Drama Guide ドラマガイド

ドラマNEXT「パティスリーMON」2024/03/01

番組情報

1月10日 スタート テレ東系 毎週水曜 深夜0:30~深夜1:00

あらすじ(第9話 3月6日放送)

ドラマNEXT「パティスリーMON」/第9話

音女(畑芽育)への思いが実らなかった土屋(中川大輔)は「MON」を辞め、ホテルのパティシエとして働き始めた。大門(濱田崇裕)への思いに気付いた音女は、彼からスイーツビュッフェに誘われる。会場で、大門は以前働いていた店のシェフ・加瀬(桐山漣)とその妻・かな子(安達祐実)に再会し…。

キャラクター紹介

  • 山崎音女(畑芽育)
    新米パティシエ。無職になり悩んでいた時に幸平から声を掛けられ、フランス洋菓子店「パティスリーMON」で働くことに。趣味はお菓子作り。恋愛経験ゼロだが、運命的な恋愛を信じる21歳。
  • 大門勇(濱田崇裕)
    「パティスリーMON」のオーナー・パティシエ。かつて働いていた女性たちの印象から、店で働くことになった音女に最初は厳しく当たる。
  • 土屋幸平(中川大輔)
    「パティスリーMON」のパティシエ。音女の元家庭教師で、憧れの存在だった。

出演者

畑芽育/濱田崇裕/中川大輔 ほか

スタッフ・音楽

原作:きら「パティスリーMON」(集英社)/脚本:鈴木裕那/監督:河原瑶/チーフプロデューサー:山鹿達也/プロデューサー:江川智/プロデューサー:黒沢淳/プロデューサー:河原瑶
主題歌:清水美依紗「Sugar」/エンディングテーマ:WEST.「あじわい」

概要

畑芽育が“あまキュン”ラブストーリーで主演。濱田崇裕、中川大輔と三角関係に

2024年冬ドラマガイド/ドラマNEXT「パティスリーMON」

女性向け漫画雑誌「YOU」(集英社)に掲載された、きらの同名漫画を連続ドラマ化。趣味のお菓子作りをきっかけにフランス洋菓子店「パティスリーMON」で働くことになる、恋愛経験ゼロのピュアな主人公・山崎音女役で、畑芽育が同系ドラマ初主演を務める。音女を巡る三角関係の相手で、WEST.・濱田崇裕と中川大輔が共演。“あまキュン”なラブストーリーを展開すると同時に、スイーツに情熱を注ぐパティシエ仲間たちとの仕事を通じた、甘いだけではない成長物語にもなっている。

記者会見情報

ドラマNEXT「パティスリーMON」/会見

テレ東系で放送するドラマNEXT「パティスリーMON」の制作発表記者会見が行われ、主演の畑芽育、共演の濵田崇裕(WEST.)、中川大輔、パース・ナクン、本田仁美(AKB48)、山崎紘菜が登壇した。同作は、趣味のお菓子作りをきっかけにフランス洋菓子店「パティスリーMON」で働く主人公の成長と恋の三角関係を描く“あまキュン”ラブストーリー。濵田は「オーナーシェフの役なのですが、ケーキ作り、お菓子作りをやったことがなかったので、みんなよりかなり前から先生とマンツーマンでやらせていただきました。撮影でもお菓子を作ったりしている手元は僕たち自身ですし、お店の前に飾っているお菓子は実際に僕たちが作ったものです」と見どころをアピール。畑は「コミカルな部分もあれば胸キュンするシーンや甘酸っぱいシーンもあります。みんなの練習の成果がドラマにも出ていると思いますので、そちらにも注目してください」と会見を締めくくった。


みんなの練習の成果がドラマにも出ていると思います(畑芽育/山崎音女)

「ドラマNEXT「パティスリーMON」会見:畑芽育/山崎音女

濵田さんはOKが出るたびに「よっしゃー!」「やった!」って声を出して喜んでいるんです。ワンカットごとでも喜びを抑えきれないというその姿が大事だなと思い、見習ってやっています。今回スイーツがテーマのドラマなのですが、母が無類のプリン好きなので、作ってあげたいなと思っています(笑)。私は物語の序盤は見習いとして働き始めるのですが、そこではほとんどカスタードを作ってるんですよ。3リットルぐらいの銅鍋で作るので右腕がパンパンになって(笑)。普通に作るだけでも大変なのに、撮られているので、演技をしつつ作るという二つの作業をするのが大変でした。この作品はラブコメの要素があって、コミカルな部分もあれば、胸キュンするシーンや甘酸っぱいシーンもありますし、美しいスイーツも出てきますので、1秒たりとも目が離せないようなすてきな作品になったと自信を持っています。そんな中で、オープニング、エンディングテーマもすてきな相乗効果になっていると思います。そして、シェフたちをはじめとしたみんなの練習の成果が、ドラマにも出ていると思いますので、そちらにも注目してみてください。


2カ月も前から練習。お菓子を作ったりする手元は僕たちです(濵田崇裕/大門勇)

「ドラマNEXT「パティスリーMON」会見:濵田崇裕/大門勇

僕は今回オーナーシェフということだったのですが、ケーキ作り、お菓子作りをやったことがなかったんです。だから、みんなより2カ月も前から先生とマンツーマンでやらせてもらっていました。撮影のシーンでも、お菓子を作ったりする手元は僕たちです。あと、お店の前に飾ってあるお菓子は実際に僕たちが作ったものなので、そこにも注目してほしいですね。撮影で苦労した点は姿勢ですね。普通、デコレーションをしたりする時って、顔を寄せるじゃないですか。でも撮影なので立ったままの姿勢でやるので見えない(笑)。あと、役柄がクールなので、無表情で呼吸法も変えて。OKがかかると、フラッとしちゃうことがありました。あと現場で撮影中に誕生日を迎えまして、みんなが祝ってくれたんですよ。その時、先生が誕生日ケーキを作ってくださって。今までの人生で一番おいしかったですよ。持ち帰り用のケーキもいただいたので、(WEST.の)メンバーの神山(智洋)と一緒に食べたんですが、神山も人生で一番おいいって言ってましたね。


濵田さんと同じく、姿勢や見た目は気にしています(中川大輔/土屋幸平)

「ドラマNEXT「パティスリーMON」会見:中川大輔/土屋幸平

2カ月の練習の成果か、濵田さんが一番上手なんですよ。最後の練習の時に作ったショートケーキが、お店で作っているようなケーキで。すごい説得力を持っていたのが印象に残っています。僕もドラマの練習用にケーキ作りのセットをいただいたので、それを使ってこれまで3個ぐらいホールケーキを作りました。作るごとに楽しく、おいしくなっていって、どうしたらもっとおいしくなるのかなって。クランクアップの時に現場に何か持っていければいいですね。僕もやはり濵田さんと同じく、姿勢や見た目は気にしていて。前日はむくまないようになるドリンクを飲んだり、現場ではスイーツをいただいたりするので、それを食べたら走ったりとかをして、シンプルにダイエットを頑張っています。


今年初めて日本でバレンタインデーを過ごすので期待しています!(パース・ナクン/梅田レオン)

「ドラマNEXT「パティスリーMON」会見:パース・ナクン/梅田レオン

現場で待機している間に、ほかのキャストとしりとりをやって、そこで面白い日本語を教えてもらっているのが、すごく印象に残っているというか、楽しいです。芽育ちゃんが「無理心中」「当て馬」、D(中川)が「イソギンチャク」とかを教えてくれました(笑)。もうすぐバレンタインデーですけど、僕は外国のバレンタインしか経験してなくて。外国にはホワイトデーがないので、バレンタインデーに交換しますね。チョコレートはあまりなくて、プレゼント交換ですね。日本の少女漫画が大好きで、バレンタインデーに憧れがあったんですけど、今年初めて日本でバレンタインデーを過ごすので期待しています!撮影で苦労している点は、僕が演じるキャラクターは原作では小さくて細い子なのですが、僕はプライベートで筋トレとか大好きなんです。だから筋トレを抑えているのが大変です。これ以上大きくならなければOKとは言われたので、そうならないようにキープしながらやっています(笑)。


AKB48を卒業するので、スタッフやメンバーにクッキーとかを焼いてプレゼントできれば(本田仁美/塚原キヨミ)

「ドラマNEXT「パティスリーMON」会見:本田仁美/塚原キヨミ

私はすでに撮影を終えているんですけど、最後にこれを撮ればオールアップだというシーンで、ベンチコートを着ていた濵田さんがお店の外に映り込んでしまい撮り直したというのが印象に残っています(笑)。今回スイーツがテーマのドラマなので、私事ですが今月AKB48を卒業するということで、スタッフやメンバーにクッキーとかを焼いてプレゼントできればと思っています。今回私はマッサージ店で働いている子なのでマッサージをするんですけど、人にちゃんとマッサージをしたことがなかったので大変でした。セリフを話しながらというのもそうなのですが、畑さんとは会って2日目とかで足裏まで触ってマッサージをしたので、「痛くないかな」「嫌じゃないかな」と思いながらやっていました(笑)。


芽育ちゃんに「ごめんね」と言いたいです(笑)(山崎紘菜/片岡雪)

「ドラマNEXT「パティスリーMON」会見:山崎紘菜/片岡雪

私は途中から参加させていただいたんですけど、本当にみんなが撮影の合間でも練習されていて。中川くんがプライベートで一からシフォンケーキを作ったと聞いて、そこまで達したのかと驚きました。私の役どころが少し誤解されやすいキャラで、視聴者の方にそれだと共感を得られないかなと思ったので、人間味を持って共感を得られるにはどうしたらいいかなと思いながら演じさせていただいています。そんな中で、中川くんに自分の心境をぶつけるシーンがあり、そこの心の叫びをちゃんと出せたらいいのかなと、そこから考えて演じていきました。あと、それを踏まえてこの場をお借りして、芽育ちゃんに(役ですごいことを言ったので)「ごめんね」と言いたいです(笑)。

この記事をシェアする


   
Copyright © TV Guide. All rights reserved.