Drama Guide ドラマガイド

木ドラ24「量産型リコ -もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-」2023/09/01

番組情報

6月29日~8月31日 テレビ東京系 毎週木曜 深夜0:30~深夜1:00

キャラクター紹介

  • 小向璃子(与田祐希)
    就職活動中に思いついたフードシェアリングのアイデアを基に、大学の同級生だった高木と浅井と共に、スタートアップ企業「ドリームクレイジー」を立ち上げ、社長に就任。明るく活発で友達も多いタイプ。ユニコーン企業を目指しアイデアをひねり出す日々の中、「矢島模型店」でプラモデルと出合い、人生に転機が訪れる。
  • 高木真司(望月歩)
    璃子の大学の同級生で「ドリームクレイジー」共同創業者。大学時代からプログラミングが得意で、会社ではエンジニアを担当する。創業者3人の中では、ビジネスでの野心はあまりない方で、熱くなりがちな浅井とはぶつかることも。
  • 浅井祐樹(前田旺志郎)
    璃子の大学の同級生で「ドリームクレイジー」共同創業者。創業者3人の中では、やる気や情熱が一番ある、熱量の高い行動派。営業からいろいろな仕切りまで行う、切り込み隊長的な存在。
  • 中野京子(藤井夏恋)
    スタートアップ支援プロジェクト「ドッグラン」に参加するスタートアップ会社「Perfect Beans」の社長。自分自身に“正義”と“正解”があり、周りには流されないタイプ。学生ノリそのままに、凡庸なサービスを開発している璃子たちとは正反対の存在。
  • 雉村仁(森下能幸)
    「ドッグラン」代表の犬塚の秘書。秘書であると同時に、話が感覚的でよく伝わらない犬塚の発言を後から分かりやすく翻訳してくれる存在でもある。優しく温厚な性格で、切磋琢磨する若者の成長を楽しみにしている。
  • 犬塚輝(マギー)
    「ドッグラン」を運営する代表。“ビジネスの成功者”として、若者たちに少し上から目線でアドバイスをするが、根っこでは切磋琢磨している若者たちの成長を願っている。発言はダイナミックで感覚的。
  • 矢島一(田中要次)
    「矢島模型店」の店主で通称・やっさん。一見、堅物店主で言葉数は多くないが、「プラモデルをもっと楽しんでもらいたい」という思いを持ち、璃子のようなプラモデル初心者にも丁寧に教えてくれる。プラモデルへの愛があふれるあまり、熱く語り過ぎてしまうところがある。

出演者

与田祐希/望月歩/前田旺志郎/藤井夏恋/森下能幸/マギー/田中要次 ほか

スタッフ・音楽

原案・企画・プロデュース:畑中翔太/脚本:マンボウやしろ/脚本:畑中翔太/脚本:オコチャ/脚本:山元悠加/監督:三石直和/監督:ヤングポール/プロデューサー:漆間宏一/プロデューサー:寺原洋平/プロデューサー:涌田秀幸
オープニングテーマ:樋口楓「ぶっ飛んでラニカイ」/エンディングテーマ:LINKL PLANET「Part to Part」

概要

乃木坂46・与田祐希がプラモ女子を演じたドラマが“もう一つの世界”を舞台に復活!

2023年夏ドラマガイド/木ドラ24「量産型リコ -もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-」

乃木坂46の与田祐希が“プラモ女子”を演じた連続ドラマの続編となるホビー・ヒューマンドラマ。前作とは違う“もう一つの世界”が舞台の本作で、与田は前作と同姓同名の小向璃子(リコ)役を演じるも、イベント企画会社の社員から、スタートアップ企業の社長という役柄に。やっさん”こと矢島一役の田中要次を除き、主要キャストが同じ役名で前作と全く異なる役柄を演じる。ユニコーン企業を目指す中で、璃子は人生のオリジナリティーに葛藤。プラモデルとの出合いで大人へと組み立っていく。今作も「機動戦士ガンダム」シリーズのプラモデルで知られるBANDAI SPIRITS制作協力の下、実在のプラモデルが登場する。

記者会見情報

「木ドラ24「量産型リコ -もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-」」会見

テレビ東京系で放送する木ドラ24「量産型リコ -もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-」の制作発表記者会見が行われ、主演の乃木坂46・与田祐希と共演者らが登壇した。同作は、与田が“プラモ女子”を演じた連続ドラマの続編となるホビー・ヒューマンドラマで、前作のパラレルワールド的な世界が舞台。与田は「前作では割とど真ん中な量産型だったんですが、今作は、根っこは量産型なんだけれど社長になっているので、その間で頑張る姿が描かれています。私自身、もともとアイドルみたいな感じの人間ではなく、ひょんなことからアイドルになったので、そこはリコちゃんと通じるところがあるのかなと感じています」と、その違いとともに、自身とも重ねながら演じたことを明かした。そして、「プラモデルはもちろん、登場人物一人一人がすごく魅力的で、現実的に背中を押してくれる作品になっていると思います」と作品の魅力をアピールした。


リコちゃんと通じるところも。重ねられるところは重ねながら演じました(与田祐希/小向璃子)

「木ドラ24「量産型リコ -もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-」」会見:与田祐希/小向璃子

前作では、プラモデルと初めて出合い、その魅力を知ることができました。自分にとって思い出深い作品で、続編の決定を聞いた時はうれしかったです。リコちゃんはタイトルにある通り量産型で、前作では割とど真ん中な量産型だったんですが、今作は、根っこは量産型なんだけれど社長になっているので、その間で頑張る姿が描かれています。私自身、もともとアイドルみたいな感じの人間ではなく、ひょんなことからアイドルになったので、そこはリコちゃんと通じるところがあるのかなと感じています。なので、重ねられるところは重ねながら演じさせていただきました。オフィスシーンと矢島模型店のシーンが多かったんですけど、オフィスに休憩所があり、“人を駄目にするクッション”的なものが置かれているんですよ。そこで「ドリームクレイジー」のみんなで休憩中に寝ていました。矢島模型店でも畳だったので寝ていました(笑)。プラモデルはもちろんのこと、登場人物一人一人がすごく魅力的で、不完全な部分がたくさんあって完璧じゃないんですけど、そこからの成長や日常的なときめきが感じられるので、現実的に背中を押してくれる作品になっていると思います。


アドリブが使われていたり、3人だからこそできた掛け合いだなと思います(望月歩/高木真司)

「木ドラ24「量産型リコ -もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-」」会見:望月歩/高木真司

去年、前作を撮り終えた最終日ぐらいに、また集まれたらいいねと話していたのですが、こんなに早く集まれて、さらに今回「もう1人の」ということで。そうなると、この先さらに展開できるんじゃないかと、うれしく思っています。真司は、前作はネチネチした感じのキャラクターだったんですけど、今回はすごく柔らかくて、みんなの間に入るようなキャラクターをイメージしているので、そのあたりを楽しみにしてもらえればなと思います。作品全体としては、前作に出てきていたものがちょっと映っていたりするので、“隠れ「量産型リコ」”というものを探しながら見ていただけると、より楽しんでいただけると思います。すごく現場の雰囲気がいいので、シーン終わりの余白の時間に、3人(望月、与田、前田)でアドリブで遊んだりしていたんですけど、実はそれが使われていたということがあったのが印象的です。3人だからこそできた掛け合いだなと思います。


「小向」って呼んでいたのが、今回は関係性が変わり「リコ」になっています(前田旺志郎/浅井祐樹)

「木ドラ24「量産型リコ -もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-」」会見:前田旺志郎/浅井祐樹

僕も、こうやって再会できてすごくうれしかったです。続編の「2」というわけではなく「もう1人の」となる今作ですが、こうやってまた集まれるということは、それだけ前作が皆さまに愛されたという証拠でもあると思うので、あらためて前作はいい作品だったんだなと実感しています。前作の浅井くんは、嫌なヤツというか、意識の高さや熱さというものの発散の仕方にとげとげしい一面があったんですけど、熱いことは熱いんですけど、今回は本当に青春ど真ん中を生きているような、真っすぐな男になって帰ってきていると思います。あとは、リコのことを前作では「小向」って呼んでいたのが、今回は関係性が変わり、距離感も近づいたことで「リコ」になっているのが不思議な気分でしたね。アドリブシーンに関しては、3人の役と自分自身の境目がどんどんなくなっていったので、プライベートのようなおふざけというか、ワチャワチャ感が出たんじゃないかと思います。


前作とは違い、リコちゃんのライバルになっちゃいました(藤井夏恋/中野京子)

「木ドラ24「量産型リコ -もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-」」会見:藤井夏恋/中野京子

前作も心温まる作品だと感じていたので、皆さんとまた集まることができて、とてもうれしいです。でも私の役柄は、前作とは違いリコちゃんのライバルになっちゃって。本当は仲がいいのに(笑)。(自身の演じる)中野さんは、前作もとても姉御肌的な存在だったんですけど、今回はスタートアップ企業の社長ということで、よりしっかりとした女性像になっています。リコとの掛け合いの中にはシーズン1を匂わせるようなものもあるので、そのあたりも注目していただければと思います。あと、私はハルちゃんとのシーンが多いんですが、私の役柄が笑顔があまりないにもかかわらず、ハルちゃんが子犬のようにかわい過ぎて、ニコッとしてしまうことがありました。本当に楽しく撮影をすることができました。


与田さんと共演できて、シンデレラストーリーだねって言ってもらえました(石田悠佳/アオ)

「木ドラ24「量産型リコ -もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-」」会見:石田悠佳/アオ

与田さんと共演することができて、周りからも「シンデレラストーリーだね」って言ってもらえました。与田さんと一緒に写真も撮らせていただきました! めちゃくちゃかわいくて…すみません! 距離0なんですよ、最高です!


藤井さんは優しくてお姉ちゃんみたいでした(天川れみ/ハル)

「木ドラ24「量産型リコ -もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-」」会見:天川れみ/ハル

藤井さんと初めてお会いする前は、クールなイメージを抱いていたのですが、実際お会いしたら、すごくかわいい声で優しくしてくれて、そのギャップにキュンとしました。立ち方や歩き方はもちろんすごくかっこよかったんですけど、優しくてお姉ちゃんみたいでした。


今回、私だけが役柄が何も変わらないと言われたんです(田中要次/矢島一)

「木ドラ24「量産型リコ -もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-」」会見:田中要次/矢島一

ドラマが1シーズンで終わらないで、しかも翌年にやれるなんてうれしいですよね。うれしいんですけど、(演じる)やっさんはプラモデルの説明が多いので、還暦を迎える私としては、やれるのかなと不安もありました。20年前は「あるよ」の3文字しか言ってなかったんですよ?(笑)。今回、私だけが役柄が何も変わらないと言われたんです。でも今回はリコとの距離もさらに縮まって、「与田祐希と5cmぐらいしか離れてないぞ」みたいな。決してラブシーンではないので安心してください(笑)。あと、もちろん今は言えないんですけど、最終回のリコの何でもないさりげない一言が大好きで、Tシャツを作ってほしいとまで言ったぐらいです。どうか最後まで見てください。

この記事をシェアする


ドラマガイド(最新シーズン)Drama Guide Season

【2024年春】TVドラマガイド

2024年4月・5月・6月にスタートする春ドラマの出演者、主題歌、見どころ、会見情報を、深夜ドラマやBSで放送されるドラマも含め、曜日ごとに一覧でお届け。<br />連続テレビ小説「虎に翼」、石原さとみ×亀梨和也「Destiny」、山下智久主演「ブルーモーメント」、赤楚衛二×錦戸亮「Re:リベンジ-欲望の果てに-」、永瀬廉主演「東京タワー」、長谷川博己主演「アンチヒーロー」etc. 連続ドラマの情報をまとめてチェック!

2024年4月・5月・6月にスタートする春ドラマの出演者、主題歌、見どころ、会見情報を、深夜ドラマやBSで放送されるドラマも含め、曜日ごとに一覧でお届け。
連続テレビ小説「虎に翼」、石原さとみ×亀梨和也「Destiny」、山下智久主演「ブルーモーメント」、赤楚衛二×錦戸亮「Re:リベンジ-欲望の果てに-」、永瀬廉主演「東京タワー」、長谷川博己主演「アンチヒーロー」etc. 連続ドラマの情報をまとめてチェック!

【2024年冬】TVドラマガイド

吉高由里子×柄本佑でおくるNHK大河ドラマ「光る君へ」、山下智久×福原遥「正直不動産2」、櫻井翔主演「新空港占拠」、渡辺翔太主演「先生さようなら」、道枝駿佑主演「マルス-ゼロの革命-」、阿部サダヲ主演「不適切にもほどがある!」、永野芽郁×山田裕貴「君が心をくれたから」など、2024年の冬に放送がスタートする連続ドラマを大特集! あらすじ、出演者や記者会見リポートなどを随時更新します☆

吉高由里子×柄本佑でおくるNHK大河ドラマ「光る君へ」、山下智久×福原遥「正直不動産2」、櫻井翔主演「新空港占拠」、渡辺翔太主演「先生さようなら」、道枝駿佑主演「マルス-ゼロの革命-」、阿部サダヲ主演「不適切にもほどがある!」、永野芽郁×山田裕貴「君が心をくれたから」など、2024年の冬に放送がスタートする連続ドラマを大特集! あらすじ、出演者や記者会見リポートなどを随時更新します☆

Copyright © TV Guide. All rights reserved.