Feature 特集

今夜すべてが判明!「トモダチゲームR4」友一 VS ノベルの因縁、そして真の裏切り者は誰なのか!?2022/09/10

 原作・山口ミコト氏、漫画・佐藤友生氏による大人気コミック「トモダチゲーム」(講談社「別冊少年マガジン」連載)を映像化した考察系ドラマ「トモダチゲームR4」(テレビ朝日系)。ジャニーズJr.の美 少年&HiHi Jetsが、“アイドルの笑顔”を封印して超ブラックな裏切り合戦を繰り広げていることで話題となっている今作が、いよいよ最終回を迎える。

 「友情の檻ゲーム」に参加したプレーヤーたちは、全員でのクリアに向けドミノを並べ続ける傍ら、脱獄をもくろむ者、無記名投票による追放システムを利用して邪魔者を排除しようとする者と、激しい心理戦を繰り広げてきた。

見張りのいない1日が始まる。「友情の檻ゲーム」を勝ち抜いたのは誰!? 

 先週放送の第7話では、鍵を手に入れたと名乗る者へ、「クリア報酬1億円の9割をゲームクリア時に譲渡する」という念書を提出するかどうかで意見が対立。少数派となった片切友一(浮所飛貴)、美笠天智(佐藤龍我)、紫宮京(藤井直樹)、クロキサトル(深水元基)の4人は、追放を免れるために手を組み、ある作戦を実行。裏でゲームを操ろうと画策していた種田流星(小越勇輝)の追放に成功した。

 大量の追放者と失格者が出たことで、残り4人となった「友情の檻ゲーム」は、いよいよ最終局面。見張りのいない1日を目前にして、表面上は友一、天智、紫宮との協力体制を続けようとするクロキだが、ひそかに鍵を入手。見張りのいない日に、友一らを裏切って1人で脱獄しようともくろんでいた。巨額の賞金を独り占めし、友一らにほえ面をかかせてやると1人で浮かれるクロキだが、彼を待ち受けていたのは想定外のどんでん返し! 「友情の檻ゲーム」を勝ち抜いたのは、誰なのか!?

ついに、友一 VS ノベルが直接対決!「真の裏切り者」も明らかに

 さらに最終回では、友一と「トモダチゲーム」の主宰者・火室ノベル(菊池風磨)が、ついに直接対決! 何より大切にしてきた友達との関係を引き裂かれ、「運営をぶっつぶす!」と怒りに燃える友一と、これまで秘めてきた友一との複雑な過去を激白したノベルの因縁の対決が火ぶたを切ることに…。

 ノベルが友一に持ち掛けた最終ゲームは「トモダチ絶交ゲーム」。天智や四部誠(井上瑞稀)、心木ゆとり(横田真悠)、そして訳あって運営側で活動を続けてきた沢良宜志法(久保田紗友)を人質に取って檻の中に閉じ込めたノベルは、友一に「この中から真の裏切り者を見つけ出して、そいつとの友情絶て!」と迫る。裏切り者が判明したら、その人物とは二度と会えない…。苦渋の決断を迫られた友一が出した答えとは…?

 一体誰が友一たちをハメたのか、そもそも誰が「トモダチゲーム」に巻き込んだのか…ついに今夜、真の裏切り者が判明!

 また、最終章で友一の指示でひそかに多数派に紛れ込んでいた四部を演じて、繊細な表情の演技が好評を博した井上からコメントも到着! 「裏切り者は誰なのか、最後の最後まで怒濤(どとう)の展開が続きます。皆さんも一緒に考えて、ハラハラしながら楽しんでもらえたらなと思います」という井上の言葉どおり、最終回は一瞬も見逃せない展開が連続。究極の心理ゲームの結末はいかに!?

井上瑞稀 コメント

「美 少年は、夏のドラマが今年で3年目ということもあり、スタッフさんの“美 少年愛”をすごく感じました。正直うらやましくすら感じました(笑)。浮所くんは過酷なスケジュールの中、セリフ量も含めてものすごく大変だったと思いますが、明るくチームを引っ張ってくれて感謝しかないです。(鬼瓦百太郎役の)猪狩蒼弥くんとは同じグループということもあり安心感がすごくありました。風磨くんは僕のことをずっといじって、けたけた笑ってらっしゃいました(笑)。そして僕自身、撮影を通して四部誠という人間が愛おしくてたまらなくなりました。“四部ピース”を求められる機会が増えたなと思います。裏切り者は誰なのか、最後の最後まで怒濤の展開が続きます。皆さんも一緒に考えて、ハラハラしながら楽しんでもらえたらなと思います。そして、Cグループの熱い男の友情にも注目です!」。

【番組情報】

オシドラサタデー「トモダチゲームR4」
テレビ朝日系
土曜 午後11:00~深夜0:00

テレビ朝日担当 K・K



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.