Drama Guide ドラマガイド

お迎え渋谷くん2024/05/15

番組情報

4月2日 スタート フジテレビ系 毎週火曜 午後11:00~午後11:30

あらすじ(第8回 5月21日放送)

京都にいる渋谷(京本大我)から電話で「会いたい」と言われ、それに応えた愛花(田辺桃子)。だが直後、SNS上に渋谷と千夏(玉井詩織)の親密な写真がアップされ、好意は勘違いだったと思い込んでしまう。一方、神田(内藤秀一郎)から写真を見せられたものの、芝居の練習なので気にも留めない渋谷だが、品川(長谷川京子)に愛花を傷つける可能性を指摘され、がくぜんとする。

キャラクター紹介

  • 渋谷大海(京本大我
    恋愛経験ゼロのイケメン俳優。爽やかな笑顔で世の女性たちをとりこにしているが、恋愛経験はゼロで、普段はジャージ姿で雪駄を履いている。4歳の妹・音夢がすり傷をつくって帰ってきたのをきっかけに、親に任せておけないと朝ドラのオファーを断って保育園の送り迎えをするように。そこで出会った担任保育士・愛花に、知らず知らずのうちにひかれていく。
  • 青田愛花(田辺桃子
    保育士として働く、ごく普通の女子。子どもが好きで頑張り屋だが、優しくて気を使い過ぎる性格から、人よりも多くの仕事を引き受けてしまい彼氏をつくっている暇もない日々。ある日、音夢の迎えにやって来た渋谷と出会う。過保護な渋谷の様子を見て、大クレーマーになるかもしれないと心配するが…。
  • 神田隆平(内藤秀一郎
    渋谷と同じ事務所に所属する先輩俳優。どんな役も完璧にこなして引く手あまたの渋谷を、ライバル視している。
  • 大崎達也(宮近海斗
    愛花の元カレ。社交的で気さくな性格。愛花と大学時代に交際していたが、卒業後にある理由で破局。愛花とは別の園で、体育の先生として働く。
  • 品川響子(長谷川京子
    渋谷が所属する芸能事務所の敏腕マネジャー。渋谷を発掘した人物で、マネジャーでありながら、彼に恋の指南をしていく。

出演者

京本大我/田辺桃子/内藤秀一郎/宮近海斗/長谷川京子 ほか

スタッフ・音楽

原作:蜜野まこと「お迎え渋谷くん」(集英社マーガレットコミックス)/脚本:山岡潤平/監督:紙谷楓/監督:菊川誠/チーフプロデューサー:萩原崇/プロデューサー:三方祐人/プロデューサー:島本講太/プロデューサー:森安彩/プロデューサー:関本純一
主題歌:SixTONES「音色」

概要

京本大我&田辺桃子共演のイケメン俳優×保育士が織り成す“うぶキュン”ラブコメ

お迎え渋谷くん

蜜野まことの人気同名漫画を連続ドラマ化した“うぶキュン”ラブコメディー。恋をしたことがない若手売れっ子俳優が、年の離れた妹の保育園へのお迎えをきっかけに、ある保育士に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく。SixTONES・京本大我が主人公の渋谷大海に扮し、恋の相手となるヒロイン・青田愛花を田辺桃子が演じる。恋愛経験ゼロの渋谷は愛花に特別な思いを抱くものの、初めての感情に戸惑い、恋心を自覚し始めてからは挙動不審に。そんな渋谷の、ピュア故に思いも行動もから回る姿は、本作の見どころの一つ。“保育士×保護者”かつ“芸能人×一般人”という、結ばれるはずのない2人が紡ぐ恋の行方を描く。

記者会見情報

お迎え渋谷くん /会見

フジテレビ系の連続ドラマ「お迎え渋谷くん」の制作発表が行われ、主演の京本大我(SixTONES)と、共演の田辺桃子、内藤秀一郎、宮近海斗(Travis Japan)、長谷川京子が役衣装で出席した。同作は、恋愛経験のない俳優の渋谷大海(京本)が、年の離れた妹・音夢(諸林めい)の担任保育士・青田愛花(田辺)と、不器用ながらも恋を育んでいく“うぶキュン”ラブコメディー。一押しのキュンシーンを聞かれた京本は「渋谷くんが不器用なりに愛花先生に気持ちを伝えるところ」と答え、「愛花先生のすてきな表情とお芝居に助けられながら、精いっぱい思いを伝えました」と相手役の田辺に感謝。その田辺は「渋谷くんは普段無表情で何を考えているか分からないので、感情が表に出てしまった時はいつもキュンとします」と明かした。その後、2人が出会うきっかけとなった音夢役の諸林がサプライズで登場し、京本の脚に抱き付く姿に、キャスト、取材陣ともに癒やされた。


喜怒哀楽が出ない渋谷くんが、愛花先生と出会って“キュン”を覚えてからは変わります(京本大我/渋谷大海)

「お迎え渋谷くん 」会見:京本大我/渋谷大海

渋谷くんは、自分でプランニングしたものよりもっと“無”の状態というか、表に伝わりづらい抑揚のなさや、セリフの言い回しが必要で、最初の方は本当に手こずりました。段々と渋谷くんのニュートラルな場所がここらへんなのかな、というのが見つかりつつあるのですが、話が進むにつれて渋谷くんがどんどん変化していくので、つかみかけたらまた渋谷くんが違うところにいかなきゃいけないみたいな…。日々、違う渋谷くんを見つけながら、新鮮な気持ちで撮影に取り組めています。喜怒哀楽が全く出ない渋谷くんが、愛花先生と出会って“キュン”を覚えてからは、ちょっと変な感じになってくるんですよね。第2話では最初とは全く違う渋谷くんが見られるし、第3話以降も、感情がなかなか出ないながらも、ちょっとした表情の変化だったり、言葉に感情が乗り始めたり、不器用だけどしっかり心が動いているんだなという、いろいろな渋谷くんを感じられると思います。テンポ感も素晴らしく、心温まるシーンや笑えるシーン、キュンとするシーンも盛りだくさんですので、お仕事だったり、お疲れの中で家に帰ってきて見た時には、絶対癒やしの時間になると思います。


いろいろな表情や声色は変顔大会みたい。どの登場人物を見ても楽しめると思います(田辺桃子/青田愛花)

「お迎え渋谷くん 」会見:田辺桃子/青田愛花

愛花は、結構表情が豊かでコミカルな演技が多いです。急にお姫さまみたいな顔になったり、「小鳥ですか?」みたいな目になったり…。そこから派生して、いろいろな表情や感情になっていくので、すごくいとおしいなと思います。それは渋谷くんもそうだし、ほかのキャラクターも感情の振り幅が大きい。一つのキャラクターから出てくるいろいろな表情や声色は、どの登場人物を見ても楽しんでもらえると思いますし、変顔大会みたいな感じで、誰が想像の上を行くか、みたいな部分もあります(笑)。保育士役は初めてなので、撮影現場に入った時やリハーサルが終わった時は、子どもたちとあいさつを一通りします。そこに身を置くことが自分にとって大事なので、みんなと話すことで自然とクラスの子たちが「愛花先生!」と呼んでくれたりして。その関係性が、自然な空気感として作品にも出たらいいなと思って、しょっちゅう子どもたちと遊んでいます。渋谷くんは、普段は無表情で何を考えているか分からないので、時として感情が表に出てしまった時はいつもキュンとします。感情を出さない渋谷くんがそこで動揺して感情的になるので、楽しみに見てもらいたいです。


大我くんから「秀」と呼んでもらって毎回キュンとしています(内藤秀一郎/神田隆平)

「お迎え渋谷くん 」会見:内藤秀一郎/神田隆平

僕が演じる神田隆平は、大海と同じ事務所の先輩なのですが、大海と愛花先生の恋愛を邪魔をしてしまう役どころ。今後、この物語を一番引っかき回すのは神田なんじゃないかな(笑)。徐々に、神田のかなり複雑な感情も垣間見えてきます。愛花先生と大海を邪魔するだけの人間には見えてほしくないので、最初はそこを意識しながら演じていました。神田のその部分を忘れずに役づくりをしなきゃいけなかったので、ちょっと難しかったです。長谷川さんはお美しくて最初ビビっていました。何の話をすればいいんだろうと考えて、美容のことを1聞いたら10くらい返してくれてから好きになりました(笑)。京本さんとも初共演ですが、2回目からは「大我くん」と呼ばせてもらって、僕は「秀」と呼んでもらっています。あまり「秀」と呼ばれることがないので、毎回キュンとしています。大我くんは言葉選びが本当にうまくて、この間も僕が適当なものを買って「こんなもの買っちゃったんですけど…」とふざけて報告したら、本当はちょっとツッコんでほしかったのですが、大我くんは「秀って買い物上手なんだね」って。「あれっ、あれあれ? 僕キュンとしている!」となりました(笑)。


京本大我が経験した、いろいろなキュンの部分を投影した渋谷くんを見るのが楽しみです(宮近海斗/大崎達也)

「お迎え渋谷くん 」会見:宮近海斗/大崎達也

大崎達也、通称・タッチャンを演じます。保育園の体操の先生役ということで、こういった格好をさせていただいています。クランクインは体育のシーンだったのでボールを持っていたら、みんなボールに寄ってきて、ボールが転がってたらそっちに行っちゃって…。子どもたちと仲良くなる鍵はボールかなと思っています。愛花先生の元カレという設定なので、渋谷くんと愛花先生の恋仲にどう作用していくのか、そこが見どころになるんじゃないかと思っています。本当の京本さんと、渋谷くんとのギャップはすごく感じています。役に入っているのを見ると、京本さんの面影は全く感じないと言いますか、全く違う人になっているので、渋谷くんとして見られるのがさすがだなと思います。京本さんとは恋愛観とか深いところの話はあまりせず、カジュアルなふざけた話しかしないので、京本大我が経験した、いろいろなキュンの部分を投影した渋谷くんを見られるんだなと思うと、楽しみでもあります(笑)。兄の息子、おいっ子が生まれたので会ったんですけど、本当にちっちゃくて、生命ってすごいなと感じて、ふとした表情や寝ている姿にキュンキュンしていました。


渋谷くんに恋の指南をして強制的に恋をさせるマネジャー役です(長谷川京子/品川響子)

「お迎え渋谷くん 」会見:長谷川京子/品川響子

品川響子役で出演します。漢字は違うのですが私も京子なので、現場で「きょうこさん」と呼ばれると自分だって分かるぐらい楽です。響子は、渋谷くんと神田くんのマネジャーであるにもかかわらず、渋谷くんに恋の指南をして強制的に恋をさせるという、普通のマネジャーさんでは考えられないような女性。セリフ量が非常に多くて、アップテンポで言わなきゃいけないシーンもあるのですが、毎回楽しいです。渋谷くんに対してはすごくおせっかいで、仕事以外のことでも手をかけるのですが、神田くんのことは放置。神田くんが焼きもちを焼いちゃう理由はここじゃないかなと思っています。衣装合わせの時に監督と打ち合わせをして、衣装とメークは派手めだけど、お芝居はナチュラルですよねと、話し合いをしたつもりだったんです。だけど、現場に行ったら(芝居が)足りないと言われてしまい…。自分のプランニングになかったのでどうしようと思って、できる限りテンションを上げてやりました。確かにそれぐらいじゃないと、渋谷くんの表情や気持ちの動きが出ないので、バランス的にはそれぐらい必要だったんだろうなと。今は楽しく、逆にミュージカルのようにやらせてもらっています。

この記事をシェアする


ドラマガイド(最新シーズン)Drama Guide Season

【2024年春】TVドラマガイド

2024年4月・5月・6月にスタートする春ドラマの出演者、主題歌、見どころ、会見情報を、深夜ドラマやBSで放送されるドラマも含め、曜日ごとに一覧でお届け。<br />
連続テレビ小説「虎に翼」、石原さとみ×亀梨和也「Destiny」、山下智久主演「ブルーモーメント」、赤楚衛二×錦戸亮「Re:リベンジ-欲望の果てに-」、永瀬廉主演「東京タワー」、長谷川博己主演「アンチヒーロー」etc. 連続ドラマの情報をまとめてチェック!

2024年4月・5月・6月にスタートする春ドラマの出演者、主題歌、見どころ、会見情報を、深夜ドラマやBSで放送されるドラマも含め、曜日ごとに一覧でお届け。
連続テレビ小説「虎に翼」、石原さとみ×亀梨和也「Destiny」、山下智久主演「ブルーモーメント」、赤楚衛二×錦戸亮「Re:リベンジ-欲望の果てに-」、永瀬廉主演「東京タワー」、長谷川博己主演「アンチヒーロー」etc. 連続ドラマの情報をまとめてチェック!

【2024年冬】TVドラマガイド

吉高由里子×柄本佑でおくるNHK大河ドラマ「光る君へ」、山下智久×福原遥「正直不動産2」、櫻井翔主演「新空港占拠」、渡辺翔太主演「先生さようなら」、道枝駿佑主演「マルス-ゼロの革命-」、阿部サダヲ主演「不適切にもほどがある!」、永野芽郁×山田裕貴「君が心をくれたから」など、2024年の冬に放送がスタートする連続ドラマを大特集! あらすじ、出演者や記者会見リポートなどを随時更新します☆

吉高由里子×柄本佑でおくるNHK大河ドラマ「光る君へ」、山下智久×福原遥「正直不動産2」、櫻井翔主演「新空港占拠」、渡辺翔太主演「先生さようなら」、道枝駿佑主演「マルス-ゼロの革命-」、阿部サダヲ主演「不適切にもほどがある!」、永野芽郁×山田裕貴「君が心をくれたから」など、2024年の冬に放送がスタートする連続ドラマを大特集! あらすじ、出演者や記者会見リポートなどを随時更新します☆

Copyright © TV Guide. All rights reserved.