Drama Guide ドラマガイド

テッパチ!2022/08/12

番組情報

7月6日 スタート フジテレビ系 毎週水曜 午後10:00~午後10:54

あらすじ(第7話 8月17日放送)

普通科隊員として南関東駐屯地に配属された宙(町田啓太)と馬場(佐野勇斗)は、1尉に昇級した冬美(白石麻衣)と再会する。先輩自衛官たちの手荒い歓迎を受けながら新生活をスタートさせた宙と馬場は、災害派遣要請を受け現場へ出動することに。初めての避難誘導に戸惑っていると、オリンピック候補生・芝山(水沢林太郎)が避難してくる。

キャラクター紹介

  • 国生宙(町田啓太)
    陸上自衛隊の自衛官候補生。やんちゃで破天荒な性格。高校時代はラグビー部のエースとして活躍したが、独り善がりで強引なプレーが原因でけがを負い引退。仕事を首になり住む家も追い出され途方に暮れていた時に八女に声を掛けられ、生活のためにと中途半端な気持ちで自衛隊に入隊する。そこで仲間と出会い、さまざまな経験を経て人とのつながりの大切さに気付き、少しずつ成長していく。
  • 馬場良成(佐野勇斗)
    自衛官候補生で宙の仲間。学生時代は吹奏楽部でトランペットを担当していたが、大学卒業後は一般企業に就職。街中で自衛隊音楽隊が演奏しているのを目にしたことで、音楽に携わりたいという思いが再燃し、会社を辞めて自衛官候補生に。座学は優秀だが、優し過ぎる性格が欠点になることも。真逆の性格の宙と次第に絆を深め、互いに誰よりも頼れる存在になっていく。
  • 桜間冬美(白石麻衣)
    陸上自衛隊員。防衛大学校を卒業したエリート自衛官。教育隊に所属し、宙たち自衛官候補生の教官を務める。美人で優秀なため、陸上自衛隊員らのマドンナ的存在。
  • 八女純一(北村一輝)
    陸上自衛隊の教官で、教育隊中隊長。高卒で陸上自衛隊員となり、人一倍努力して階級を上げてきたたたき上げ。街でエネルギーを持て余している若者たちを見つけては声を掛けている。情に厚く、正義感が強い。熱意を持って後輩を育てる、愛情あふれる熱血漢。

出演者

町田啓太/佐野勇斗/白石麻衣/北村一輝 ほか

スタッフ・音楽

脚本:本田隆朗/脚本:関えり香/脚本:諸橋隼人/演出:石川淳一/演出:根本和政/企画・プロデュース:栗原美和子/プロデューサー:山崎淳子
主題歌:GENERATIONS from EXILE TRIBE「チカラノカギリ」

概要

町田啓太が“やけっパチ”な自衛官候補生を熱演! 陸上自衛隊が舞台の熱き青春ドラマ

2022年夏ドラマガイド/テッパチ!

陸上自衛隊を舞台に、“やけっパチ”な考えで入隊した青年たちが、自衛官にとって身を守る鉄帽=“テッパチ”をかぶるにふさわしい一人前の自衛官になるべく、悪戦苦闘しながら成長する姿を描く完全オリジナルの青春ドラマ。同系ドラマ初主演の町田啓太が、やんちゃで破天荒な自衛官候補生・国生宙を演じ、宙と絆を深める馬場良成役で佐野勇斗が共演する。陸上自衛隊員になるべく宙たちが厳しい訓練を受ける姿を描く第1部と、陸上自衛隊員として本隊へ配属後、実際の現場に出て任務を遂行していく第2部の2部制で構成。宙が憧れる教官に白石麻衣、愛情あふれる熱血教官に北村一輝が扮するほか、注目の若手俳優が多数出演する。

記者会見情報

「テッパチ!」会見

フジテレビ系連続ドラマ「テッパチ!」の取材会に、町田啓太、佐野勇斗、白石麻衣、北村一輝が出席した。同作は、陸上自衛隊を舞台に青年たちの成長と熱き思いを描いたオリジナルストーリー。防衛省の全面協力の下、車両やヘリコプターなども実際に陸上自衛隊で使われている本物の機材を使用して制作される。陸上自衛隊の自衛官候補生となり成長していく主人公を演じる町田は、「実際の駐屯地内で撮影しているので圧巻です。常にキョロキョロしてしまうし、自衛隊全面協力ということで映像が本物。それだけで見応えがあります」と同作の魅力をアピール。同じく自衛官候補生役の佐野も、「自衛隊の協力体制がすごくて、理想的な環境でやらせてもらっています」と報告した。一方、宙たち自衛官候補生の教官役を務める白石は「共演者の皆さんはストイックで撮影中も食事に気を付けているので、肉体美も見どころです」と語った。


やけっパチから“テッパチ”をかぶれるような一人前の自衛官を目指します(町田啓太/国生宙)

「テッパチ!」会見:町田啓太/国生宙

“やけっパチ”な青年ということですが、今まで挫折もありながら人と向き合うことを避けてきた人間です。そんな国生宙が、家族のような一体感を大事にする自衛隊という組織に行った時にどうなるか。そこで出会う人たちと関わっていく中で人と向き合うことを知っていき、やけっパチから“テッパチ”をかぶれるような一人前の自衛官を目指すので、そこの成長を意識して演じています。「自衛隊はどうですか?」という質問を聞かれることが多いですが、僕自身高校時代に寮生活を送っていて、先生方に元自衛官の方もいたので懐かしいなという感覚があり、楽しんで演じています。実際の駐屯地内で撮影しているので、圧巻です。常にキョロキョロしてしまうし、自衛隊全面協力ということで映像が本物。それだけで見応えがあります。つい先ほど、野太い声でハッピーバースデーを歌っていただきました(笑)。プレゼントで(鶏の)ささみをいただきました。ドラマも筋肉質なので、筋肉質な年を過ごすことになりそうです。


町田さんが人一番陰で努力している。自分もその背中を見て頑張らなければと思いました(佐野勇斗/馬場良成)

「テッパチ!」会見:佐野勇斗/馬場良成

馬場良成は真面目なキャラクターで、一種リーダーのような存在です。自衛官候補生になる前は会社の営業として働いていて、昔からやっていたトランペット吹きになりたいという夢を諦め切れずにいたところ、自衛隊の音楽隊に出会って自衛隊に入ります。役作りとしては筋トレや増量プラス、トランペットの練習もしなければならず、そこが大変です。当初は自衛隊のイメージってもっと厳しくお堅いのかなと思ったけれど、実際は気さくというかドラマに対する協力体制もすごくて、理想的な環境でやらせてもらっています。町田さんについては、活躍されているスターは座長として周りの方を輝かせる方がスターになるんだと実感します。自分のことでいっぱいいっぱいになっちゃう中で気に掛けてくれていたりして、頼りにしています。町田さんが人一番陰で努力しているのが伝わるので、自分もその背中を見て頑張らなければと思いました。この作品をよりよくしたいと思うのは、主演の町田さんがいるからこそです。


共演者の皆さんはストイック。肉体美も見どころです(白石麻衣/桜間冬美)

「テッパチ!」会見:白石麻衣/桜間冬美

桜間冬美は教官という立ち位置ですが、クールそうに見えるけれど強がりだったり、素直になれない部分もあって、その中で訓練生の教官になり、いろんな感情が芽生えたり、愛情も交えた訓練だったりと、いろいろな表情が見えてきます。女性自衛官は自分が思っている以上にカッコいいです。駐屯地では女性自衛官もお見かけしたので、そういうカッコいいところもドラマを通じて見てもらえたらうれしいです。共演者の皆さんはストイックで、撮影中も食事に気を付けていらっしゃるのを見ているのですごいと思います。肉体美も見どころです。


群像劇でもあるので、皆さんにいいトスを渡せるよう意識をしています(北村一輝/八女純一)

「テッパチ!」会見:北村一輝/八女純一

役作りについては、一生懸命に刈り上げをしました。そこは勇気がいりましたが、結構すぐに伸びるので、最悪、家でも自分で刈るという…。それだけドラマに向かって頑張っています。群像劇でもあり、自分がどうするというよりも全体でどう見せていくかが大事になるので、皆さんにいいトスを渡せるよう意識をしています。被災地とかで自衛隊が活躍をしている姿を見ることがありますが、それを当たり前にするためにどれだけ彼らが練習しているか。皆さん誇りを持って仕事をしているという、人としての志の部分に影響を受けたので、その部分をドラマに生かしたいと思いました。

この記事をシェアする


   
Copyright © TV Guide. All rights reserved.