチームがネタ披露! 田中樹は「全く想像できない」と感嘆2021/11/27

 フジテレビ系では本日11月27日に、土曜プレミアム「ドラフトコント2021」(午後9:00)が放送。審査員を務めるヒロミ、小池栄子、内田篤人、鷲見玲奈、田中樹(SixTONES)、朝日奈央がコメントを寄せた。

 今田耕司とウエンツ瑛士がMCを務める同番組では、今年のお笑い界を代表する5人の芸人がキャプテンとなり、一緒にコントをやりたいと思う芸人を候補となっている20人の中からドラフト制で指名。ドラフト終了後に出来上がったチームで、一からコントを作り、1カ月後に観客の前で披露する。最終的にどのコントが最も優れていたのかが決定する。

 キャプテンとして、ドラフトで指名するのは、小峠英二(バイきんぐ)、大悟(千鳥)、春日俊彰(オードリー)、又吉直樹(ピース)、山内健司(かまいたち)というお笑い界を代表する5人。ドラフト候補芸人は、あんり(ぼる塾)、池田一真(しずる)、おいでやす小田、大久保佳代子(オアシズ)、加賀翔(かが屋)、サーヤ(ラランド)、斉藤慎二(ジャングルポケット)、嶋佐和也(ニューヨーク)、じろう(シソンヌ)、鈴木もぐら(空気階段)、せいや(霜降り明星)、西村瑞樹(バイきんぐ)、長谷川忍(シソンヌ)、丸山礼、水川かたまり(空気階段)、向井慧(パンサー)、森田哲矢(さらば青春の光)、盛山晋太郎(見取り図)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、和田まんじゅう(ネルソンズ)の20人。

 ヒロミは「僕も昔コントをやったことがありますけど、コントを作るのは楽しいけど大変です。コンビやトリオのコントでもネタを作るのは大変だから、5人のユニットコントを作るのは本当に難しくてキャプテンは苦労したと思います」とねぎらい、「収録前にお祭りみたいな楽しい雰囲気なので、厳しい審査じゃないって聞いていたのに、5チームともネタのレベルがすごすぎました! 優勝チームを決めるのは大変でした…」と激戦だったことを予感させるコメントも。

 小池も「気楽な気持ちでコントを楽しもうと思って来たら、芸人さんの真剣さとピリピリ感がすごくて、自分なんかが審査で1票を投じるなんておこがましいと…。一夜限りのユニットコントを、視聴者の皆さんもぜひお楽しみください!」と見応えのある戦いだったことを報告。

 また、「初めて生でコントを見たのですが、本当に面白かったです!」と喜ぶ内田は、「普段見られないオールスター芸人さんのコラボは圧巻でした。サッカーみたいに、チームごとにどんなバランスやチームワークがあるのか、というのも見どころだと思います!」と語る。

 鷲見は「5チームあってここまでジャンルが全部違う感じになるとは思わなかったので、『ドラフトコント』のシステムは本当に面白いなと思いました。ドラフトが思い通りにいったチームとそうでないチームで、ネタ作りにどう差が出るのかも見どころです!」と芸人の多彩なネタ作りを絶賛。

 田中は「この番組じゃないと絶対に見られない組み合わせのコントが見られますし、どういうふうにネタが進んでいくのか全く想像できないので、そこも楽しみの一つだと思います。どのチームが優勝してもおかしくないくらい、5チームとも面白かったです!」とレベルの高さを明かしていう。

 そして、「ドラフトでどんな芸人さんを選ぶかで、それぞれのキャプテンの好みがすごく見えるのが、この番組の面白さの一つだと思いました」という朝日は、「各チームのコントで芸人さん一人一人の役回りがどうなっていくのかに注目して楽しんでください! 普段テレビで見る芸人さんのイメージとは違った一面が見られるかも?」と期待感をあおっている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.