Feature 特集

佐々木希がEテレ「すてきにハンドメイド」MCに就任!「世界に一つだけの自分の好きなものを作れるのが魅力」2021/03/31

 編み物や刺しゅうなど、手作りの楽しさを分かりやすく伝える番組「すてきにハンドメイド」(NHK Eテレ)。新年度の4月1日から、佐々木希さんが司会に就任されます。そこで今回は初収録を終えたばかりの佐々木さんに、ハンドメードに対する思いや、番組の見どころなどを伺いました。

 収録の感想について佐々木さんは、「すごくアットホームな現場で、皆さんが温かく優しく迎えてくださったので、楽しく収録することができました。(共演する)洋輔さんも、初めてお会いした時から優しくて、打ち合わせの時から手芸を細かく教えてくださって助けていただいています」とコメント。さらに、「幼い頃から手芸が大好きだったので、オファーをいただいてすごくうれしいです。昔から母と祖母のまねをして、服のほつれたところを“縫って直す”ことから始まり、今もそれは継続しています」と佐々木さんが手芸を始めるきっかけも!

 これまでのハンドメード作品で印象に残っているものについて聞かれると、「昔、兄にあげたマフラーが一番大変でした。最近だと、去年はマスク作りしていましたね。ガーゼがなかなか手に入らなくて、子どもが使っていた“おくるみ”のきれいな部分をカットして、ミシンで作りました」と手芸を始めるきっかけとなったリメークが今でも生かされているとのこと。手元にある素材でマスク作りを思いつくとはさすがです…!

 番組を通して挑戦してみたい作品について「ファッションが好きなので、高度ですがワンピースとか作ってみたいですね。他にもヘアアクセサリーやピアスなど…ファッションが楽しくなるようなアイテムを作りたいです」と意欲を語り、不器用だけどハンドメードに挑戦したいという方に向けて「今回は編み物でバッグを教えてもらっているのですが、バッグの底を作った段階で終わればコースターとして使えることが分かりました!(笑)」と驚きの秘策(?)も教えていただきました! できることならば、諦めずにバッグを作りたいですね(笑)。

 最後に「本当に番組が丁寧に教えてくれるので、初心者の方や、今まで手芸に手を出せなかった方にもぜひ見てもらいたいです。初回放送はかぎ針を使った作品で、私も初めて挑戦したのですが、すごく分かりやすかったです。ハンドメードは世界に一つだけの自分の好きなものを作れるというのが魅力なので、いろいろな方にチャレンジしてほしいですね。毛糸を選ぶだけでも楽しいという感覚を体感してほしいです!」と視聴者に向けてメッセージを送りました。

 新たな気持ちで迎える新年度、家の中でチャレンジできる趣味を探す方にぴったりの番組です。自分や、自分の大切な家族や友人のために、世界で一つだけの“とっておき”を作ってみませんか? 初回放送は4月1日です。ぜひ、ご覧ください。

【番組情報】 

「すてきにハンドメイド」
NHK Eテレ 
木曜 午後9:30~9:54

NHK担当 M・M

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.