News ニュース

【東京パラリンピック・8/31◆本日の見どころをピックアップ】ゴールボールが決勝トーナメントに突入。日本男子、準々決勝での健闘に期待2021/08/31

東京2020パラリンピック ゴールボール(金子和也・川嶋悠太・佐野優人)写真:YUTAKA/アフロスポーツ

 ゴールボールは決勝トーナメントに突入し、男子の準々決勝が行われる。日本は予選リーグ最終第4戦で世界ランク1位のブラジル敗れたものの得失点差でブラジルを上回り、A組1位で予選を突破。準々決勝ではB組4位の中国と対戦する。予選リーグは第1戦から第3戦まで2ケタ得点で圧勝し、ブラジル戦でも大小のバウンドボール、タイミングを外すボールを使い分け、コースもしっかり狙えていた。攻撃は十分通用するだろう。一方、ブラジル戦では選手の間を狙われて失点が続いたため修正が必要。3人で連動して守ることでリズムを作り、攻撃につなげてほしい。快勝に期待だ。

 陸上競技は、車いす種目の華といわれる男子1500mT54決勝が見もの。長距離のような駆け引きと、短距離のようなスピード感が一体となり、車いす種目の魅力が凝縮されたレースが展開される。メダル候補は今大会400m金メダルのダニエル・ローマンチャック(アメリカ)、5000m金メダルのマルセル・フグ(スイス)ら。日本の鈴木朋樹も予選でシーズンベストをマークして決勝へ。上位争いに割って入ることができるか。男子1500mT11(視覚障がい)決勝も見逃せない。今大会男子5000mT11で銀メダルを獲得した唐澤剣也は予選2組を1位通過し、5000m銅メダルの和田伸也もシーズンベストで決勝に進んだ。再びそろって表彰台に立ってほしいもの。女子100mT13(視覚障がい)予選は佐々木真菜の健闘が期待される。

 5人制サッカーは予選リーグ最終第3戦が行われ、日本は中国と対戦する。ともに1勝1敗だが、得失点で日本がリードしているため、引き分け以上で予選を突破し、準決勝に進出できる。第2戦では大会4連覇中の王者ブラジルに完敗したが、磨き上げてきた組織的守備は、アジア最強国の中国にも通じるはず。引き分けも視野に入れて粘り強く守り、慎重に攻撃を組み立てたいところだ。

 自転車はロード種目が始まり、日本勢はトラック種目にも出場した川本翔大ら4人が出場する。この日は男女各クラスのタイムトライアルが実施。女子C3(運動機能障がい)の杉浦佳子は2017年世界選手権優勝、2018年2位の実績を持ち、メダル獲得の期待がかかる。

 アーチェリーは男子個人コンパウンドオープンの3回戦から決勝までと、女子W1(車いす)の1回戦から決勝までが実施され、それぞれ宮本リオンと岡崎愛子が出場する。

▶東京パラリンピック 放送スケジュール(地上波・BS放送)はこちらをチェック!(https://www.tvguide.or.jp/schedule-olympic-paralympic/
▶パラリンピックの記事一覧はこちらをチェック!https://www.tvguide.or.jp/news_category/tokyo2020-para/
▶オリンピック・パラリンピックの記事一覧はこちらをチェック!https://www.tvguide.or.jp/news_category/tokyo2020/


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.