Drama Guide ドラマガイド

ナイト・ドクター2021/06/07

番組情報

6月21日 スタート フジテレビ系 毎週月曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:24)

あらすじ

※最新のあらすじは夏ドラマガイドで更新しています。 

キャラクター紹介

  • 朝倉美月(波瑠)
    柏桜会あさひ海浜病院でナイト・ドクターとして働く医師。夜間勤務専門の救急医を募集していると知り、自分の信念を実現できると思い応募した。負けず嫌いで行動力があり、歯に衣着せぬ性格のために周囲を戸惑わせることもあるが、他人の心に寄り添うことができる優しい一面も。向上心が高く、救命に対して誰よりも熱い思いを持っている。しかしその分、冷静さに欠けたり感情的になることがある。
  • 成瀬暁人(田中圭)
    美月の同僚医師。美月が救急にいた時の先輩医師で、ナイト・ドクターの結成により美月と再会。上から目線で口が悪く、クールでドライな現実主義者。自分にも他人にも厳しいストイックな性格で、医療現場で唯一必要なことは確固たる技術だと信じている。かつては美月のように患者思いの一面があったが、ある出来事がきっかけで患者と距離を置くようになった。
  • 深澤新(岸優太)
    美月の同僚医師。両親を早くに亡くし、病気がちの妹の面倒を見ている。研修医あがりの元内科医で、「救急医は絶対にやりたくない」と思っていたが、あさひ海浜病院の八雲院長からナイト・ドクターとして働くことを持ち掛けられ、妹が世話になっていることもあり引き受けた。技術もやる気も自信もなかったが、美月たちの姿勢に次第に感化されていく。
  • 桜庭瞬(北村匠海)
    美月の同僚で、研修医あがりの医師。明るく人懐っこい性格で、くせ者ぞろいのナイト・ドクターの中でいつも元気にふるまうムードメーカー。さまざまな科を転々とする研修医だったため、初めての救急の現場で右往左往している。救急医になることが夢だったが、これまで救急の現場に立たなかったのには理由がある。
  • 高岡幸保(岡崎紗絵)
    美月の同僚医師。高飛車だが、頭の回転が速く一目置かれる存在。プライベートにも一切手を抜かず、どんなに忙しくても見た目に気を使い、女子力を保つための努力を怠らない。高学歴・高収入・イケメンの3拍子そろったレストラン経営者と交際中。世もうらやむ恵まれた女性に見えるが、実は心に葛藤を抱えている。
  • 本郷亨(沢村一樹)
    美月らの指導医。ニューヨークで夜間勤務専門の救急医をしていたが、八雲院長から半ば強引に日本へと呼び戻され、日本初の「ナイト・ドクター」を育成することに。並外れた技術を持つ一方、偏屈で毒舌。部下に慕われようとする気は一切なく、美月たちを厳しく指導する。

出演者

波瑠/田中圭/岸優太/北村匠海/岡崎紗絵/沢村一樹 ほか

スタッフ・音楽

脚本:大北はるか/演出:関野宗紀/演出:澤田鎌作/プロデューサー:野田悠介

概要

波瑠が田中圭、岸優太、北村匠海、岡崎紗絵と共に夜の病院で戦う救急医に!

夜間救急専門のチームとなるナイト・ドクターの結成のために集められた年齢も性格も価値観も異なる医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら、唯一無二の絆を紡いでいく青春群像医療ドラマ。月9初出演にして初主演を務める波瑠が主人公・朝倉美月を演じ、田中圭、岸優太(King & Prince)、北村匠海、岡崎紗絵が美月の同僚医師に、沢村一樹が彼らの指導医に扮する。「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」「グッド・ドクター」(ともに同系)の大北はるかが脚本を手掛け、深刻な人手不足が叫ばれる日本の救急医療にスポットを当てた完全オリジナルの物語が展開する。

記者会見情報

「ナイト・ドクター」会見

フジテレビ系の連続ドラマ「ナイト・ドクター」のリモート会見に、主演の波瑠と共演の岸優太、岡崎紗絵、沢村一樹が出席した。同作は、夜間救急専門の“ナイト・ドクター”結成のために集められた年齢も性格も価値観も異なる医師たちが唯一無二の絆を紡いでいく青春群像医療ドラマで、主人公の朝倉美月(波瑠)が、救急医の成瀬暁人(田中圭)、深澤新(岸)、桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎)と共に、指導医・本郷亨(沢村)の下で奮闘する姿を描く。月9初主演の波瑠が「医療ドラマの経験がなくて、リハーサルで一から勉強した」と明かすと、沢村が「医師役をやったことがないというのはうそだろと思うくらい、撮影では役柄に入り込んでいた」と太鼓判。また、撮影現場を盛り上げている田中の不在について、波瑠から「岸さんが寂しそう」と水を向けられた岸が、「めちゃくちゃ寂しい」と残念がる一幕もあった。


命を守る仕事をしている一人一人の人間を映し出せたらいいなと思います(波瑠/朝倉美月)

「ナイト・ドクター」波瑠

医療ドラマも医師役の経験もなくて、リハーサルで一から勉強しました。覚えなければいけないものが多く、圧倒されて苦労しましたが、実際のお医者さまが現場にいたので、いろいろと質問させてもらいどうにかやらせてもらっている形です。夜の病院は、緊急性の高い患者さんが多かったりして不安になる場所でもあるけれど、命を守る仕事をしている一人一人の人間を映し出せたらいいなと思います。リラックスできる撮影現場で、周りの役者さんが頼もしくて甘えられるのがいいです。優しさに包まれています。岸くんが、田中圭さんがいなくて今日は寂しいのではないかと思います。田中さんは芸能のお仕事をしている方には珍しく普通の感覚を持っている方で、地に足がついていて、面白いことも大好きで周りを見ている方。田中さんが現場にいるのといないのとでは、空気が違います。岸くんをいじるのも、相手を見てやっている。見極める力を持っている方だと思います。北村匠海さんは不思議な落ち着きを持っている方で、一番若いのに堂々としていてミステリアスな方です。


今日は圭さんがいないのがめちゃくちゃ寂しいです(岸優太/深澤新)

「ナイト・ドクター」岸優太

撮影では皆さんが僕をいじってくれて、特に田中圭さんがいじってくれるので感謝しかないです。圭さんと僕の絡みで現場が盛り上がったりするので、温かい現場です。圭さんからはカンチョーをされ過ぎて頭がおかしくなりそうなくらい(笑)。人生で一番カンチョーをされました。一度なんてもんじゃありません。両手で収まり切らないくらいされています。何だかんだイジリがあって気分を上げてもらっているところもあるので、今日は圭さんがいないのがめちゃくちゃ寂しいです。北村匠海さんは、自分よりも年下だけれど中身は大人。人生相談をしています。優しく受け答えしてくれるので、甘えて質問とかしてしまう。お芝居の面でもプライベートの面でもご相談しています。これまでいろんなことを成し遂げてきた方なので、意見を聞いて自分も参考にして、スポンジのように吸収しています。


周りを見ながら、慣れない所作をしながら演じるので大変でした(岡崎紗絵/高岡幸保)

「ナイト・ドクター」岡崎紗絵

高岡幸保はできる人ということがベースにあり、テキパキとできるような女性でありたかったので、同時に患者さんを受け入れる時に、周りを見ながら、慣れない所作をしながら演じるので大変でした。田中さんと岸さんのやりとりは近くで見ることがありますが、突然くすぐられたりして、楽しんでいる2人を見て周囲が優しい空気になる。そんな楽しい現場です。


波瑠さんは、泣き言を一度も言わないし座長として板についています(沢村一樹/本郷亨)

「ナイト・ドクター」沢村一樹

波瑠さんは、医師役をやったことがないというのはうそだろと思うくらい撮影では役柄に入り込んでいました。座長としてリラックスしていて、スケジュールも大変なのに泣き言を一度も言わないし、座長として板についている。そんな姿を見て僕らもリラックスができています。田中圭くんは頭の回転が速いし、ユーモアもある。北村匠海くんは若いのにしっかりしている。匠海くんと岸くんが並ぶと面白い。個性の強い岸くんが現場を盛り上げてくれています。また、田中圭くんと岸くんも2人並ぶと面白いです。僕はカンチョーする大人とカンチョーされる大人を初めて見ました(笑)。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.