Feature 特集

友野一希選手、山本草太選手、須本光希選手のインタビュー掲載!「西日本選手権2019」男子シニアの戦いをリポート2019/11/06

11月2~4日に滋賀県立アイスアリーナで開催された「西日本選手権2019」。男子シニアでは友野一希選手が優勝、山本草太選手が2位、須本光希選手が3位になりました。

ショートで4回転ジャンプが決まらず6位と出遅れた友野選手ですが、フリーでは4回転サルコウのコンビネーションジャンプを着氷。完璧な演技とはなりませんでしたが、地力の強さを見せ、フリー1位の149.41点、合計214.55点で逆転優勝を果たしました。

フリー演技後の囲み取材の模様を紹介します。

── フリーの演技を振り返って、今の気持ちをお聞かせください。

友野 「最初から勢いよくいけたという印象がありますが、(トリプル)アクセルでフォームが崩れてしまったのが悔しいです。あとは決まるところは決まってきているので、少しは次の(グランプリシリーズ)ロシア杯(ロシア大会)につなげることができる演技ができたんじゃないかな、と前向きに捉えたいです」

── 4回転ジャンプの手応えはいかがですか?

友野 「4回転トウループは悔しいですが、次の4回転サルコウを着氷することができたのは自分の中で収穫です。しっかり練習してきたことが出せたので、そこはうれしいです」

── 昨日のショートからどういった部分を修正しましたか?

友野 「やはり2本目の(4回転)サルコウが重要になってくると感じているので、クリアできたのは良かったですが、(トリプル)アクセルが本当にもったいないなと思いますし、ショートがダメだったから点数も伸びない。また、(フリーは)最終グループでやらなければいけなかったと思います。しっかり自分と向き合って、次のグループ(最終グループ)の演技も見て、勉強していきたいと思います」

── 近畿選手権2019ではメンタル面が課題だと話していましたが、その部分はいかがですか?

友野 「気持ちの面は以前に比べて、少しずつではありますが良くなってきました。あとはそれを体でコントロールできるようにしたいと思います」

── 前向きになれたということでしょうか?

友野 「すごくポジティブに試合に臨めています。凹んでも仕方ないということが分かったので、冷静に、あまり感情を出さずに、しっかり自分を分析していきたいと思います。修正すべきところを次に向けてただただ練習していくだけ。そこ(ポジティブかつ冷静な感情)を大切にしていかないと、僕らしい演技はできないということが分かってきたので…(苦笑)。自分らしい演技ができるように、課題のジャンプをクリアできるように頑張っていきたいと思います」

── 次戦のグランプリシリーズ・ロシア杯に向けて、意気込みをお願いします。

友野 「フリーはまだノーミスはできていませんが、少しずつ良くなってきている印象なので、あとはショートかな。しっかりショートで勢いをつけていいイメージを持ってフリーに臨めるように、ショートの練習に取り組んでいきたいと思います」

── ロシア大会では表彰台を狙っていきますか?

友野 「しっかり自分の演技ができれば、表彰台も自ずと見えてくると思うので、そこは自信を持って。ただ、今はそれを言えるような完成度ではないので(苦笑)、残り2週間、練習するしかないと思います」

── ロシア大会にはポジティブなイメージが持てていますか?

友野 「今のままでは可能性もないのに望んでいるだけになってしまうので、練習でしっかりカバーしていきたいなと。ただ練習での完成度はすごく上がってきていますし、いつかそれが試合でしっかり出せるだろうという手応えはあります。だからこそ、今こうして落ち着いて冷静に自分を分析できているのかなと思います」

ショートでは鮮やかな4回転トウループを決め、首位発進を決めた山本選手。フリーはジャンプが乱れましたが、後半のステップ、スピンでは観客の心をつかむレベル4の演技を見せ、合計213.84点で2位となりました。

── フリーを振り返っていかがですか?

山本 「ジャンプが難しいな、と感じました。成功できる感覚が持てないので、『練習が足りないな』と思っています」

── 具体的にどういった部分がうまくいっていないと感じましたか?

山本 「体のコンディションは良かったですし、気持ちもだいぶ前向きでしたが、結局技術が追いついていない。(フリーには)4回転を3本入れていますが、まだまだ入れられる技術が自分にはないと感じました」

── 次戦のグランプリシリーズ・NHK杯へ向けての課題は何でしょうか?

山本 「ジャンプを全部決められるようにしたいです。今日は思い切りできたと思いますが、やはりあれだけ失敗してしまうと点数が伸びないので、ジャンプを決められるようにしたいです。今シーズンはNHK杯に限らず、すべての試合で結果を出したいと思って行動に移していますが、まだまだ実行できていないので、もっと頑張ります」

── ジャンプのミスは、焦りが原因でしょうか?

山本 「下手なんだな、と思います。跳べるイメージが全然ないので…」

── ジャンプの不調はいつからでしょうか?

山本 「練習の中では今週からあまりよくなかったのですが、結局どの試合でも決められていないので、“試合で全部入れる”という力がまだまだ足りないのかな、と。『跳ぶぞ』という強い気持ちはあるのですが、気持ちだけではどうにもできないので、やはり技術が必要だと感じています」

── 腕の使い方など、表現面では進化を感じました。

山本 「全部(ジャンプを)着氷できておらず、体力を温存できている部分があるので…。きっちり全部(ジャンプを)決められるようにして、ステップやスピンなど表現を思い切って全力でいけるようにしたいです」

今シーズンからシニアに本格参戦を果たした須本選手。伸びやかでスピード感あふれるスケーティングや美しいスピンなど持ち味を発揮し、合計211.47点。3位で2年ぶりとなる全日本選手権2019の切符をつかみました。

── フリーを振り返って感想をお願いします。

須本 「ショートと比べたら今日のフリーの方が緊張は少なくできましたが、自分が“練習してきたものとは、ちょっと違った演技だったと思います」

── 具体的にどの部分が異なりましたか?

須本 「まず疲れが…。アクセルがステップアウトしたところから少しずつ足に疲れがきたので、もっと練習しないといけないな、と思いました」

── 演技後、足を抑えるしぐさをしていましたが、どのような理由からですか?

須本 「ステップが終わったあたりから『最後までもたないかもしれない』というくらい足に疲れがきていて、クロスするのもしんどくて…。ちょっとつなぎの部分が抜けた感じがしたのですが、でも最後までジャンプを大きなミスなくできたのは良かったです」

── 2年ぶりの全日本選手権へ向け、意気込みをお願いします。

須本 「2年前とは自分の中での勢いが違います。全日本だからといって普段と違うことをするのではなく、しっかり自分がやってきたことを出していけるように練習していきたいです」

── 目標を教えてください。

須本 「結果を意識するとあまりよくないので、結果というものは考えていませんが、世界ジュニアにもう一度行きたいという気持ちはあります」

── シニアで戦う上で、自分の中ではどれくらいの位置にきていると思いますか?

須本 「(ジュニアの最終シーズンは)1年を通じて『楽しかった』という経験をしました。シニアに上がったらもっと気持ちも軽くなって練習も楽しくなるかなと思っていたのですが、そんなに簡単にはいかず、自分の中では今のところ苦しいシーズンです。でも、全日本に出たいと思ったからシニアを選んだので、その第一目標を達成できて良かったです」

3選手とも悔しさが残った大会でしたが、それぞれが課題を見つけ、次戦に向けて闘志を燃やしていました。友野選手は11月15日からのグランプリシリーズ第5戦・ロシア大会、山本選手は11月22日からのグランプリシリーズ第6戦・NHK杯、そして須本選手は12月19日からの全日本選手権2019に出場します。選手たちが最高の演技ができるように、全力で応援しましょう!

撮影/高橋学

<放送情報>

【フィギュアスケートグランプリシリーズ2019】

●第5戦ロシア大会

【地上波】テレビ朝日(関東地区)
11月15日(金)深夜0:20~1:50 録画(男子ショート)

【地上波】テレビ朝日系
11月16日(土)午後6:56~9:24 録画(女子ショート、男子フリー)
11月16日(土)深夜2:00~3:15 録画(女子フリー)

【BS】BS朝日
11月17日(日)午後9:00~11:30 生放送(エキシビション)
11月18日(月)午後7:00~8:30 録画(男子ショート)
11月18日(月)午後8:30~9:54 録画(女子ショート)
11月19日(火)午後7:00~8:30 録画(男子フリー)
11月19日(火)午後8:30~9:54 録画(女子フリー)

【CS】テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ
12月19日(木)午前8:05~10:55 録画(男女ショート)
12月20日(金)午前8:05~9:45 録画(女子フリー)
12月21日(土)午後0:00~1:40 録画(男子フリー)
12月21日(土)午後1:40~4:00 録画(ペアショート、ペアフリー)
12月21日(土)午後4:00~6:20 録画(アイスダンスリズム、アイスダンスフリー)
12月22日(日)午後5:00~7:30 録画(エキシビション)

●第6戦NHK杯

【BS】NHK BS1
11月22日(金)午後0:25~1:55 生放送(アイスダンスリズムダンス)※放送時間延長の場合あり
11月22日(金)午後2:15~3:35 生放送(ペアショート)※放送時間延長の場合あり
11月22日(金)午後4:45~7:30 生放送(男女ショート)※放送時間延長の場合あり
11月23日(土)午前9:00~9:50 録画(女子ショート)
11月23日(土)午前10:00~10:50 録画(男子ショート)
11月23日(土)午後0:00~2:00 生放送(アイスダンスフリーダンス)※放送時間延長の場合あり
11月23日(土)午後2:30~4:10 生放送(ペアフリー)※放送時間延長の場合あり
11月23日(土)午後4:40~6:05 生放送(女子フリー)※放送時間延長の場合あり
11月24日(日)午前9:00~9:50 録画(女子フリー)
11月24日(日)午前10:00~10:50 録画(男子フリー)
11月24日(日)午後0:00~0:55 生放送(エキシビション)※放送時間延長の場合あり

【BS】NHK BS8K
11月22日(金)午後0:30~2:20 生放送(アイスダンスリズムダンス)※放送時間延長の場合あり
11月22日(金)午後2:20~4:55 生放送(ペアショート)※放送時間延長の場合あり
11月22日(金)午後4:55~7:05 生放送(女子ショート)※放送時間延長の場合あり
11月22日(金)午後7:05~8:45 生放送(男子ショート)※放送時間延長の場合あり
11月23日(土)午後0:15~2:35 生放送(アイスダンスフリー)※放送時間延長の場合あり
11月23日(土)午後2:35~4:50 生放送(ペアフリー)※放送時間延長の場合あり
11月23日(土)午後4:50~7:25 生放送(女子フリー)※放送時間延長の場合あり
11月23日(土)午後7:25~9:45 生放送(男子フリー)※放送時間延長の場合あり
11月24日(日)午後0:00~3:00 生放送(エキシビション)※放送時間延長の場合あり

【地上波】NHK総合
11月22日(金)午後7:30~8:45 生放送(男子ショート)
11月22日(金)深夜0:20~1:10 録画(女子ショート)
11月23日(土)午後6:05~6:45 生放送(女子フリー)
11月23日(土)午後7:30~9:45 生放送(男子フリー)
11月24日(日)午後1:05~3:00 生放送(エキシビション)
11月30日(土)午後4:20~6:00 録画(総集編)

【全日本フィギュアスケート選手権2019】

【CS】フジテレビONE スポーツ・バラエティ
12月19日(木)午後5:00~7:00 生放送(女子ショート第1~2グループ)
12月20日(金)午後4:10~7:00 生放送(男子ショート第1~3グループ)
12月21日(土)午後5:00~7:00 生放送(女子フリー第1~2グループ)
12月22日(日)午後5:00~7:00 生放送(男子フリー第1~2グループ)

【CS】フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
12月23日(月)午後7:00~9:50 録画(女子ショート第3~5グループ)
12月24日(火)午後7:00~9:00 録画(男子ショート第4~5グループ)
12月25日(水)午後7:00~9:30 録画(女子フリー第3~4グループ)
12月26日(木)午後7:00~10:00 録画(男子フリー第3~4グループ、アイスダンスフリー、ペアフリー)

「KISS&CRY」とは?

「KISS&CRY」シリーズは、日本のフィギュアスケーターの皆さんをフィーチャーし、その「戦う」姿、「演じる」姿を合計50ページ超のグラビアでお届けしています。つま先から指先・その表情まで、彼らの魅力を存分に伝えます。また、関連番組テレビオンエアスケジュールも掲載。テレビの前で、そして現地で応援するフィギュアスケートファン必携のビジュアルブックです。
Twitterアカウント:@TeamKISSandCry



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.