Feature 特集

石原さとみ主演「アンサング・シンデレラ」が待望のスタート。薬剤師にスポットライトを当てた感動作2020/07/16

 石原さとみ主演の「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)が、3カ月の放送延期を経て、今夜いよいよ放送される。日本の連続ドラマ史上初となる病院薬剤師を主人公にした本作は、SNS上で「待ちきれない」との声も多く、既に注目度も高そうだ。

 石原が演じる主人公・葵みどりは、キャリア8年目の病院薬剤師。「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとっては何より大切」という信念を持ち、患者一人一人と真摯に向き合っていく。ほかの薬剤師からは効率化を指摘されることもあるが、それでも「患者の“当たり前の毎日”を取り戻すため」に奮闘する姿が描かれる。

 ここでは、待望の第1話でぜひ注目してほしい見どころを紹介!

個性豊かな薬剤部のキャストが超豪華!

 まず注目すべきなのは、みどりの所属する薬剤部のシーン。仕事に消極的な新人・相原くるみを西野七瀬が演じるほか、効率主義の主任・刈谷奈緒子を桜井ユキが、部のムードメーカー・羽倉龍之介を井之脇海、院内のゴシップが大好きな工藤虹子を金澤美穂、副部長の瀬野章吾を田中圭、そしてハラスメントに敏感な部長・販田聡子を真矢ミキが演じ、超豪華な顔ぶれがそろっている。さらに、医師や患者役にも名だたる面々が登場するが、それだけどの登場人物にも見せ場があるということかもしれない。

 そして、多忙を極める薬剤師たちの会話がかなりテンポよく描かれているのも見どころだ。薬剤師の忙しさを知りあ然となる一方で、コミカルで笑える1コマも登場する。個人的には、スピード感漂う薬剤師たちの中で、唯一ニコニコしている癒やしの存在・羽倉ににぜひ注目してほしい(笑)。脚本を手掛けるのは「グランメゾン東京」(2019年/TBS系)の黒岩勉。仕事に追われながらも、どこか温かい雰囲気を醸し出す彼らを、これからどんなチームに仕立て上げていくのだろうか。

石原さとみの「強くて優しい女性像」がカッコいい

 前半の疾走感から一変、後半ではみどりが患者に向き合う姿をじっくりと描いている印象だ。石原といえば、つい最近まで再放送もしていた「失恋ショコラティエ」(2014年/同系)などの“かわいい”イメージが強い人も多いはず。しかし、今回のみどりは、かわいいというよりは“強くて優しい女性”といえるだろう。

 薬剤師は、医師が出した処方箋に対し疑問があれば“疑義”と呼ばれる問い合わせをし、患者の治療に最も適した薬を提供するという、重要な責務を負っているそう。みどりはこの“疑義照会”をするのだが、偉そうな医師に立ち向かっていくシーンは、彼女の心(しん)の強さが表れている大事な場面。これを見て「石原さとみは“強い女性”も似合うんだった…」と、思わずハッとしてしまった。

 その一方で、薬剤師が病気を直接治す役割でないからこそ、患者の心と向き合っていくさまに感動する。初回では、手術などの技術的なシーンではなく語りかける描写が多いかもしれないが、そこにみどりの優しさが描かれていた。強さと優しさを兼ね備えた女性像は、多くの人に響くだろう。石原の熱演に注目だ。

今だからこそ見てほしい心温まるストーリー

 そして、コロナ禍の今だからこそ、医療に従事してくださっている人々の存在を身近に感じられたようにも思えた。みどりたちのように直接患者から感謝されることがなかったとしても、人の命を助けるために毎日忙しく働いている人がたくさんいるのだと痛感する。日常が奪われつつある中で、気持ちに余裕がなくなってしまうこともあるかもしれないが、この作品を見れば、人の温かさや、多くの人に支えられているという有難みなど、気付くことがたくさんありそうだ。

 「アンサング・シンデレラ」は、単なるフィクションとしてではなく、多くの人に受け取ってもらうべき作品。そういった意味では、ほかのお仕事ドラマとは一線を画す存在であるかもしれない。今夜の放送を、ぜひお見逃しなく。

【番組情報】

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」 
7月16日スタート 
フジテレビ系 
木曜 午後10:00〜11:09(初回は、午後10:00~午後11:09)

フジテレビ担当 M・F

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.