Drama Guide ドラマガイド

真夜中ドラマ「ホメられたい僕の妄想ごはん」2021/09/21

番組情報

7月10日 スタート BSテレ東 毎週土曜 深夜0:00~深夜0:30

キャラクター紹介

  • 和田理生(高杉真宙)
    電機メーカーの子会社で働くサラリーマン。週末はバンドのベーシストとして活動している。女性にモテず、彼女いない歴は3000日。こだわりの食材でおいしいご飯を作るのが日課で、妄想の中の理想の彼女に食事を振る舞い会話する。

出演者

高杉真宙 ほか

スタッフ・音楽

原案:休日課長「ホメられるとまた作りたくなる! 妄想ごはん」(マガジンハウス)/脚本:あべ美佳/脚本:宮本武史/脚本:岸本鮎佳/脚本:古川豪/脚本:我人祥太/監督:針生悠伺/監督:佐藤竜憲/監督:古川豪/監督:かとうみさと/プロデューサー:金岡英司
主題歌:DADARAY「Ordinary days」/エンディングテーマ:add「舌鼓」

概要

高杉真宙が妄想の中の彼女にご飯を振る舞う、グルメ×音楽×恋愛コメディードラマ

2021年夏ドラマガイド「ホメられたい僕の妄想ごはん」

ゲスの極み乙女。のベーシスト・休日課長による話題のレシピ本を原案に、妄想の世界に登場する理想の彼女にご飯を振る舞うモテない男の奮闘を描く、“グルメ×音楽×恋愛コメディー”がテーマの連続ドラマ。休日課長役で高杉真宙が主演を務め、週末にバンド活動するモテないサラリーマンに扮する。ミュージックビデオ界で活躍する新進クリエーターによるMV風の調理シーンや、川谷絵音プロデュースのDADARAYが主題歌を書き下ろすなど見どころがめじろ押し。さらに、妄想シーンに出てくる彼女役として個性豊かな女優陣が続々登場する。

記者会見情報

「真夜中ドラマ「ホメられたい僕の妄想ごはん」」会見

テレビ大阪・BSテレ東で放送の真夜中ドラマ「ホメられたい僕の妄想ごはん」の制作会見に、主演の高杉真宙と、ゲスの極み乙女。のベーシスト・休日課長が出席した。同作は休日課長のレシピ本を原案にした連続ドラマで、高杉が妄想の世界に登場する美女たちにご飯を振る舞うモテない男を演じる。これまで自炊経験があまりなかった高杉は、撮影前に1カ月半ほど先生について調理の練習をしたといい、帰宅後に撮影で食べられなかったメニューを作ってみることもあるそう。この発言には休日課長も「我流でやってきた僕より全然上手なんじゃないか。料理もできるし、楽器演奏のシーンもできてる。ジェラシーを感じてます(笑)」と高杉の器用さに舌を巻いた。さらに「ドラマ化の奇跡に加え、主題歌も僕のやっているバンド・DADARAYのREISが作詞をして、えつこと川谷(絵音)くんがプロデュースしてくれて。僕の人生の中でも大きなターニングポイント」と喜びを語った。


いろんな要素がある役を、一つも手を抜かずにやっていきたい(高杉真宙/和田理生)

「真夜中ドラマ「ホメられたい僕の妄想ごはん」」会見:高杉真宙/和田理生

料理、ベース、そして妄想と、要素がたくさんある和田さんを演じるいうのはとても忙しいですが、新しい挑戦をしている感じが楽しいです。自分がこれまでやってきた役とはまた違うし、どこまでできるのか分からないですが、一つも手を抜かずにやっていきたい。自分と和田さんと似ているところを考えてみたら、基本的に自信がなさそうな感じでありながら、ある面では少し自信過剰な部分があって親近感を抱きました。それと、台本を読んでいて、何かをやるための原動力というのを深堀りしていくと“ホメられたい”だった、ということに気付いた時は衝撃でした。料理×音楽のミュージックビデオみたいなドラマになっています。自分も予想していなかったドラマになっているなという印象です。これまで見てきた作品と違って、音楽の入り方や料理シーンの空間、それを料理する編集の一つ一つがこの作品の良さだなぁと思っています。皆さんにも楽しんでいただけるんじゃないでしょうか。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.