スペシャルインタビュー

特集

20周年を迎えるw-inds.が大人の恋の駆け引きを歌うニューシングル「DoU」をリリース!

 ’20年最初のシングル「DoU」をリリースするw-inds.が登場! 大人の恋の駆け引きを歌った同曲の制作秘話や、20周年を迎えるこれからのw-inds.についてたっぷりと語ってくれた。

──ニューシングル「DoU」について教えてください。

 「今回、いろんなジャンルを混ぜてみたらどうなるんだろうっていう自分の興味から始まって、サビはハウス、イントロはEDM…というふうに、いざ作ってみたらすごく良くて。2人に初めて聴いてもらったのはツアー中の大宮公演の時でした」

緒方 「車の中で聴きました(笑)」

 「一緒にいたからね。涼平くんは別だったので、会場で爆音のデモを聴かせよう、と(笑)」

緒方 「でっかいスピーカーで」

千葉 「贅沢だよね(笑)」

緒方 「聴かせてもらうと、展開がすごくて。聴いている人を飽きさせない手法が衝撃でしたね」

千葉 「僕はAメロのビートですごくテンションが上がるんですが、1曲を通してそのビートはAメロしかなくて。それもおしゃれというか、“いけずな慶太くん”の作り方というか、ねぇ~」

緒方 「いけずな(笑)」

──今回も、橘さんの高音と音域の広さが魅力ですね。

千葉 「ふとした時に感動します」

 「ふとした時(笑)?」

千葉 「ライブ中でも、バラードを聴いてる時に『慶太、うまいな…』って感じる瞬間がふとあるんだよ。あと、ずっと歌いながら踊るじゃないですか」

緒方 「特にファルセットの時とかブレやすいのに安定してる!」

──デビュー20周年を迎え、何か計画などはありますか?

 「個人的にやりたいな~って思ってるのは1stライブと全く同じ内容をやること(笑)」

千葉 「あぁー、復刻版ね(笑)」

 「涼平くん、DJやんなきゃ!」

千葉 「うわ~、まじであれからいじってないよ~(笑)」

緒方 「また楽器を弾くのは?」

千葉 「あ、それ楽しそうだね!」

──長くグループを続ける秘訣はありますか?

 「言いたいことをちゃんと言うってことじゃないかなぁ」

千葉 「ほんとそうなんだよね」

 「あと、言ってるとなじんでこない? 最初は『うるさいな~』って思っても、僕が言うのも普通になったでしょ(笑)」

緒方 「まぁでも、言われなくなる日を目指しますけどね!」

橘・千葉 「あはは!」

緒方 「こうして慶太くんに言ってもらえるわけですから(笑)!」

 「もう、“龍一くんがめちゃくちゃいい人だった”ということになりますね(笑)。結果、1人いい人がいたらうまくいく(笑)」

──最後にファンへの一言を。

 「長い間活動しているのでほんとにいろんな姿を見てくれていると思うんですが、ここからまたいろんなw‒inds.を感じてほしいです!」

緒方 「まずはこのシングルかな。MVでの慶太くんの輝きっぷりを見てほしいです!」

 「人のこと褒めて終わるの!?」

千葉 「新しい楽曲とパフォーマンスをお届けできる1年にしたいなと思います。以上…です!」

緒方 「たぶん、文字だと普通の“です”になっちゃうよ(笑)」

千葉 「あ、じゃあちょっと強めにお願いします。…デス!!!」

 「そんなことできるの(笑)?」


【OUR『大人な』MUSIC】

 「僕はアース・ウインド&ファイアーの『After The Love Has Gone』。2ndライブで歌ったこともあるんですが、ピアノのフレーズからしてバーで流れていそうな大人な曲です!」

千葉 「僕は…『ラブ・ストーリーは突然に』ですかね」

橘・緒方 「とぅくとぅーん♪(イントロを口ずさむ)」

千葉 「ドラマも含めですけど、見たのが子どもの頃だったので大人な印象が強いです」

緒方 「悩むけど…僕はジョン・レノンの『Happy Xmas(War Is Over)』かな!」


【プロフィール】 
w-inds.
3人組ダンス&ボーカルユニットとして’00年に結成。翌年には日本レコード大賞・最優秀新人賞を受賞し、以降も国内外で数々の賞を受賞。1月5日には台北で約10年ぶりとなる単独公演を開催した。
橘慶太(たちばな けいた)
1985年12月16日福岡県生まれ。射手座。
千葉涼平(ちば りょうへい)
1984年11月18日北海道生まれ。蠍座。B型。
緒方龍一(おがた りゅういち)
1985年12月17日北海道生まれ。射手座。O型。
【作品情報】 
シングル「DoU」
1月22日発売 
¥1,200ほか CD+DVD/CD(ポニーキャニオン)

大人の男女の駆け引きを歌った中毒性の高いダンスナンバー。今作も、メーンボーカルの橘慶太が作詞・作曲・編曲を行ったセルフプロデュース楽曲となっており、曲の展開からリズムの音色までこだわり抜いた渾身作。

撮影/峰フミコ





キーワード

関連記事
PAGE TOP