KYT冬恒例企画に“温泉俳優”原田龍二登場!「真面目に生活するのでまた呼んでください」

博多ニュース

 KYT鹿児島読売テレビは2月14日に「かごピタEX 鹿児島温泉天国~原田龍二の一湯入魂~」(午後7:00)を放送する。同局で冬恒例となった“温泉企画”の第3弾! 今回は、ゲストに自らを“温泉俳優”と称するほど温泉好きの俳優・原田龍二を迎え、温泉ソムリエ師範の六三四(むさし)と共に、彼が厳選した名湯をめぐる。

 まず2人が向かったのは、鹿児島を代表する温泉地・霧島。霧島連山の中の高千穂峰に広がる温泉地の総称を「霧島温泉郷」と呼び、幕末の志士・坂本龍馬とお龍が新婚旅行で訪れた場所としても有名な観光地だ。しかし、原田を待っていたのは“観光地”というイメージとは遠い「野湯」(野外にある温泉のこと)。道路から丸見えというロケーションながらも、さすがは“温泉俳優”! ちゅうちょなく脱ぎ入湯する。番組内でたびたび披露される原田の50歳とは思えない肉体美は、大きな見どころの一つだ!

 その後も六三四が「鹿児島最高の泉質!」と胸を張る妙見温泉(鹿児島県霧島市)や、こちらも有名な温泉地である指宿…と“ハシゴ”し、鹿児島のバラエティー豊かな温泉を楽しむ。さらに鹿児島県を飛び出し、お隣・宮崎県へ。えびの市、小林市、高原町と名湯をめぐり、そのディープさを堪能する。

 また、番組では温泉だけでなく、その土地のグルメも紹介する。源泉を使った料理はもちろん、“世界を股にかける”あの料理など…。行ってみたい度急上昇となること、間違いなし! こちらもお見逃しなく。

原田龍二 コメント
「日本全国いろんなところに行かせてもらいますが、温泉ソムリエ師範という上級者の方と入るのは初めてで、その豊富な知識や楽しみ方は参考になりました。人それぞれが楽しめるというのが、温泉の懐の広さだと思うので、今回紹介するところもいろんな方に楽しんでもらえると思います。鹿児島の温泉は、素晴らしかったです。まだまだ行ってみたいところがたくさん出てきました。真面目に生活するのでまた番組に呼んでください!」

鹿児島読売テレビ 報道制作局報道制作部 國生朋彦 プロデューサー コメント
「番組の見どころは、(撮影でも)温泉にはタオルを巻かず入るという信念を貫く原田さんの入浴スタイル。果たしてどのように隠すのか(笑)。鋭意編集中です! おじさん2人が仲良く温泉に入り、仲良く温泉グルメを堪能する姿は見ていて笑えます。泉質バツグン、激レア、家族湯などなど必ず行きたくなる温泉ばかりを紹介する1時間、ぜひご覧ください」





キーワード

関連記事
PAGE TOP