News ニュース

「ボイスⅡ」増田貴久らがクランクアップ!「もし『ボイス3』があるのなら、幽霊役でもいいので出してもらえたら」2021/09/17

 日本テレビ系で放送中の連続ドラマ「ボイスⅡ 110 緊急指令室」(土曜午後10:00)に出演している増田貴久、安藤政信がクランクアップを迎えた。

 本作は、2019年7月クールに放送されたサスペンスの続編。緊急指令室・ECU(Emergency Call Unit)を舞台に、通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする警察官の活躍を描くタイムリミットサスペンス。勘と行動力で突き進む情熱的な敏腕刑事で、猟奇殺人犯に妻を殺害され犯人への復讐(ふくしゅう)に燃えた男・樋口彰吾を唐沢寿明、緊急指令室の室長でありボイスプロファイラー(声紋分析官)で、特殊能力を生かして事件の鍵を「声」「音」でひもとく・橘ひかりを真木よう子が演じ、事件を解決していく。前作に続き、樋口のバディである石川透役で増田も出演している。

 “兄貴”唐沢より一足先にクランクアップを迎えた増田。スタッフから「石川透役、増田貴久さんオールアップでーす」とコールされると、両手を上げてバンザイ。その後「ありがとうございました!」と頭を下げた増田は、「2年前の前作『ボイス』の時から、まさに命懸けといいますか、普段の生活でもずっと役作りをして生きてきて、この気持ちを作り続けた2年間がひとまず終わるのは寂しいですが、一つ大きなことをやり遂げられたのかな、と思います。唐沢さんの作品なので、しっかりやらねばという思いでしたが、皆さんの熱量がすごかった作品でした。もし『ボイス3』があるのなら、幽霊役でもいいので出してもらえたら! 『ボイス』最高でした! ありがとうございました!」とあいさつした。

 また、今回、最凶最悪の真犯人である“白塗り男”久遠京介役を演じた安藤政信もクランクアップ。スタッフから花束を贈られると「お花が大きいですね。まあ僕、頑張ってきたし……」と照れる安藤は、「4カ月間ありがとうございました。皆さんに会えてめちゃくちゃ感謝しています。この現場のこと、作品のこと、役についても、自分はストレートに皆さんの思いに応えたいと、ずっとやってきました。その思いを皆さんがすごく拾ってくれて、いいグルーブ感で4カ月できたと思います。本当に感謝しています。会えてよかったです。またよろしくお願いします」と感謝の思いを語った。

 9月18日放送・第9話では、久遠と内通し、石川を殺害した捜査一課の刑事・片桐優斗(中川大輔)に銃を向けた樋口。しかし、片桐はすかさず捜査一課長・重藤通孝(藤本隆宏)に銃を突きつける。憎しみに火をつけ、自分に引き金を引かせることが久遠の目的であることに気付いた樋口は、通孝を生きて解放することを条件に、あえて片桐に逃亡を許す。その頃、海が見える別荘で現場のやりとりを聞いていた久遠は、自分の思い通りにならない樋口にいら立ちを感じていた。その目には、死んでもなお幻影となって久遠を責め立てる母親の姿が見えていて…。

 樋口とひかりは、ECUメンバーを集め、徐々に分かってきた久遠の情報を整理する。有名な舞踊家の娘だった久遠の母・由紀子は17歳の時に久遠を妊娠。これまで久遠が直接殺害した被害者たちは、自分の母親と同学年で同じ地区に住んでいた人物だったことが分かる。

 一方、ECUの緒方拓海(田村健太郎)は、片桐のPCを自宅に持ち帰り、解析を進めていた。片桐が頻繁にアクセスしていたダークウェブ上のサイトを調べると、なんと今まで久遠が火をつけて起きた殺人事件の数々が実況放送されていたことが発覚。片桐は、閲覧数を稼ぐことで久遠の資金源を確保していた。サイトを潰そうとPCを操作する緒方。しかしその時、突然部屋に侵入してきた片桐に襲われる。目が覚めた時、緒方の前に現れたのは、ほほ笑む久遠。再び狙われる仲間の命、現場へ急ぐ樋口とひかりの無線に、緒方の絶望の悲鳴が響き渡る――。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.