Feature 特集

「逃げるは恥だが役に立つ新春SP」那須田淳Pにインタビュー! 「結婚や家族が今視野にない人にとってもヒントや勇気が詰まっている作品」2021/01/02

 1月2日午後9時から「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」(TBS系)が放送されます。原作は海野つなみさんによる同名漫画で、2016年の連続ドラマは社会現象になるほど人気を博しました。そんな同作の続編がスペシャル版となって帰ってくるとあり、発表時には大きな盛り上がりを見せました。

 今回はプロデューサーを務める那須田淳さんにインタビュー。4年ぶりにおなじみのキャスト陣が再集結した現場の様子や、スペシャル版の見どころについて語っていただきました。

──「恋ダンス」などで社会現象を巻き起こした大人気作が帰ってくるとあって、スペシャル版放送の発表時には大きな話題となりました。今作の制作に至った経緯を教えていただきたいです。

「現代の生き方のヒントになるテーマを描いていたこともあり、連続ドラマは好評で、たくさんの方に共感していただくことができました。続編を作りたい気持ちはずっとあって、連ドラの放送が終わってからみくり(新垣結衣)と平匡(星野源)はあの後一体どうなったのかなとか、結婚後のストーリーを描くとしたら…と、ずっと考えていたんです。今回のスペシャル版を制作するにあたって、どのようにストーリーを紡いでいくのがいいか、海野さんにご相談してから本格的に制作が始まりました」

──連続ドラマの脚本を担当し、今年は「MIU404」(同系)でも話題になった野木亜紀子さんが続投されますね! 制作にあたってどのようなお話をされましたか?

「“今年らしく”というテーマで作りたいという話をしました。今の日本の現状を反映させて、自分たちが今年体験してきた世の中の変化を含めて今回の特別編を作れたらいいなと。そして、結婚の先にあるどんな夫婦にも起こりうる事を作品の中でも描こうと決めました」

──4年ぶりの現場はいかがでしたか?

「4年という期間は長いのか? 人それぞれだと思いますが、4年ぶりに同じ役を演じるというのは俳優さんにとっては心配もあったのではないでしょうか。でも、新垣さんと星野さんはお芝居を始めたら、すっと“逃げ恥”の世界に戻れたような感覚がありました。大事なシーンから撮影が始まったので、一気にスペシャル版の世界観に入れたのでは」

──キャストやスタッフ陣が再会した時の様子はどうでしたか?

「再会は本当にうれしかったですね。撮影は今年の秋で、この大変な時期でした。4年前と同じようにとはいきませんでしたが、みんなで再会を喜びあいながら慎重に取り組みました。前作と同じスタッフが集まる現場だからこそ言葉にしなくても分かりあえることがあり、気持ちを共有できた。“逃げ恥”がどういうメッセージを持った作品なのかをみんな分かっていたことに感動しました」

──今作の撮影であらためて感じた新垣さんと星野さんの魅力もお伺いしたいです!

「みくりと平匡がいろいろな困難をどうやって乗り越えていくのかが見どころであり、“逃げ恥”の魅力だったと思うのですが、そんな2人が結婚という大きな転機を迎えた後にどんな生活を送って、どんな壁にぶつかり、どんな話し合いをして生きていくのかを見てみたかったんです。実際に撮影が始まって、新垣さんと星野さんが演じる“少し年齢を重ねて成長したみくりと平匡”の姿を見た時に、こういうふうに2人は成長したんだと実感できて、お芝居で楽しませてくれる2人の素晴らしさをあらためて感じました」

──みくりと平匡の新たな一面も見られそうですね! 印象に残っている制作中のエピソードはありますか?

「この“逃げ恥”の制作に込める思いがキャストとスタッフ一同、一緒なんだと実感できたのが印象的でした。俳優さんたちが4年のブランクを感じないくらい自然に現場に戻ってバージョンアップした“逃げ恥”ができたように、僕たちスタッフもあまりブランクを感じず、どんどんアイデアを出して話し合うことができたんです。今起こっていることをテーマにするというのは野木さんから提案があったことなのですが、僕らも、もともとそうしたいと思っていたこともあって、活発に意見交換をしながら制作に取り組めたと思います」

──なるほど。そういえば今回のタイトルには“ガンバレ人類!”という力強いメッセージが入っていますよね。

「“ガンバレ人類!”というタイトルは、言葉としては大きく出ているかもしれませんね。でも、いろいろなことが起きて大変な世の中で、人が一生懸命生きて幸せを目指していく時期なので、『頑張ろうね、みんな!』という言葉は多くの人に共感してもらえるんじゃないかな。野木さんが一番最初に脚本に書いてくださっていたのを見て僕自身が共感し、ぜひこれをタイトルにしましょうと提案して、すんなり決まったものなんです」

──新たな年のスタートにふさわしいエールをもらえそうな予感です! では、那須田Pがぜひ注目して見てほしいところはどこでしょうか?

「結婚して家族を作っていく中で、どんな家庭でもぶつかる壁ってあると思います。そんな壁をどうやって乗り越えようかと2人が話し合っていく様子は、やはり注目してほしいです。若い人たちにとってはこれからのこととして。家庭を持っている人には、現在進行形で共感してもらえると思います。結婚や家族という言葉が今視野にない人にとっても、いろいろなヒントや勇気が詰まっている作品だと思うので、幅広い世代の人々に楽しんでもらいたいです。そして、世の中の今現在の姿もドラマとして捉えられていると思います。そこに挑戦すること自体にもヒントや勇気があることなので、その“逃げ恥”らしさも感じていただきたいです」

──では最後に、前作で社会現象となった「恋ダンス」は期待してもいいですか?(笑)

「(笑顔を見せながら)今回らしい演出を考えています! ぜひ期待していてください!」

【番組情報】

「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」
TBS系 
1月2日 午後9:00〜11:25

TBS担当 A・M

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.