Drama Guide ドラマガイド

竜の道 二つの顔の復讐者2020/03/11

番組情報

7月28日 スタート フジテレビ系 毎週火曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:48)

キャラクター紹介

  • 矢端(吉江)竜一/斉藤一成(玉木宏)
    双子の兄。生後間もなく親に捨てられたが、福岡で小さな運送会社を営む吉江家に、弟・竜二と共に引き取られた。15歳の時、霧島の悪質な乗っ取りによって多額の借金を抱え、会社が倒産した養父母は自殺。養父母を死に追い込んだ霧島への復讐を、竜二と誓い合う。22歳の時に、焼死に見せかけて他人の戸籍を奪い、整形手術によって顔を替え「斉藤一成」の名前で裏社会の人間として成り上がっていく。
  • 矢端竜二(高橋一生)
    双子の弟。両親を死に追いやった霧島への復讐を兄の竜一と誓い合う。焼死したことになっている竜一の秘密を1人で抱えながら、血のつながらない妹の美佐を家族として支え続けている。霧島の運送会社を監督する国土交通省の官僚を志し、復讐のための権力を得ようとする。また、自身の過去に気付かれないために、入省前に「吉江」の籍から外れ、生まれた時の「矢端」の姓に戻す。
  • 吉江美佐(松本穂香)
    竜一と竜二が10歳の時に吉江家に誕生した妹。両親が自殺した時は5歳だったため、当時の記憶はあまりない。両親の死後、竜一、竜二と血のつながりがないことを知るが、仲の良い3兄妹として、ささやかながら幸せな日々を送る。12歳の時、竜一が火災によって焼死。再び家族を失った悲しみを抱きつつも、官僚となった竜二のサポートを受けながら成長し、長野県で小学校教師の道に進む。
  • 霧島源平(遠藤憲一)
    広島の小さな運送会社「キリシマ急便」を一代で全国規模の大企業へと育て上げた、らつ腕社長。弱肉強食を地でいくその悪質な手法によって、吉江夫妻をはじめ多くの被害者を生んでいる。会社の拡大と共に、政財界や裏社会とのつながりを強めていき、復讐をたくらむ竜一と竜二にとって巨大な壁となっていく。

出演者

玉木宏/高橋一生/松本穂香/遠藤憲一 ほか

スタッフ・音楽

原作:白川道「竜の道」(幻冬舎文庫)/脚本:篠崎絵里子/演出:城宝秀則/演出:岩田和行/演出:紙谷楓/プロデューサー:米田孝/プロデューサー:水野綾子
主題歌:SEKAI NO OWARI「umbrella」/オープニング曲:ビッケブランカ「ミラージュ」

概要

玉木宏と高橋一生が双子の兄弟に。秘密を抱えた2人が復讐を誓う

2015年に急逝した作家・白川道の未完の同名小説を原作に、養父母を死に追いやった運送会社社長への復讐を誓った双子の物語。ドラマ版では、オリジナルの展開とともに、波乱に満ちた2人の復讐劇を結末まで描いていく。復讐のために心を捨て、顔も名前も変え、裏社会に身を投じた主人公・竜一を玉木宏、その竜一の双子の弟で運送会社を監督する国土交通省のエリート官僚・矢端竜二を、玉木と初共演の高橋一生が演じる。2人の血のつながらない妹・吉江美佐を松本穂香、2人のターゲットである冷酷な会社社長・霧島源平を遠藤憲一が演じる。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.