新4K8K衛星放送が2018年12月1日午前10時にスタート!

ニュース
新4K8K衛星放送

 12月1日午前10時に「新4K8K衛星放送」がスタートする。この放送には、「高精細」「超高画質」「滑らかな動き」という特長があり、これまでのBSのフルハイビジョン放送(2K放送)に比べ、より臨場感あふれる映像になっている。

【スポーツや映画の迫力を自宅で“体験”できる時代に】

 まず、「高精細」。画像を構成する「画素」と呼ばれる光の点の密度が高く、4K放送は2K放送の約207万画素に対し、およそ4倍の約829万画素(8K放送はさらに4倍の約3318万画素)になる。そのため大画面にも映える精密な映像になる。

 次に、「超高画質」。表現可能な色の範囲、色の種類(階調)、明るさの範囲(輝度)が大幅に拡大し、肉眼で見えるものに近い表現が可能になった。中でも「輝度」は、HDR(ハイダイナミックレンジ)技術により、明るい場面も暗い場面も白飛びや黒つぶれすることなく、はっきりと見ることができる。

 そして、「滑らかな動き」。2K放送で1秒間に30コマで表示していたものが60コマ(最大120コマ)になり、よりスムーズな動きを実現できるように。

 これらの技術により、4K放送では、間近で見ている感覚で、スポーツや映画の迫力を自宅で“体感”できるのだ。

新4K8K衛星放送

【4K8K放送を視聴するには?】

 既に「4Kテレビ」を購入していても、専用のチューナーが内蔵されていないと新4K8K衛星放送を視聴できない。だが、現在BS放送をアンテナを使って視聴している場合、「4K対応テレビ」と「4Kチューナー」を用意すれば視聴できる(下の図①)。一部チャンネルは、これまでのBSで放送していた帯域(右旋)と異なり、新たな帯域(左旋)を使うため、アンテナや分配器等を左旋の周波数に対応した機器に交換する必要がある(下の図②)。対応機器でないと電波漏えいの可能性があるため、一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)では、SHマーク登録機器の使用を呼び掛けている。なお、電波漏えい防止のための機器交換には、国からの助成金を活用できる場合がある。

 問い合わせは、放送サービス高度化推進協会(A-PAB)で受け付けており、放送については0570-048-001、助成金については0570-048-068(ともに午前9時~午後5時、土日祝、年末年始は休み)まで。

新4K8K衛星放送

【気になる機器の価格は?】

 気になる価格は、チューナー内蔵の4Kテレビの場合、液晶画面であれば50インチで20万円程度、有機ELパネルは55インチで30万円程度になり、4Kチューナー単体は3~6万円程度と予想される。また、チューナー内蔵の8Kテレビは液晶画面の60インチで75万円前後、8Kチューナー単体でも25万円前後になる見込み。

 テレビやチューナーに録画機能が搭載されているものもあり、ハードディスクが2TB(テラバイト)のものであれば4K画質のままで約130時間の録画が可能となる。

 発売済みの機器はまだ少ないが、12月の放送開始を受けて順次発売されていく予定だ。


【開局日に南極から4K中継】

 NHK BS4Kでは、開局記念番組の中で世界初となる南極からの4K生放送を行う。多くのペンギンが子育てをする夏の南極。ダイナミックな野生動物の営みと氷河や氷山が織りなす造形美を映し出す。

 唯一の8KチャンネルとなるNHK BS8Kは、毎日午前10時から午後10時10分まで放送。スポーツ中継やドキュメンタリーの他、8Kの特長である22.2マルチチャンネルの音響を生かした大迫力のクラシックコンサートや音楽ライブをラインアップする。

 BS民放は、各局の人気番組を4K画質で視聴できる。


《視聴にまつわるアレコレ Q&A》
Q.今使っているテレビ(2Kテレビ)では視聴できなくなるの?
A.
地上波放送、BS放送はこれまで通り視聴できます。

Q.地上波放送が4K放送にはならないの?
A.
現時点では、地上波放送で4K放送や8K放送を行う予定はありません。

Q.4Kチューナーを購入すれば、2Kテレビで新4K8K衛星放送を視聴できるの?
A.
4Kチューナーが「2Kダウンコンバート対応」となっていれば、2K画質ですが、視聴できます。

Q.録画はできるの?
A.
これまでのBS放送と同様に録画できます。録画対応のチューナーも発売予定です。

Q.ケーブルテレビでも視聴できるの?
A.
ケーブルテレビ局により、サービス提供の有無、受信方法、視聴できるチャンネルが異なります。お住まいの地域のケーブル局からの案内をご確認ください。

Q.有料放送なの?
A.
無料放送のチャンネルもあります。

Q.4K対応テレビと4Kテレビの違いは何?
A.
「4K対応テレビ」にはチューナーが内蔵されていないため、別途購入の必要があります。「4Kテレビ」は、4K放送の受信機能も搭載しているテレビを指しますが、新4K8K衛星放送のチューナーは内蔵せず、ほかの4K放送のみに対応している場合もありますので、確認が必要です。


キーワード

関連記事
PAGE TOP