Series 連載

江口拓也◆「数年前にやった舞台を思い出し、声の張り方を意識しながら演じました」2020/06/17

――距離感を表現するのは難しいですよね。

「そうですね。あと、本作ならではの話ですが、キャラクターが劇中でお芝居をする点も難しかったですね。少しでもバランスを間違えると、天馬らしさが消えてしまったりもして…。それから、天馬は銀幕スターを両親に持つサラブレッドで、優れた才能の持ち主なので演技力で圧倒しなければいけないシーンもありました。7話の『おはよう』を喜怒哀楽で表現するという入団オーディションはまさにそう。テストでかなり分かりやすく喜怒哀楽に差をつけたところ、天馬ではない違う人の声に聞こえてしまって、“天馬の振り幅の中で演じるには…”と悩みました。ただ、アニメで演技をしているのは声優だけではないんです。アニメーターさんが描く画も、表情やしぐさで演技をしているので…」

――今まで以上に、画に頼ることも必要になるんですね。

「そうですね。ほかを圧倒する存在感や雰囲気って、大半は画に表れるので、僕1人ではできません。そして、画をさらに生きたものにできるのが僕の声。どのくらいのあんばいで演じるのがいいか、毎回細かく考えながら臨んでいました」

――ここまでの話を聞くと、お芝居の力を試された現場だったんですね。

「そうですね。それが難しくもあり、楽しくもあります!」

――合宿を終え、仲を深めた夏組。紆余曲折ありましたが、ついに6月22日が最終回。旗揚げ公演の幕が上がる直前まで来ました。

「天馬たちは舞台に立って芝居をするので、僕も数年前にやった舞台を思い出し、“この劇場なら、これくらいの声を出せば聞こえるだろう”と、声の張り方を意識しながら演じました。中には、映像ならではの演出手法により声を押さえているシーンもありますが、すべての要素が組み合わさることで臨場感あるシーンになっていると思います。音響監督とじっくりすり合わせながら演技に挑んだので、ぜひ楽しみにしてもらいたいです」

――天馬を含め、夏組の団員たちの成長ぶりが楽しみです。

「天馬は、プライドが高く言い合うことも多かったですが、その分、ようやく心にあった厚い殻を破っていきます。素直になっていく天馬に注目してもらいたいですね。そして、ラストに向かうにつれ深まっている夏組の絆も見届けてください。『オレンジ・ハート』から感じられるような、すてきな仲間たちの姿に期待していただきたいです!」

【プロフィール】

江口拓也(えぐち たくや)
5月22日東京都生まれ。ふたご座。B型。アニメ「フルーツバスケット」(テレビ東京ほか)、「ULTRAMAN」「神之塔 -Tower of God-」(ともにTOKYO MXほか)などに出演中。「Re:ゼロから始める異世界生活」2nd season(TOKYO MXほか)が7月8日、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」(TBSほか)が7月9日から放送予定。

【番組情報】 

「『A3!』SEASON SPRING & SUMMER」
TOKYO MXほか 
月曜 深夜0:00~0:30(6月22日・最終回)

イケメン役者育成ゲーム「A3!」を原作とした、劇団「MANKAIカンパニー」の春組、夏組の団員らを描くアニメ。絆を深めている夏組の天馬(江口拓也)、幸(土岐隼一)、椋(山谷祥生)、三角(廣瀬大介)、一成(小澤廉)の5人は、旗揚げ公演を成功させることができるのか!?

【プレゼント】

サイン入り生写真を1名様にプレゼント!

応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/news/present/
(応募期間:2020年6月17日正午~6月24日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド」6月26日号(P98)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://honto.jp/cp/netstore/recent/tokyonews-book/01.html

取材・文/松本まゆげ 撮影/為広麻里 ヘア&メーク/寺田英美(e-mu)

ページ: 1 2

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.